人気ブログランキング |

タグ:Warren Haynes ( 4 ) タグの人気記事

stinky pinky

3月15日ぎりぎりに申告した人でも、そろそろ、税金の還付は行われているかと思います。

アメリカでは、年末調整がないので、基本的には普通の人は税額還付があるのが当然ですし、EITCのような負の所得税もあって、税額0の人に対して還付税額が出ることも珍しくないわけです。

ところが、還付がなかったもので・・・

Lawrence S. Pertillar は、社会批評性の強い詩を書いています。

      No Tax Refund Comes

Anguish.
Stress.
Emotional depression...
Kept suppressed.
Anxiety attacks.
Disrespect and daily tensions.

Well documented.

Keep that to yourself!
Even though costly,
And out of pocket expenses...
None of those items mentioned merit a tax refund.
Sorry,
No tax refund comes!
Let us know when you are done completing the forms.
Our security personnel have been instructed to frisk anyone,
Suspected of carrying more than a debit card and current ID.

Next in line! ?

いずれにしろ、洋の東西を問わず、申告書は審査、審理されるわけで Molaire Jules は、こんな詩を書いてます。

      Income Tax Refund Check

WARNING!

May cause Envy.

May cause Selfishness.

May cause Marital Mishaps.

''The Refund Check''

日本の年金番号のすりあわせでもそうですが、役所の側からすると不正還付は防ぎたいという当然の前提があるわけで。

余計な一言ですが、日本で税務調査というと、税務職員が納税者のところへやってきて帳簿等を検査するというのを想起しますが、アメリカにおける、いわゆるaudit の大多数は、机上調査です。
机上調査で、不明な点に関して納税者に対して郵便等で問い合わせ、回答を求めるというスタイルが基本です。だって、やってるのは基本的に年末調整なんですから。

逆に、大企業や中小企業、自営事業者に対しては、臨場しての調査ということになります。犯則調査以外は、当然のことですが、必ず事前に調査の通知、調査理由の開示がなされます。

Warren Haynes は、Allmans で食い扶持稼ぎながら、Gov't Mule なんてバンドやってるわけですが、Allen Woody がクスリで亡くなってから、ゲスト・ベーシストを呼んで何度もやってます。

以前も書いたかもしれませんが、彼は、私なんかより一回りほど若いのですが、私と同じようなものを聞いてきたのだということが、ライブ等でやっている曲を見ていると良くわかります。先人に対する敬意と自らの解釈を提示しています。見てくれとは正反対で、非常に真摯な姿勢に打たれます。

唯一、こりゃ駄目だわって思うのがFZの曲のカヴァーですね。

いわゆるジャム・バンドの系譜の対極にFZは、存在するのです。

昔、カラヤンなどという指揮者がいました。彼が指揮するベルリン・フィルあるいはウィーン・フィルの演奏ですが、いわく、端正、きれいだけど、魅力に欠けるなどというのが最近の一般的な評価なのでしょうか。

ライブの演奏は、大昔、初来日した際、NHKの白黒テレビで見た記憶があります。小学生でした。

カラヤンは、いわゆるクラシックの指揮者の中で最も早くレコーディング技術の革新に興味を持った人です。CDやビデオに演奏を残すことにも非常に積極的でした。

まあ、私も彼の演奏は、退屈だと感じますが、CDないしレコードを聞いての事なので。カラヤンは、交響曲の編集をいとわなかったのわけです。演奏自体の出来、スタイルに対する好みの問題とは別に、オーケストラが交響曲を録音して失敗した部分、気に入らない部分は録りなおしテープを切り貼りする事をいとわなかったわけです。

FZもライブ音源を元に全く同じことをやっています。ロックやポップのライブ盤にオーヴァー・ダブ屋編集を加えること自体はさして珍しいことではないのですね。The Eagles のライブでもギタリストは、3人のはずなのに5人分くらいのギターが聞こえてきますからね。

FZがやったのはそのようなレベルではなく、最初からきちんと譜面を起こし、それをライブでやり、かつ、良いところだけを取り出す、あるいは、全く違卯曲を重ねるといったことをやっていたわけです。

70年代後半のTerry Bozio 参加後のレコーディングは基本的にそうですね。ジャケットにもちゃんと断っています。

他方、YCDTOSAシリーズなぞは、基本的に編集、オーバー・ダブ無しです。

がんを宣告されてからの最後の数年は、それまで以上にワーカホリックに凄みが増して鬼気迫る仕事をやっています。

オーソドックスな古いロック・ファンでちょっとひねくれたのが好きな人は60年代のMothers 時代が一番、70年代前半は、フュージョン・ファン向き、70年代後半はプログレ・ハード・ロックにレゲエ、80年代は・・・・

私は、シンセサイザーの音が駄目で、特にシンドラが駄目で、70年代末くらいからネグってしまっていたのですね。シンクラヴィアなんて打ち込みそのものだし。

しかし、いろんな人がいるもので、70年代末から80年代にかけてが良くて、オリジナル・マザーズ時代はあまり評価していないなんて人もいるのですね。確かに、ミュージシャンのレベルが80年代のメンバーは、格段に良くなっていますから。
この80年代以後のFZの仕事をセルフ・パロディだと考えるかどうかというあたりが分岐点なのでしょうか。

私の場合は、それまで深く聞いてこなかった66年以前、つまり、Freak Out! が出る前のアメリカのポップ、ブルースを聞いてやっと最近Freak Out! の位置づけが解りかけてきました。
80年代のザッパの政治性に関しては、この10年来、日米の税財政に興味をもっている人間としては実に得心の行くところであると納得しました。演奏レベルと作曲、アレンジのレベルもシンセサイザーがどうこう言う以前で強力にパワー・アップしていたのですね。

まあ、別にFZなんか聞かなくてもどうってことないんです。普通のポップスを聞き流している人は関係ないでしょう。中小企業の親父の職人芸に耳を凝らしたくなったりしてはいけません。

ちなみに、ティッパー・ゴア女史あたりが青少年に有害な音楽撲滅って立ち上がったときFZは、強力に反発したわけですが、いわく、自分は、レコード会社のオーナーで音楽出版者も経営する作曲家、作詞家、編曲家、指揮者であるとともに、ツアー・プロモーター兼ツーリング・ミュージシャンで歌も歌う人間だから、当然の権利を行使するのだといっています。
ギタリストが抜けているわけですが、1980年代の半ば6年近くの間、シンクラヴィア中毒になったFZは、ギターを全く弾いていません。

Lawrence S. Pertillar をもう一つ。

      Dollar

I am a dollar
Once proud to be made.
Now I am squeezed like a pinched penny.
That seemed worth so much more...
In those days before greed,
Came to knock at the door!

My children Nickle and Dime,
Make no sense that can be used at all.
They like to debate how to get next to me...
But they don't know,
I can't stretch what is fading...
And I need them to assist 'me'
When the family of dollars get lean...
And my absences are now more seen!

I am a dollar
Once proud to be made.
Now I am squeezed like a pinched penny.
That seemed worth so much more...
In those days before greed,
Came to knock at the door!

And I use to laugh,
At the actions of those poor!
But not anymore.
Since I now knock,
On the doors of those...
Who once stood to stand,
At my door where belt tightening
Is known to be starting without a stop
To feed the fat of the tax man!
From the dwindling of my dollar crop!

彼は、税金嫌いです。税金が好きな人なんていないとは思いますけどね。
税務署職員だって、所得税と住民税を引かれているわけで。
by nk24mdwst | 2008-04-21 12:12 | Tax Poems

where am i?

3月が終わったような気がしているのですが、まだ敗戦処理が残っている。残務整理というべきでしょうか。
まあ、永遠に残務整理をやっているようなものですが。

Emily Dickinson の心の中か・・・

       AFRAID? Of whom am I afraid?

               14

AFRAID? Of whom am I afraid?
Not death; for who is he?
The porter of my father’s lodge
As much abasheth me.

Of life? ‘T were odd I fear a thing
That comprehendeth me
In one or more existences
At Deity’s decree.

Of resurrection? Is the east
Afraid to trust the morn
With her fastidious forehead?
As soon impeach my crown!

恐れを知らぬ人間なんていないはずですが、何を恐れるべきか。
真に恐れるべきは何かという問いについては、理性的に考えられるときとあらゆるものが恐くてたまらなくなるときがあるというのが私の経験です。

Separate your body from your mind. なんて歌声が聞こえてきました。Warren Haynes と Les Claypool が歌ってます。

Gary Snyder です。

       Kisiabaton

     Beat-up datsun idling in the road
     shreds of fog
     almost-vertical hillsides drop away
     huge stumps fading into mist
     soft warm rain

Snaggy, forked and spreading tops, a temperate cloud-forest tree

     Chamaecyparis formosiana--
     Taiwan hinoki,
     hung-kuai red cypress

That the tribal people call kisiabaton

     this rare old tree
     is what we came to see.

ダットサン、アメリカではダッツンって昔の日産のクルマ覚えていますが。

Are you hung up?
I'm hung up.
I'm thru.

I'm not comin' back here again.

Where shall I be?

     
by nk24mdwst | 2008-03-17 09:02 | Poetry

slow hand of the god

Monkees なんてリアル・タイムではハリウッドのテレビがBeatles の対抗馬にすべくでっち上げたバンドだと思って馬鹿にしてほとんど聞いてませんでした。単に馬鹿で生意気な田舎者だったわけで、その点は、今も変わっていないので。
Goffin&King Another Present Valley Sunday は好きな曲でしたね。ミュージック・ライフなんて雑誌が昔あって、そこでモンキーズに触れていて、Hal Blaine とかLeon Russell が関係しているって書いてあったような記憶があります。
昔は、何のことかさっぱりわかりませんでしたが、いまは一応ハリウッドのスタジオ・システムについても多少知識も出来ましたので。

最近、Pisces, Aquarius, Capricorn & Jones Ltd. とかHeadquarters の再発を入手してちゃんと聞きなおしてみると、立派な音楽だと感心します。大人がちゃんと真面目に作ってますからね。

セッション・プロのきちんとしたお仕事だと良くわかります。
バンドのメンバーは、オーディションで寄せ集め、されど、メンバーの個性も出ている。こういうことが、がきのときにはわからなかった。
ガキにわかっちゃ困ったでしょうし。

Byrds と同じ音がします。Peter Tork にオーディションを受けるよう勧めたのは友人で自分は落ちたのがSteve Stills ですが、Buuffalo Springfied も同じ音がしますね。
リオンはバーズについて、Roger McGuinn 以外は、ギターも碌に弾けないやつだって言ってますが、お説ごもっとも、であります。
Preflyte Sessions とか In The Beginnings を聞いていて、バンドの音がだんだんちゃんとしていくのが良くわかります。
十二弦ギターの絡みがだんだん良くなっていくのですね。リードの12弦ではなくてバックでリズムを刻んでいる複数のギターの味わいです。

Glenn Campbell のライブなんてのを持っていてMr. Tambourine Man をやっているのですが、強烈なエレキの12弦を聞かせてます。もろバーズであります。

1972年のClarence White のいるバーズの「ミスター・タンブリン・マン」です。この頃は、バーズは立派なロックバンドだったと思っていますけど。世間的には、ハリウッドの落ちこぼれ扱いでしたね。

Byrds、Buffallo Springfield それに Beach Boysの三つがウェスト・コースの3Bs。特に、深い意味はないです。
ライブでもレコードとおなじ音なのは、素晴らしい。テープだろうとナンであろうが元の曲が良いのは確かなので。


もっとも、バッファロー・スプリングフィールドは、ビーチ・ボーイズと一緒にライブをやっていることが多いようです。

スティルズが、Neil Young とバンドで演奏していたかどうかも定かではないドラマーがカナダ・ナンバーの車に乗っているのに偶然出くわしたなんて話、案外本当かもしれませんが、作り話っぽいですね。バッファロー・スプリングフィールドのボックス・セットを聞いていると、弾き語りでRicie Furay, ヤング、スティルズがデモをやっているやつ以外で連中がギターを弾いているのはどれくらいあるのかなと感じます。
フィード・バックが効いていてニール・ヤングだろうなとか、この左手の指使いはスティルズだろうなってのも数えるほどありますが。

基本的に、3Bsは、同じような人たちがやっていたと思えばすとんと落ちます。
Blue Bird でバンジョー弾いてるのは、Doug Dillard ですね。

晩年のダグですが、The Doug Dillard Band/ Doug's Tuneです。

The Birds ってバンドが60年代半ばにイギリスにありまして、Ronnie Wood がギターを弾いていました。Jeff Beck Group でベース、Faces, Stones でスライド・ギターを聞かせるあのロン・ウッドです。
The Action などと並んでいわゆるブリット・モッズのバンドであります。

頭のてっぺんから足先までモッズで決めていたので驚いたとIan McLagan が評したのがEric Clapton さんです。
60年代のブリティッシュ・ブルース・ブームの中の連中の曲をたくさん聞いたところでどこへたどり着くものでは、ありませんが、ナンバー・ワンがECでなかったことだけは確かです。

勢いに乗って書いちゃいますが、もう一人過大評価されているギタリストは、Robert Fripp だと思います。Andy Summers の後輩なんだからおとなしくしていろっていいたいところですが、King Crimson も全部持っていたりするので、馬鹿に言われる筋合いはないか。

でも、21世紀スキゾイド・バンドの演奏の方が、いまのKCよりずっと良いのですから。

ECとFZの関わり方、Frank Zappa のバンドとKing Crimson の両方に関わっているやつについていつか検討してみないとといいながら、ギタリストについて思うこと。

歌わない、あるいは歌えないギタリスト、あるいは、ギター、他の学期でもいいのですが、楽器を弾きながら歌わないシンガーというのは今ひとつ信用できないとわけのわからない偏見を述べておきます。特に歌えないギタリストというのは問題ありでしょう。
というわけで、ここで、フリップはアウトとなるわけです。

Warren Haynes と Derek Trucks のどっちがすきかというとウォーレン・へインズになるというのはその辺りに原因があるのか。

映像でギターを弾く様子を見て驚いたのは、ザッパのピックの持ち方、Richard Thompson が、フラット・ピックをもちながらフィンガリングするときに、右手の小指を使うこと。そしてウォーレン・へインズの右手と左手。
フラット・ピックとフィンガリングを織り交ぜて弾いてますが、早業でピックをでかい右手の手のひらにいれてしまうところ、フィンガリングも親指を使ったり、人差し指のつめではじいたり口を開けてみてるだけ。
薬指にスライダーをはめているのは、Duane Allmanと同じですね。

スライドとフィンガリングも混ぜて弾くのは他にも沢山いますが、左手の薬指にスライダーをはめて、残りの三本指ではや引きするのは凄いです。デレク・トラックスは、小指にスライダーでフィンガリングをします。
Dickey Betts は、中指スライダーなので、フィンガリングができないのでしょう。

ザッパとクリムゾンの両方でやっているギタリストといえば、Adrian Belew ですね。彼は、スライダーを左手の人差し指にはめてネックの上からスライドさせるやり方です。ナッシュ・ビルあたりの出らしく、スティール・ギターっぽいやり方かなと。Jimi Hendrix も同じようなやり方をしているのを見たことがあります。

サム・ピックを使って、サム・ピッキング、フィンガー・ピッキング、スライド奏法と色々見せてくれて、こんなのもありかと思わせるのが、Doobie Brothers Pat Simmons です。

Lowell GeorgeEasy to Slip は、ドゥービーズに歌わせて一発あてようとしたのか、デモ用に、リズム・マシーンだけをバックにしているのがあり、これが悪くないのです。

Slow Hand の話は、まだ出てきませんけれど。
by nk24mdwst | 2007-12-25 13:04 | 音楽

End of November of 2007 or Nominal List 3

先の Nominal List 二つを関連付けると 簡単にいきそうで、行くはずがない。ロスの音楽シーンと同時期のロンドンを中心としたイギリスの状況を俯瞰しようという企てなのですけどね。

切り口としては、ニュー・ポート・フォーク・フェスティヴァル(1960年代初頭)が共通の入り口になるかどうか。ブルース・ブームが大西洋の両側で起こるのは、ニュー・ポート・フォーク・アンド・ブルースフェスティヴァルすに起因しているわけです。ブリット・フォークもニュー・ポートというかピート・シーガーの存在、あるいはイギリスにおける不在が大きな位置を占めている。

しかし、カントリー・フォーク・ブルースこそが本物だなんて勝手に東部のインテリが決め付けるものだから、とっくの昔にエレキに転向していたMuddy Waters がアコギを弾いて歌ったりするのですね。
逆に、John Fahey なんてのは、存在しないブルース・ギタリスト名義でレコーディングするなんて悪ふざけをするのですけど。

イギリスを中心としたいわゆるプログレッシブ・ロックの根をどこに求めるか。簡単にカンタベリー・シーンという話になるのか。

1967年に二作目Disrael Gears 録音のためにニュー・ヨークにいたEric Clapton と Frank Zappaの邂逅なんていうのもあります。

ECとFZは、1966年にMothers of Invention が初めて英国へ行ったときにあっています。Cream がレコード・デヴューする前です。

ECは、Lumpy Gravy や、We'er In It Only For Money でしゃべりだけで出演しています。

The 100 Greatest Guitarists of All Time by Rolling Stone
から知らないギタリストを除いて、さらに音源、つまりLP、CD、テープ等を持ってなくてまともに聞いたことのない人を除いてみました。

1 Jimi Hendrix
2 Duane Allman of the Allman Brothers Band  彼のセッション・ワークは無視するのか。無視してもいいのではないかとなどと思ったりしているのですけど。
3 B.B. King
4 Eric Clapton  ディッキー・ベッツの方がはるかにまし。
5 Robert Johnson
6 Chuck Berry
7 Stevie Ray Vaughan
8 Ry Cooder  デュエイン・オールマンがスライド・ギターをやりだしたのは、Taj Mahal のバンドでバックでスライド・ギターを弾いていたライ・クーダー、Jesse Ed Davis をカリフォルニアにいた頃に見たからだと。
9 Jimmy Page of Led Zeppelin  バート・ジャンチの方がましなブルース・ギタリスト。
10 Keith Richards of the Rolling Stones (10) 彼のスタイルは、Mick Jones がもとですね。Blues breakers の最初のリード・ギタリストです。
13 Jerry Garcia of the Grateful Dead  ザッパとガルシアの違いは、いい気持ちにさせてくれるジェリー・ガルシアに対して、わざと意表をつくようなことをして驚かす稚気あふれるFZというところでしょうか。というようりは、シート・ミュージックにこだわるかどうかという天が決定的に違う。
14 Jeff Beck
15 Carlos Santana
19 Richard Thompson 1968年、クラプトンよりはるかに上手かったと思います。アコギで一人で歌う、The Who のSubstitute は、聞きものであります。
20 James Burton  
21 George Harrison  
22 Mike Bloomfield
23 Warren Haynes  歌がいい。体が太っている。どこから見ても、典型的南部のレッド・ネック風の容貌に似合わない、繊細なギター・テクニックと先人に対する敬意を素直に表しているところが好きです。
25 Freddy King
27 Mark Knopfler of Dire Straits (20)
28 Stephen Stills  高校のとき一生懸命真似ましたが。Allmans のHPには、ロス時代のデュエインとジャムっていたなんて書いてありますが、ちょっとどうだかなと。Greg Allman の方は、Randy Meisner がクビになった後、Poco のオーディションに出かけていますが。
30 Buddy Guy
31 Dick Dale
32 John Cipollina of Quicksilver Messenger Service  酔っていなければ、です。
35 John Fahey 学者ですね。聞いて楽しいギタリストじゃないです。Leo Kottke がTacoma Guitarists の中では一番。
36 Steve Cropper of Booker T. and the MG's
37 Bo Diddley
38 Peter Green of Fleetwood Mac  若いときは歌も悪くないと思いますが、最近の声は悲しい。おなじ、Anglo Jewish Guitarist ということで言えば、今は、Mick Abrahams の方が元気。
40 John Fogerty of Creedence Clearwater Revival (30)
41 Clarence White of the Byrds  Kentuckey Colonels 時代は無視?Nashville West 時代もありますし。
42 Robert Fripp of King Crimson  Andy Summers の後輩。
43 Eddie Hazel of Funkadelic
44 Scotty Moore
45 Frank Zappa
46 Les Paul
47 T-Bone Walker
49 John McLaughlin
50 Pete Townshend
51 Paul Kossoff of Free (40)
54 Jorma Kaukonen of Jefferson Airplane
57 Roy Buchanan
58 Dickey Betts
61 Ike Turner
62 Zoot Horn Rollo of the Magic Band
63 Danny Gatton
64 Mick Ronson
65 Hubert Sumlin
67 Link Wray
68 Jerry Miller of Moby Grape (50)
71 Lightnin' Hopkins
72 Joni Mitchell
73 Trey Anastasio of Phish
74 Johnny Winter
77 Henry Vestine of Canned Heat
78 Robbie Robertson of the Band
81 Derek Trucks
83 Neil Young
84 Eddie Cochran
88 Dave Davies of the Kinks (60)
91 Robby Krieger of the Doors
92 & 93 Fred "Sonic" Smith, Wayne Kramer of the MC5 本当のモータウン・サウンドをやっていたのはMC5です。
94 Bert Jansch  John Renbourne を忘れてはいけません。
97 Robert Randolph

100人が65人になりました。上記の順序は、Rolling Stone が選んだものであり、さらに、人選も私の感知するところではないのですが、All Time Greatest Guitarist の65%しか知らないというのは、私の人生、何だったのだろう。

下らないランキングをあげつらうのは止します。

いまに、暇ができたら、Guitar Insane とでも題して何かやりますか。

上のリストについて、何でこいつが入っていて、彼が入ってないのだ的なことをやるのは徒労でしょう。

ザッパは、スタジオ・キャッツが嫌いでした。ユニオンも嫌いでした。なにせ、彼は、中小企業の親父ですから。
*まあ、普通に彼の楽曲、発言を聞いたり呼んだりしていると感じるのです、上記のように。本心はどのあたりにあったかは、不明です。
いわく、This is this, and that is that, so what's up?
by nk24mdwst | 2007-11-30 17:20 | 音楽