人気ブログランキング |

タグ:Roy Estrada ( 1 ) タグの人気記事

Original Mothers

the Mothers of Invention と呼ばれることになるバンドの始まりをFrank Zappa の1963年の最初のプロフェッショナル・レコーディングにまで遡らないという前提の下でのオリジナル・マザーズとはどのような顔ぶれであったかというか、私のとらえるオリジナル・マザーズとはどのメンバーを指すかということを記すことにします。

フランク・ザッパ自身は、50年代後半からバンドをやっています。63年に、Paul Buff とめぐり合い、最初の一連のプロフェッショナル・レコーディングを行います。

後年のマザーズは、大体、以下のような形でバンド活動を行いだします。

1964年の終わり頃、地元のバー等でR&Bやロックンロールのカヴァー・バンドをやっていたバンドにザッパがギタリストとして加わります。結果的にこのバンドを乗っ取るような形になるわけですが、このThe Soul Giants のドラマーがJimmy Carl Black、ベーシストがRoy Estrada です。リード・シンガー、つまり、バンドのリーダーが抜けてしまうことになり、ザッパは旧知のRay Collins ヴォーカリストとして迎えることになります。
Clarence Gatemouth Brown、Johnny Guitar Watson、Howlin' Wolf をEdger Varese などのいわゆる現代音楽の作曲家と同列にザッパはとらえていたので、当時のバンドのレパートリーには、ドゥーアップにとどまらず、R&Bやブルース・ナンバーが少なからずあったわけです。

この時代にマザーズを通りぬけていったミュージシャンとしては、Henry Vestine (Canned Heat, Blues Breakers等)、Jim Fielder (Buffalo Springfierld、Blood Sweat & Tears)、James Giuercio (Buckinghams や Chicago のプロデューサー)等がいます。
この中の一人として、Freak Out! にメンバーとしてクレジットされているのが、Elliott Ingber です。
マザーズというかザッパが単なるブルース・バンドでは、なかったがゆえヴェスティンが抜け、ほかの連中が加わり、逆に、ブルース・バンドだと勘違いしてレコーディング契約をしたのがTom Wilsonだったわけです。
トム・ウィルソンは、Bob Dylan のプロデュースで名を上げていた直後ですね。メジャー・レーベルで最初のアフロ・アメリカン・プロデューサーです。

2008.2.20

Freak Out!に収録された曲は、基本的には、1964年ごろまでにフランク・ザッパが書いていたものがほとんどです。それらは、上記のオリジナル・マザーズがロス周辺で演奏をしている間に、観客の反応を見ながら徐々に形を整えていったわけです。

Freak Out!には、アヴァンギャルド・クラシック音楽やミュージック・コンクレートの要素を持った曲もありますが、短めの楽曲は、基本的にはオリジナル・マザーズが演奏できたはずです。というより、実際にステージでやっていたのですね。
しかし、レコーディングでは、Tommy Tedesco, Carol Caye, Ray Pohlman. Shelly Man, Robert Feldman といったハリウッドの一流どころが勢ぞろいしてやっています。
1950年代終わりごろから1960年代中ごろにかけての、アメリカのティーン・ポップに対するアンチ・テーゼ的な歌詞の歌をオーソドックスにやるためには、マザーズではなく、ティーン・ポップを実際に演奏していたプロフェッショナルの起用が必要だったのでしょう。

逆に、Hal Blaine の不在が意味するものなどと考えてしまいます。

それから、キャロル・ケイさんが、ザッパの書いていた曲が卑猥だから以後のレコーディングに参加しなくなったというのは、事実だと思います。しかし、それよりも、当時のザッパの批判の矛先に会ったものとしては、いわゆるヒッピー文化、フラワー・ムーヴメントの他に、フェミニズムの台頭もあったので、キャロル・ケイさんのように実力で自らの立場を築いてきた女性には、我慢のならない部分があっただろうとは充分に想像できます。

膨大なフランク・ザッパのカタログを整理するに当たっては、時期をどう区切るかという問題があります。
名義としてMothers (of Invention) を使うか、 Frank Zappa を使うかという問題は、当初は、バンドとしてVerve と契約、作曲家、編曲者の個人としてReprise と契約していたということに起因していたのだと思います。
ただ、バンドとしてツアーするときにマザーズの名前を使った時期とそうでないときがあるのも事実です。

名義の問題は、脇へのけて、FZのカタログを整理するとき、一つは、ドラマーが誰かということをキーにして区分することも可能かと思います。

もっとも、最近、FZに対する拘りがなくなっているのも事実でして。
2008.3.4 記す。
by nk24mdwst | 2007-12-07 19:40 | 音楽