人気ブログランキング |

タグ:State Tax ( 9 ) タグの人気記事

tax, law, or fish

ティプケとシェンケの論争を紹介して、それを日本の租税訴訟に当てはめる、谷口勢津夫教授の論理は、ちょっとというか、少なからず問題があるように思えました。税法学に載ってます。

しかし、論文に書いてあることをほとんど全く話さず、日本の税法の世界における裁判官による法の創出論をやるというのは、無理があるなあ。話がぶっ飛ぶ私もびっくり。
比較税法論の隘路に入り込んでいるのだと思います。だって、論文は、ティプケとシェンケの本の引用ばかりだもの。抽象的な言い回しが続くし、元となっている税法自体が違うし、税務行政システムや訴訟システムも違う。
それから、今、思い出しましたが、ドイツがそれまでの賦課課税方式から、申告納税方式に移行するといった他の要因も検討する価値があるのかなと。
それを、歴史を遡って、オットー・マイヤーとかアルベルト・ヘンゼルに戻って、ヴァイマール時代にまでというのは、そうです、オタクの世界にはまっていても学者ならいいのかな。
でも、なんとなく、体のいいように課税庁側に利用されそうな気配を感じましたけどね。

どうしようもない報告をした人もいましたが、武士の、いや、オタクの情けで名指しは止めます。
よっぽど質問しようかと思ったんですが、集中砲火、食らってましたから。ただ、集中砲火食らってても、それがどれほどのものかわからない人がいることも事実のようなのです。

この本、面白そう。
'Last Call,' a history of Prohibition, by Daniel Okrent

By Gary Krist
Sunday, June 13, 2010

LAST CALL

The Rise and Fall of Prohibition

By Daniel Okrent

Scribner. 468 pp. $30

On Jan. 16, 1920 -- the day before Prohibition became the law of the land -- America's triumphant "drys" were supremely optimistic about the future: "The reign of tears is over," evangelist Billy Sunday told a revival meeting in Norfolk, Va. "Men will walk upright now, women will smile, and the children will laugh. Hell will be forever for rent."
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/06/11/AR2010061102868.html
禁酒法時代についての歴史の本の書評。
禁酒法時代もアメリカのアルコール消費量は、別に減ってなくて、単に、課税漏れが起きただけ。
まあ、アル・カポーンは、脱税で終身刑でしたが。

クリント・イースウッドの映画「アルカトラスからの脱出」には、アル・カポーンと名乗る人物が登場していました。ま、どうでもいいけど。

財政赤字のニューヨーク州で議会がまた増税法案を通せないと怒るタイムズ。
The Latest Work Dodge: A Shutdown
Published: June 11, 2010


Once again, Albany’s lawmakers are disgracing the state. In this case, the $135 billion state budget is more than 70 days late and around $9.2 billion short. An annoyed governor, David Paterson, has begun adding sections of the 2010-11 budget every week to emergency budget extenders. If lawmakers refuse, they will shut down the entire state government.
http://www.nytimes.com/2010/06/12/opinion/12sat1.html?scp=14&sq=tax&st=nyt#
共和党議員が、歳出カットだと言って、議事妨害。
1,350億ドルの州予算案が、既に70日以上可決に遅れが出ていて、92億ドルの金が足りなくなっている。このままだと、州政府機構を完全にストップさせる羽目になると。
ニューヨークは、4月から新年度なのに、予算が決まってない・・・

テレビのニュースを見てたらどこかの首相が街頭演説で、強い財政、強い経済、強い社会保障を並立させることが不可能ではないって言ってました。
並立と言うか共存が不可能かどうか知りませんが、揚げ足を取りたくなります。
財政とここで首相が言っているのは、国家財政のことをいっているのでしょうね。
よくわかりませんが、財政学の教科書では、国家財政、地方財政、社会保障財政と分けて考えるわけで、講学的には、ちょっと間違いなのかな。
ただ、国家、地方、社会保障と分けるにしろ、どの政府、ないし、どの政府(国家、地方)部門に何をさせるかと言う議論があり、それに財源をどうするかという議論なのだと思うのですが。

Wet Willie が悪くない。昔は、イモだと思ったけど。私がイモになったのか。
Molly Hatchet辺りがいいとかいうところまで、修行を積む必要が・・・David Allen Coe でも大変ですよ。
by nk24mdwst | 2010-06-12 21:49 | 租税法(アメリカ)

hawk eyes

今日も晴天、空がきれい、山もきれいです。

珍しく、二日続けて酒を飲みました。

納税者権利憲章について、まとめと宿題をやらなきゃいかんのですが、連休ボケ状態ですね。
昨日の晩は、何を聞いたのか、記憶にありません。
久しぶりにギターを触りました。案外、指が動いたのでびっくり。

さて、アメリカの税金話でも拾い読み。

まず、アマゾンに対する州売上税課税の問題についてです。
ノース・カロライナ州の税務当局が、州内のオンライン通販業者について税務調査を開始したとされています。
In a State’s Search for Sales Tax, Amazon Raises Privacy Concerns

By NOAM COHEN
Published: May 2, 2010

NORTH CAROLINA last month began an audit of online businesses, assuming that millions of dollars in sales taxes owed to the state had disappeared into the Internet.
http://www.nytimes.com/2010/05/03/business/media/03link.html
http://www.nytimes.com/2010/05/07/opinion/07fri3.html
タイムズは、電子取引が大規模一般的になってきた現在において、オンライン取引に対する州売上税は、現在既に課税をしようとしている州以外の州においても不可避だろうといっています。 ファースト・タイム・ホームバイヤー・クレジットの適用期限は、4月30日で終わりました。ただ、ここで、4月30日までにどの段階までのことがおこなわれている必要があるかについては、かなり厳しい条件が付されているようです。
New rules making tax-credit closing deadlines tough to meet

Kenneth R. Harney

Saturday, May 8, 2010

For thousands of home buyers who scrambled to meet the April 30 federal tax-credit deadline for completed contracts, a new challenge is looming: Can they nail down their mortgage financing and get to closing before the program terminates?
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/05/07/AR2010050700159.html
住宅ローンの融資が実行されていることが必要であるとか。 アメリカの不動産バブルの発生と破裂の原因をめぐる経済学上の議論が、バブル状態になっているという話。
Bursting the bubble about the causes of the housing bubble

Elizabeth Razzi

Saturday, May 8, 2010

Everybody knows what caused the housing bubble, with its breathtaking, though ephemeral, increase in prices, right? A long run of low mortgage interest rates, loose lending and low (to nonexistent) down payment requirements are the usual culprits cited by experts.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/05/07/AR2010050700160.html
アメリカの貧困の表面化とその原因を作ったブッシュの失策について、カトリーナのときを思い出せというのが、クルーグマン。
May 5, 2010, 11:37 am
Katrina Revisionism

Reactions to the Gulf oil spill have, I suppose, been predictable. Sure enough, a substantial part of the right quickly jumped on the thought that since it seems to validate environmental concerns, it must be a dastardly plot by environmentalists. Meanwhile, much of the press floated the idea that this was “Obama’s Katrina” — despite the fact that the administration responded as quickly as anyone could reasonably have expected, and anyway there wasn’t much it could do.
http://krugman.blogs.nytimes.com/2010/05/05/katrina-revisionism/
カトリーナ・リヴィジョニズムですか。あのとき、どうブッシュを評価していたかという話を見直せ論ですね。 ウォール街とSECとの関係について、40年前を勉強しましょうね、か。
May 5, 2010, 4:29 pm
The Way We Were

Mike Konczal has an interesting post on how Wall Street and the role of the SEC were perceived in the late 1970s: back then, the securities abuses of the pre-New-Deal era were viewed as archaic evils, no longer part of the modern world thanks to effective regulation. Today, of course, regulation has been degraded, and the abuses are back in earnest.
http://krugman.blogs.nytimes.com/2010/05/05/the-way-we-were/
クルーグマンは金融機関規制強化派ですからね。
by nk24mdwst | 2010-05-09 14:34 | 租税法(アメリカ)

there's a way, maybe

10 CC なんてグループは、守備範囲外ですが、なぜか、今、聞こえています。

課税するためには、まず合法化が必要なのか。
Marijuana legalization will be on California ballot

(Reuters) - A California voter initiative that would legalize possession and sale of marijuana has qualified for the November ballot, state election officials said on Wednesday, in what supporters called a "watershed moment" for their cause.
http://www.reuters.com/article/idUSTRE62O08U20100325
世界最大の生産国は、アメリカなのだという話を読んだことがあるのですけど。

ワシントンD.C.も医療用にマリファナの使用を認めるかどうかという話です。
D.C. looks to state programs for answers on medical marijuana

By Ann E. Marimow
Washington Post Staff Writer
Wednesday, March 24, 2010

Los Angeles imposed strict limits on medical marijuana shops this year after hundreds of them popped up with little government oversight. Colorado is still wrestling with how to ensure legitimate doctor-patient relationships after the number of people applying to use medical marijuana surged dramatically in a six-month period.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/03/23/AR2010032303249.html
私は、日本のアルコール飲料の無制限なテレビ広告に非常に違和感を感じます。
アルコールとアルカロイド系の薬物の違いって、どれくらいあるのかって思うんですね。

アルコールとドラッグをやったロックの連中は、大概、60歳前後で肝臓疾患で死んでいるケースが多いように思うわけです。ドラッグとされるものの方が依存性が高く、かつ、身体へのダメージも大きいのかと思いますが、譫妄症の症状が出るのはアルコールでも同じです。

IRSのカスタマーサービスのお話。
IRS plans open houses to help those with tax issues

By Michelle Singletary
Thursday, March 25, 2010

The tax code is complicated enough, but some people who tried to learn more about a recent Internal Revenue Service initiative to help those in economic distress discovered anew why Americans get so frustrated with the agency charged with collecting our tax dollars.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/03/24/AR2010032402923.html
3月27日に1000箇所で、無料税務相談をIRSが行うという話です。

2006年の確定申告をしていない人が、130万人いて申告がないため還付されていない税金が14億ドルあるということです。このあたりも、処理をするということのようです。
今年の申告期限である4月15日が期限だと。
アメリカは、基本的に税務調査は、2年が原則です。ですから、還付の方も2年が原則だということなのですね。
無申告で、納税額が出るということになれば、2年で済まなくなるのですけどね。脱税あつかいになり、時効、日本の税法の方言でいうと除籍期間などという概念が存在しないことになるわけです。

この脱税の線引きがどこかということが、問題で、これに恣意性がないといえないというか、IRSの主張が大概認められるというのが判例の傾向です。

節税をするには、どうすればよいか。きちんとした記帳と帳簿、証憑の保存しかないのですね。
Retain Your Records No Longer Than You Must
By JENNIFER SARANOW SCHULTZ
Published: March 24, 2010

I’VE long been a pack rat when it comes to saving financial documents. I have a file cabinet full of old cellphone and credit card bills, brokerage firm and bank account statements and health insurance benefit forms.
http://www.nytimes.com/2010/03/25/your-money/household-budgeting/25RECORDS.html
税金の問題だけではなく、年金の問題についてもこの記事は、触れています。
アメリカには、日本のような公的年金は基本的に存在しないわけですが、IRAのような確定拠出額年金の記録についても、電子記録保存になったのはいいけれど、肝心の金融機関等が記録を破棄していたり、誤ったりしていたりすることがあるようです。
ペーパーレスなんていわれればいわれるほど、自己防衛のために紙の記録を保存しておくことの重要性が増したということでしょう。
by nk24mdwst | 2010-03-25 13:07 | 租税法(アメリカ)

state treasury

「スミス氏、ワシントンへ行く」に引っ掛けているのですね。
Mr. Goldman Goes to Washington

By ROGER LOWENSTEIN
Published: March 18, 2010

When offered the job of Treasury secretary in the spring of 2006, Henry M. Paulson Jr., who was then the chief executive of Goldman Sachs, turned it down. President Bush had half a term in office left, the economy appeared strong, and there seemed little the next secretary could accomplish. But then, Paulson had second thoughts — “Do you really want to be 75 and telling people, ‘I could have been Treasury secretary’?” a friend asked — and finally agreed to take the job on condition he be granted more power and visibility than Bush’s previous secretaries.
http://www.nytimes.com/2010/03/21/books/review/Lowenstein-t.html
ヘンリー・ポールソン前財務長官は、ポールソン氏じゃなくてゴールドマン氏だと。そりゃ、そうです。
ポールソンの例の決断についての著作について一言いいながら、自著の宣伝をしているローウェンスタイン。

しかし、まだ財務省の議会承認が必要な人事で空席のものが少なからずあるのですね。
Key appointees at Treasury used as pawns in unrelated legislative battles
Senate Minority Whip John Kyl at first put a hold on Treasury nominees. (Harry Hamburg - AP)

By David Cho
Washington Post Staff Writer
Saturday, March 20, 2010

For more than a year, the Treasury Department has grappled with a monumental global economic crisis while many of its most senior people have had to walk out of internal meetings at critical moments and have been barred from joining in-depth exchanges with foreign governments.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/03/19/AR2010031905088.html
人事を妨害して、政策論争の道具にしているのは共和党です。共和党支持のポストの記事ですが、元はAPですから。

今朝方、書いた、ウォーターゲート事件とニクソンの失脚におけるワシントン・ポストの果たした役割というのは検証されるべきなんでしょう。特に、ポストで記者として上り詰めたボブ・ウッドワードという人物については、その後のブッシュ政権の内部事情に通じた著作等を見ている限り、一体、何者だって思いたくなるわけです。
ディープスロートは、本当に、かの人物だったのかどうかはともかく、あのウォーターゲート事件で、全く表面に出てこない人物下1人いて、それが、ヘンリー・キッシンジャーですね。
アル・ヘイグにも色々、ありそうですし。

州政府は、次々に財政的メルトダウンに立ち至ったと。
A Ruinous Meltdown

By BOB HERBERT
Published: March 19, 2010

A story that is not getting nearly enough attention is the ruinous fiscal meltdown occurring in state after state, all across the country.
http://www.nytimes.com/2010/03/20/opinion/20herbert.html
地方政府は、歳出削減のためにまず、人件費のカットをします。
地方政府職員のレイオフはあっても、連邦政府職員のレイオフっていうのは聞きませんね。

まだ、どこの州政府も破綻したと宣言していないことが、逆に不思議です。要するに、連邦政府が手を差し伸べているのですね。
だけど、連邦政府の赤字国債発行による財政支出拡大には、反対するという世論も、おかしいかな。

どこかの国の赤字財政は、将来への付回しで破綻するだけだって論議と似てますね。
少なくとも、そのどこかの国というか、日本は将来もまともな経済成長をする国であり続けるなら、そんなことは起きないはずですね。
どこでどうやって経済成長の目を育むか?!でしょうか。

地方を切り捨てているだけでは駄目です。
バラマキは効果がないし。

10億円を、1億人に均等に配ると、1人当たり10円ずつ。何ができます?
5億のプロジェクトに投資して、その資金を2回転させると、10億の投資と同じなんですが。

一人で旗を振っている人。
Why We Reform

By PAUL KRUGMAN
Published: March 18, 2010

One way or another, the fate of health care reform is going to be decided in the next few days. If House Democratic leaders find 216 votes, reform will almost immediately become the law of the land. If they don’t, reform may well be put off for many years — possibly a decade or more.
http://www.nytimes.com/2010/03/19/opinion/19krugman.html
この人の主張は、最近のタイムズの論調と歩調を合わせていますね。

タイムズ、ポスト、ロイター、エコノミスト、みんな誰も中立って振りをしないから、まだましだと思います。
これを全部操っている人がいたら凄いけど。

007の映画の敵役の大勢の下っ端とか、仮面ライダーのショッカーを見るたびに思うのは、この人たちの源泉所得税や社会保険料負担って大変だろうなって。
違法な組織だから、あるいは、闇の組織だから、そんなの関係ないか。
ただ、最低、飯食わせて、寝床を与えて、たまに休みもやらないと、言うこと聞かないと思うんですが。
by nk24mdwst | 2010-03-20 17:39 | 租税法(アメリカ)

states or united states

今日は、快晴です。

連邦の法制、税制について、いろんな問題があるのだということを考えさせてくれる記事です。
Calif. politics has short sellers facing big bills

By JUDY LIN
The Associated Press
Wednesday, March 17, 2010; 4:58 PM

SACRAMENTO, Calif. -- What should have been a legislative afterthought is threatening to become a financial purgatory for thousands of California taxpayers hit by the housing crisis.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/03/17/AR2010031702689.html
バブルのときに高値で不動産をローンで購入した人たちが、その後の不況の中で、債務弁済が滞っ手入る人がアメリカに沢山います。
そのような人たちは、銀行に債務不履行を理由にその不動産を取り上げられるか、あるいは、自分で売却して債務弁済に当てるということになります。
これに関して連邦税法税上の問題、連邦破産法上の問題、債権の問題ですから州法である民法の問題、さらに州税の問題等々非常に複雑なのだということに気づかされたので引用しています。

それと、前から、このブログで書いていますが、連邦政府の不況対策として巨額の赤字財政による財政出動と、州政府以下の地方政府レベルにおける緊縮財政とが、アメリカの経済全体に与える影響について、誰も論じていないようであるのはどういうことかという個人的な疑問点があります。
これに関連して、ギリシャの財政危機とEU加盟諸国の対応について、共通する論点があるのかないのか。

主権国家の集まりであるEUは、共通通貨ユーロを導入した国々においては、アメリカにおける連邦政府と州政府等との関係と同様の問題があるのでないのかというようなことを少し考えてみたいです。

これは、忘れないためのメモ。
by nk24mdwst | 2010-03-19 13:20 | 租税法(アメリカ)

nozama xat ro xat nozama

アフィリエートを恒久的施設とみなして、オンライン小売業者に州税であるSales Tax を課そうというのが、ノース・カロライナやロード・アイランドの改正州税法で、アマゾンは最高裁で争訟中です。しかし、コロラドに導入されたのは違う形式の法律なのですね。
Amazon Reacts to New Colo Tax, Costing Affiliates
By THE ASSOCIATED PRESS
Published: March 14, 2010

Filed at 8:03 p.m. ET

DENVER (AP) -- Kristie McNealy blogs from her suburban Denver home about raising four children and health issues. Her husband, Rob, a floor installer, runs another Web site offering product reviews and advice on hardwood floors.
http://www.nytimes.com/aponline/2010/03/14/business/AP-US-Online-Sales-Tax-States.html?_r=1&sq=tax&st=nyt&scp=21&pagewanted=all
アマゾンは、このコロラドの新しい州税法に反発してコロラド在住のアフィリエート、5000人との契約を打ち切ったようです。
しかし、コロラドで立法された法律は、アフィリエートを恒久的施設(支店等)とみなす考え方ではなく、アマゾンがオンラインでコロラド州内の消費者に物品販売をした場合に課税しようというものだということです。
どうやってそれをするか、あるいは、できるのかというのは、明確ではありませんが。

連邦最高裁判決によれば、恒久的施設の存在が州外での販売に対して、州税を課す条件なので。コロラドは、その判例によらない立法をしたのですね。
全面的なオンラインショッピング業者と州税当局との法廷闘争になるのでしょうか。


アメリカの場合、宗教上の理由から人工妊娠中絶に対して否定的な人々が少なからず存在します。医療保険制度改革において問題となる点の一つに、人工妊娠中絶に対して医療保険の適用を認めるかという議論があります。
Editorial
More Than Onerous

Published: March 14, 2010

After a year of national debate, a handful of House Democrats who oppose abortion may be the ones to decide whether health care reform goes forward or not.
http://www.nytimes.com/2010/03/15/opinion/15mon1.html
タイムズの論説は、明快です。
人工妊娠中絶は、合法であり、そんなことを医療保険制度改革において問題にするのは間違いだと。
民主党が医療保険制度改革を推進しようとしているわけですが、南部のバイブル・ベルトから出ている議員にとっては、自己の信念と反したり、あるいは、選挙区の事情から受け入れなかったりするのだということは理解できるところですが。
タイムズは、過激だなって思いました。

ダンサーは労働者か。
Exotic dancer uses labor law to sue D.C. club over wages

By Paul Schwartzman
Washington Post Staff Writer
Monday, March 15, 2010

To hear Quansa Thompson talk of her life as an exotic dancer, to listen to her describe how men offer cash as she sashays, gyrates and jiggles the night away, is to evoke a thousand titillating thoughts, not a single one having anything to do with the Federal Fair Labor Standards Act of 1938.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/03/14/AR2010031402760.html
1938年の大恐慌時代の労働法を持ち出したというのが。

人民元のレートについてクルーグマン。
Op-Ed Columnist
Taking on China

By PAUL KRUGMAN
Published: March 14, 2010

Tensions are rising over Chinese economic policy, and rightly so: China’s policy of keeping its currency, the renminbi, undervalued has become a significant drag on global economic recovery. Something must be done.
http://www.nytimes.com/2010/03/15/opinion/15krugman.html
要するに、人民元が対ドルに対して過小評価されているから適正に評価するべきだ、つまり、人民元の切上げがなされるべきだというわけです。
人民元の切上げをするということは、ドル価値が下がるわけですから、中国が保有するアメリカ国債の価値も下がるわけです。アメリカの借金を棒引きにしろっていってるのと同じですね。
かつて、70年代、80年代に日本やドイツは、アメリカのいうとおりにしたのですね。
プラザ合意がそうでしたし、1990年代のアメリカの意図的なドル安政策による景気浮揚策を受け入れ、円高、つまり、日本のデフレを政府・日銀は放置してきたのです。

中国は、アメリカ財務省証券を売りに出すと脅しをかけているわけですが、そんなものはどうでもなるというのがクルーグマンの論理ですね。FRBと財務省が対処すると。

まあ、中国がどうも世界中にデフレを輸出している形になっているのは間違いないですね。対米貿易収支の黒字がこの5年の間でGDP比で10倍になったという中国の状況は異常です。
どっちもどっちですが、日本は、そんなことをいえた義理ではなく、いまは、もう、狭間で右往左往するしかないのかなあ。

ステファン・グラッペリとデヴィッド・グリスマンの共演なんか聞いています。

ジャンゴ・ラインハルトを探してこよう。どこかに隠れているはずなので。
クラレンス・ホワイトがジャンゴ・ラインハルトを聞いているというので、ウェスト・コーストのギター青少年がみんなジャンゴ・ラインハルトのレコードを買いに走ったなんて話も、半分は、ほんとかな。
この話、最初に私が聞いたときは、ジェリー・ガルシーアの名前が出ていたんですが。

ジャック・ブルースは、エレクトリック・ベース奏者として誰を評価しているか。英語版のウィキに書いてあるのは必ずしも正確ではないようですね。あそこに挙がっている名前は、確かに挙げていますけど、ベスト3がそうだなどとはいっていません。
FZが、ジャック・ブルースのベースについて、busy だと言っていますが、生姜パン屋じゃなかった、ジンジャー・ベイカーも同様のことをいっているようです。この二人ほど相性の悪い組合わせってなと思います。

しかし、グレアム・ボンドってどこがいいのかわかりません。同世代のイギリスのオルガン・プレイヤーだったら、他にましな人が何人もいるかと思います。アラン・プライス、マシュー・フィッシャー、ジョージー・フェイムそれにズート・マニー。ブライアン・オーガーだってまだましだし、スティーヴ・ウィンウッドは別格でしょうに。

ジョン・フレンチの本の箸休めに、ジャック・ブルースの本を読むという感じです。字の大きさが違うというのが理由。それと、後者は、インデックスもあるし。
by nk24mdwst | 2010-03-15 18:49 | 租税法(アメリカ)

detah xat nem

申告書作成マシーンになるというのは、疲れます。

リオ・コトキは、やっぱり凄いな。腕力勝負というか、指力勝負。ジミヘンに負けない人でしょう。
大体、ギターを弾き方のせいで腱を切るなんて。

ニューヨーク州も破綻しそうなようです。
Editorial
A Way to Bail Out New York

Published: March 11, 2010

New York State is facing a $9 billion budget deficit in the coming fiscal year — a calamitous shortfall that is likely to get worse before it gets better. The state’s credit rating is at risk, and painful budget cuts are inevitable.
http://www.nytimes.com/2010/03/12/opinion/12fri2.html
議会が動き出したので、ちょっと元気が出たのかな?クルーグマン。
Health Reform Myths

By PAUL KRUGMAN
Published: March 11, 2010

Health reform is back from the dead. Many Democrats have realized that their electoral prospects will be better if they can point to a real accomplishment. Polling on reform — which was never as negative as portrayed — shows signs of improving. And I’ve been really impressed by the passion and energy of this guy Barack Obama. Where was he last year?
http://www.nytimes.com/2010/03/12/opinion/12krugman.html
泣く子と地頭には勝てない。
先月の、小型航空機でIRSの建物に突入した人物の登場以来、IRS職員、施設に対する脅迫が相次いでいると。
IRS investigates flurry of threats against its workers and facilities

By Ed O'Keefe
Washington Post Staff Writer
Friday, March 12, 2010

Threats against Internal Revenue Service workers and facilities continue to pour in after last month's plane crash at agency offices in Austin, according to union officials. The pilot and an IRS employee died in the crash.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/03/11/AR2010031104670.html
相当取り立て、厳しくやっているようです。

黒船は、恐くないのです、日税連さん。
Jackson Hewitt swings to fiscal 3rd-quarter loss

The Associated Press
Thursday, March 11, 2010; 12:44 PM

NEW YORK -- Jackson Hewitt Tax Service Inc. on Thursday said it moved to a quarterly loss, hurt by one-time charges and lower sales, partly due to the problems with a key program ahead of tax season.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/03/11/AR2010031102455.html
H&Rブロックに続く大手申告書作成代理業者のジャクソン・ヒューイットが第3四半期、赤字だと。
この連中、どういえばいいんでしょうかね。全国チェーンの理容、美容業者みたいな感じというと、日本のその業界の人たちに失礼に当たるので。
結局、季節サービスのコンビニなんです。

今晩も、バタフィールドを聞きながら寝るんでしょう。
by nk24mdwst | 2010-03-12 19:47 | 租税法(アメリカ)

xat on

昨日の雪は、消え、今日は、晴天。
頭は、朦朧としつつ、早く眠るのはいいのですが、目覚めが早い。

昨日は、Butterfield Band のライブを聞き始めたところで寝てしまいました。
これは、昔、LPで出たとき、二枚組みでしたが、買っていました。
CDは、二枚組みになって、曲が増えています。

仕事場では、夕方から、シャッフルで音楽を流していました。シャッフルで聞くというのは、実は、やったことがなくて、面白いなと思う点もありました。
フィラーというか、アルバムとおして聞いているとつまらない曲でも箸休め的な感じなると言うことがひとつ、もう一つは、ジム・ゴードンとか、ジム・ケルトナー、ハル・ブレインといった一流どころがドラムの曲が際立つこと、でしょうか。

欠点は、デッドとかオールマンズ、ガヴァメント・ミュールなどのライブが相当入っているので、メドレーの途中で切り替わること。
ディラーズのライブのしゃべりの後違うバンドが登場するのは、参ります。

時間があったら、あれもしたいこれもしたいというほどのことはなくて、ゆっくり音楽聞いて、本を読みたい。
時は金なりなのだとしたら、一番欲しいものは時間ですから、金が欲しいってことですかね。

音楽の聞き方は、最初は、当然、実演しかなかったわけですが、SPが登場して録音音楽が始まった。
それに続いて、ラジオが登場して、幅広い地域でよその音楽が聞けるようになった。
ついで、LPの登場となるわけですが、LPで売られるものは、最初は、西洋古典音楽とジャズだったのでしょう。
いわゆるバップ、モダン・ジャズでインプロヴを入れた長い演奏をするようになったのはLPの登場なくしては、録音音楽としては出現しなかったでしょうね。
ジャズの長いインプロヴの入った曲でも、実際は、相当編集の手が加わっていたのですよね。
それを、元のままの形で、CBSが、マイルス・コンプリート・○○・セッションなんて形で売り出して商売に精を出したわけですが、テオ・マセオ、それにマイルスの編集能力を再確認させてくれただけでしょう。
個人的には、モンクのブルー・ノート時代の録音を集めたLP二種類が好きです。あそこに収められている曲は、まだ、SP時代の録音なので、コンパクトに凝縮された演奏に聞こえます。

まあ、その後、CDの時代が来て、間にハイファイ・ブームなんてのもありましたが、MP3のような圧縮音源を聞く時代になったわけです。
私は、物臭なので、CDを入れ替えるより、音質が落ちようとウォークマンの低いビットレートで変換された圧縮音源を聞いて満足しています。
ボーズ辺りがちょうどそれに適しているような気もしますし、特に、今の仕事場のようにがらんとしたところだと、拡声器向きなんでしょう。

'80年ごろの私は、かなり、気持ちがすさんでいて、鬱憤晴らしに聞いていたのが、ジェイムズ・ブラッド・ウルマーとかセシル・テイラー、アート・アンサンブル・オヴ・シカゴ、アーサー・ブライスあたりということかなあ。
デヴィッド・マレーは好きでした。

ウルマーのAre You Glad To Be In America ?前後の録音は、CDになったようですが、ほとんど入手困難ですね。LPで持っていて、CDを持っていないというのは、私の場合、どうも、この辺りの人たちですね。
ウルマーは、近年の腑抜けブルーズ・アルバムを何枚も買って、かなり、落胆しています。

期待のブルーズ・マンはサン・シールズだったのですが、亡くなっちまったし。
サン・シールズの世代になると、その音楽から、チャーリー・パットンからマジック・サムまでの全てのブルーズ・マンの息遣いが聞こえるような気がします。
ハウリン・ウルフ、マディ・ウォーターズは当然ですが、ロバート・ジョンソンの演奏が背景に聞こえるモダン・ブルーズ・マンでは、彼が一番だと。

ペンタングルの方が、ピーター・グリーンより上手にロバート・ジョンソンをやってます。クリームよりも上手に。
ジョン・レンボーンのボトル・ネックとバート・ジャンチの掛け合いはスリルがあります。この辺りの演奏は、1990年代の再発音源のボーナスで出てきたのですね。ジャッキー・マクシーの歌なしなので、ご安心を。

エーと、ここから本題、大統領は州知事を見習って財政赤字を垂れ流すなっていうポストへの寄稿。
What the states could teach Washington about budgets

By David S. Broder
Thursday, March 11, 2010

There is a great divide in American politics. It's not between Democrats and Republicans. It's between the president and Congress in Washington, on one side, and governors and legislators around the country on the other.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/03/10/AR2010031002635.html
今回の大恐慌に際して、急激な財政拡大によってそれを防ごうとした、連邦政府を非難しています。

米国債券の主要保有国が日本と中国のような外国であることに対する懸念は、アメリカにかなり大きく存在するようです。最後は、ドルを切り下げて、借金棒引きができるんで、それを此方では心配するんですけど、あちらは、自分たちの稼ぎで外国に利息を払うという感覚か。

各州政府は、歳入減少に対して、どう対処したかというと、まず、歳出削減(教育その他公共支出の削減)及び所得税、売上税等の増税なのですね。
ヴァーモント州以外の州は、全て州憲法が均衡財政を義務付けているからこれは仕方がないのだということです。
そこで、私が一昨年辺りから繰り返し書いてますが、連邦が拡大財政を行う一方で、州政府が緊縮政策を行うことがアメリカ全体の景気刺激策においてどのような影響を与えているのかということが問題となるはずなのです。
これについて、論じたものがみつかりません。どこかにあるのでしょうが。

今日の日経消費税増税特集経済教室第4弾は、借金財政に夜若い世代への借金付回しを国枝繁樹一橋大学准教授が、「財政的児童虐待」と呼んでいます。座布団一枚。
かなり冷静な分析にもとづく意見だと思いました。
いまや、財政学の世界では従来、消費税否定派だった人も容認論に変わっていますからね。

ただ一点。インボイス導入せよというのは、みながいっているとおりで、インボイスを導入すれば、インボイスに記載された税額を集計するだけで税金を計算できるから簡単だって。
自分で一度集計してみなさいって。
インボイスは発行者ごとに体裁が違うから自動読み取りさせるのも難しいし。

それから、消費税の計算だけすればいいのならいいです。でも、所得税、法人税の計算のために帳簿はつけなければいけないし、上場企業等であれば、二度手間になるというのがわからんのかい?!

要するに、大企業は、人的資源その他があるからいいけれど、中小零細は大変ですよ。大企業は人的資源はあるけど、それからソフトも開発するだろうけど、素人が判断するから間違いだらかになるって、エグレの『付加価値税』にちゃんと書いてあります。
by nk24mdwst | 2010-03-11 10:02 | 租税法(アメリカ)

Just for you

UBS事件もデッドロックに乗り上げた感じでしょうか。
Judge asks if US govt would shut UBS in tax fight
Wed Jul 8, 2009 7:24pm EDT

By Lisa Jucca and Tom Brown

ZURICH/MIAMI, July 8 (Reuters) - A judge ordered the U.S. government to say whether it was prepared to shut Swiss bank UBS AG (UBSN.VX) (UBS.N) in the United States as part of a battle to learn the identity of 52,000 secret accounts suspected of being used by Americans to avoid taxes.

U.S. District Judge Alan Gold, set to preside over a hearing Monday of a suit seeking to force UBS to provide the information, asked specifically Wednesday about "receivership and/or seizure of UBS' assets within the United States."

Gold said such remedies might be requested of the court if UBS failed to comply, or was prevented from complying by the Swiss government. He gave the U.S. Justice Department until noon (1600 GMT) on Sunday to respond.
http://www.reuters.com/article/BANKSL/idUSL849735520090708
日曜の昼がデッドラインだと。

アーサー・アンダーセンの例が引き合いに出されているのがなんというか。

カリフォルニアの財政赤字はわかるけど。
California budget talks to resume, pot tax urged
Wed Jul 8, 2009 8:38pm EDT

By Jim Christie

SAN FRANCISCO (Reuters) - California Assembly Speaker Karen Bass said on Wednesday she sees stalled negotiations with Governor Arnold Schwarzenegger over closing the state's $26.3 billion budget gap resuming by Friday.

California has been burning through its cash without a budget agreement and is issuing IOUs for tax refunds. The legislature is being urged to consider taxing marijuana to help raise revenues.
http://www.reuters.com/article/newsOne/idUSTRE56805M20090709
貧すれば鈍す。納税者の反乱の結果がマリファナに課税ですか?!

アメリカの大統領にももう余り時間は残されていないようです。
Democrats Divide Over a Proposal to Tax Health Benefits

By DAVID M. HERSZENHORN
Published: July 8, 2009

WASHINGTON — An effort by Senator Max Baucus of Montana to develop compromise health care legislation has come under sharp assault by fellow Democrats who have urged him to abandon a plan to help pay for the bill by taxing some employer-provided health benefits.
http://www.nytimes.com/2009/07/09/health/policy/09health.html
日本でも、加藤税調時代に法人課税の抜本見直し案の中でフリンジベネフィット課税論が出たことがありますが、医療保険の雇用者負担分に課税という議論はなかったですね。
by nk24mdwst | 2009-07-09 15:40 | 租税法(アメリカ)