人気ブログランキング |

タグ:Robert Duncan ( 1 ) タグの人気記事

King Kong

Robert Duncan の有名な詩です。
Anais Nin とも親交のあった人ですが。

     Often I Am Permitted to Return to a Meadow

as if it were a scene made-up by the mind,
that is not mine, but is a made place,

that is mine, it is so near to the heart,
an eternal pasture folded in all thought
so that there is a hall therein

that is a made place, created by light
wherefrom the shadows that are forms fall.

Wherefrom fall all architectures I am
I say are likenesses of the First Beloved
whose flowers are flames lit to the Lady.

She it is Queen Under The Hill
whose hosts are a disturbance of words within words
that is a field folded.

It is only a dream of the grass blowing
east against the source of the sun
in an hour before the sun's going down

whose secret we see in a children's game
of ring a round of roses told.

Often I am permitted to return to a meadow
as if it were a given property of the mind
that certain bounds hold against chaos,

that is a place of first permission,
everlasting omen of what is.


難解な詩だと思います。ただ、音韻は素晴らしい。

King Kong: Jean-Luc Ponty Plays the Music of Frank Zappa を夕べ聞いてました。同時期に録音された Frank Zappa 名義の Hot Rats と対を成すものだと考えればよいのだと思います。
契約の関係で、FZ名義ではありませんし、ほとんどギターは弾いてません。
ジャン=リュック・ポンティよりも Ian Anderwood の指揮及びサックス、George Duke のキーボードが目立つというところでしょうか。
イアン・アンダーウッド同様、ジョージ・デュークもクラシックの基礎がしっかりしていることがよくわかります。
好き嫌いは別にして、アヴァンギャルド・クラシック風の曲でアクースティック・ピアノをやっていますが、ピアノのタッチがいいです。

ポンティは、本来ならFZがギターで引くべきフレーズをやっている。曲目は、FZのおなじみとなるものぞろいです。

フランス人のジャズ・ヴァイオリニストということで、Django Reinhardt と組んでいた同じくコンセルバトワール出の Stéphane Grappelli を思い出させます。
ポンティ→グラッペリ→ウェスタン・スウィングのフィドラーBob Wills なんて連想するのは、私だけでしょう。

ドラムが、John Guerinで、これがいただけません。Art Tripp も参加してはいますが。
ベースは、ジャズ・ベーシストの Buell Neidlingerなのですが、フェンダー・ベースも聞こえるのですね。
上手いフェンダー・ベースは、 Wilton Felderです。
by nk24mdwst | 2008-02-21 12:55 | Poetry