人気ブログランキング |

タグ:Jime Hendrix ( 3 ) タグの人気記事

wait a minute, something wrong

Jimi Hendrix の三枚のスタジオ・アルバムは捨曲がないですね、やっぱり。
彼は、やっぱりイギリスの渡ったから成功したのでしょう。1966年にアメリカにそのまま残っていたら、うまくはまるところがなかったでしょうね。

1970年前後のアメリカ南部の青少年が好きだったのは、Rolling Stones, The Who, Led Zeppelin、そこに南部のバンドが台頭してくるということで、余りジミ・ヘンドリクスに対する言及が見られないように感じます。

昨日の晩、1968年の日活映画「縄張はもらった」を見ました。
長谷部安春監督作品、小林旭、宍戸錠、二谷英明、川地民夫、大田雅子(梶芽衣子)他の出演。
長谷部アクション映画は、昔から好きです。

映画のストーリーや映像について語るのは私の守備範囲を超えているので。

1968年、Cream の解散した年、ヒッピーや学生運動の年、そんなこともどうでもよくて、少なくとも私が記憶している1968年の日本の風景がありました。東京の空気は淀んでいて、水田を踏み潰すブルトーザーの映像が目に焼きつきました。

中学、高校時代に映画を見に行くというのは、当時、特別な儀式であったように今は思えます。

二番館三番館を、連日はしごしていた大学時代には失くしてしまった感覚です。
映画評論を読み、友達と映画について語る、背伸びした知ったかぶり以前の映画館自体が特別な場所であった懐かしい時代を思い出しました。

当時の東京と地方の差は今より大きくて、それが縮小する時代があったというのも事実です。
日本でもアメリカのように大圧縮の時代があったのでしょう。

転機はやはり、消費税の導入の頃なのでしょう。

1970年ごろのアメリカ南部のワーキング・クラスの話を読んでいると繊維産業の崩壊による失業の話が出てきます。日米繊維交渉、田中通産大臣による解決、などという言葉を思い出します。

人間は賢くないから、振り子のように触れるのですね。

先週から、耳について離れないのがVan Morrison のこの歌です。

     Ordinary People

Ordinary people just don't comprehend
Ordinary people just don't seem to comprehend
The thing you feel they don't even know about

Cut yourself, that never did you no good
You cut yourself, that never did you no good
Nobody watching you, you gotta take care of yourself
Real thing....

When I came down your avenue
Blew you every
Blew you every which way
When I came down your avenue
Bloo hoo hoo you ever which way
Nobody watching you, you gotta take care of yourself

Ordinary people they just don't seem to comprehend
No they don't
Ordinary, everyday people just don't, just don't seem to comprehend
No they don't
Then you feel they don't, they don't, they don't even
Even, even know, even know about..

さて、問題は、だれがordinary でだれがそうではないか。
自分がordinary だと思っていたらそうなのか。逆に、自分は違うと思っているのが普通なのか。

左利きは、ordinary かどうか。

south paw には、ある意味では差別的なニュアンスがあるときもありますし、自分に対して用いるときは、居直るというと変ですが、俺は違うんだというニュアンスを感じることがあります。

Tug McGraw の自伝'Screw Ball'を読んでそう感じたのを思い出しました。

クルーグマンは、FDRと新政権の経済政策について、より正確にいえば、彼はいわゆるニュー・ディールとは何で、FDRの真意はどこにあり、結果的に大恐慌を救ったのは何かについて書いています。
     Franklin Delano Obama?
            By Paul Krugman Published: November 10, 2008

Suddenly, everything old is New Deal again. Reagan is out; F.D.R. is in. Still, how much guidance does the Roosevelt era really offer for today’s world?
・・・・・
And F.D.R. wasn’t just reluctant to pursue an all-out fiscal expansion — he was eager to return to conservative budget principles. That eagerness almost destroyed his legacy. After winning a smashing election victory in 1936, the Roosevelt administration cut spending and raised taxes, precipitating an economic relapse that drove the unemployment rate back into double digits and led to a major defeat in the 1938 midterm elections.

What saved the economy, and the New Deal, was the enormous public works project known as World War II, which finally provided a fiscal stimulus adequate to the economy’s needs.
・・・・・・
The economic lesson is the importance of doing enough. F.D.R. thought he was being prudent by reining in his spending plans; in reality, he was taking big risks with the economy and with his legacy. My advice to the Obama people is to figure out how much help they think the economy needs, then add 50 percent. It’s much better, in a depressed economy, to err on the side of too much stimulus than on the side of too little.

In short, Mr. Obama’s chances of leading a new New Deal depend largely on whether his short-run economic plans are sufficiently bold. Progressives can only hope that he has the necessary audacity.
http://www.nytimes.com/2008/11/10/opinion/10krugman.html?partner=permalink&exprod=permalink
要するに、経済状況を一変させることになった、あるいはニュー・ディール政策をすくうことになったのは、第二次世界大戦と呼ばれる一大公共事業であったという結論ですね。

個人的には得心の行くところです。ただし、人間の命は、経済学的にはどう計測するのでしょうか。あの戦争で、あるいは数多の戦争で失われた命、失われた命のせいで生まれることのなかったの命の価値をどう考えるのでしょう。

キリスト教原理主義的な考え方の下、アメリカでは人工妊娠中絶に対する賛否が大きな政治的論点として存在します。生まれる前の対峙にも人権を認めること事態に関しては、やぶさかではありませんが、勝手に無差別攻撃をして人命を奪うこと自体が認められていいはずはありません。

冷戦は、その意味で虚構として存在したのだと思います。ディックはその本質を見抜いていた。虚構としての冷戦自体は、世界的な公共事業としての経済的役割を果たしたのだと以前にも書いた記憶があります。

1960年代のアメリカの指導層において、虚構としての冷戦の他に熱い戦争の方もやるかどうかという議論はあったのかもしれませんが。熱い戦争もやって失敗したのですけどね。



FDRは、ニュー・ディール政策を採ったといわれるけれど、実際には財政均衡政策が必要だと考えていたこと、あるいは、FDRの前のフーバー時代の増税の効果がFDR次代になって出てきたこと、連邦レベルの減税政策自体は州等の地方政府レベルにおける増税で減殺されたこと等、いずれも説得力のある説明です。

東部のリベラル(金持ちです。)、労働組合、南部の連合は、FDR連合と呼ばれる民主党の支持基盤になったのです。
ニクソン以後、カーター時代を除き、南部票は共和党に流れました。この潮流の元は、公民権法の成立だと考えられます。FDR連合においては、南部諸州のジム・クロウ政策に対する暗黙の了解が存在したのですが、公民権運動とそれに続く公民権法の成立はその約束を反故にしたわけです。
それから、南部には基本的に1930年代に強力な弾圧があって以後労働組合は存在しないという事実があります。

いわゆるサザン・ロックの登場とその変容の背景をFDRにまで勝手に遡ってみてみているわけです。
by nk24mdwst | 2008-11-10 12:14 | その他

day 26, who knows what's to be

今日、私が、出た葬儀は、いわゆる葬儀場ではなく、お寺で行われました。土足を脱いで上るスタイルだったので、サンダル履きであることは、余り気になりませんでした。
右足には黒の靴下、履いていきましたし。

ただ、出棺のとき、隣にたった見知らぬご婦人がしげしげと私のサンダルを見てはいましたが。

10月の連休も葬儀に出たような気がします。今日の葬儀も、10月と同様、平野部ではなく山ろくの方でした。

親さにもよりますが、できるだけ通夜と葬儀の両方に出るようにしています。どちらかしか出られないときは、葬儀の方に出るようにしています。
最近は、みな気ぜわしくなっていて、通夜の方が参列者が多かったりするのが普通ですが。ただ、通夜だと、仕事の関係で顔だけ出したという人が目立ったりします。

教壇にから見ると、うしろの方の生徒が何をしているかどうか全部見えるということは、教壇に立ってみて初めてわかります。私は学校の先生なんかしたことはありませんが。

不思議なものですが、葬儀のとき、喪主の席からも色々見えるものなのだということは体験しました。誰が、ニヤニヤ笑って冗談をいっているか、見えるのですね。

確かに、通夜や葬儀のときに何年ぶりかで会う人がいるのも事実でしょうが。それを縁と仏教ではやはり言うのでしょう。

この世とあちら側との境目も、普段はほとんど感じないで生きていますが、ほほを冷たい風が通り過ぎるような感覚がするときがあります。自動車を運転していてひやりとしたりといって実際に危険を感じるということとは全く別に、日常生活の中で感じることがあります。もっと正確にいえば、後から思い出すというべきでしょうか。

最近、同じ音楽でも日によって全く違う感じ方をするものがあります。
疲れ気味なので、嫌いな物というか頭をひねらなければならないというか神経を研ぎ澄まして聞かなければならないようなもの(ヒット・チャートに乗せることが目的の曲でも、そういう聞き方をしてしまう曲が、私にはあります。)は、最初から排除しているのですが。

甘い味がすると思っていたものが、思いのほか酸っぱかったり、苦かったりする。その逆もあるということで、どうも情緒不安定気味です。

Sandy Bull などという人を聞いています。Blaine McCanless は、Jimi Hendrix を見たことがあるようなことを書いていますが、うらやむべき状況ではなかったようですね。
    I Heard A Sound

I heard a sound from the ground
Telling me to come down
And mingle with the dead,
Well I saw Lincoln
I saw John Kennedy
I saw Jimi Hendrix
Playing a song for Jerry Lee,
I heard a voice on the intercom say
Time to take out your brains
And play keep away,
Take off your head
And put it under your bed
And pray that death
Takes someone else instead.
I saw something flying around
Slim Whitman was yodeling
To a three headed hound,
I saw faces I knew
But others were hard to make out
Some were missing noses
And some were missing mouths,
I said its time for me to go
And they played me a song,
Its fun to be among the living
When you've been dead for so long.
The ground opened up and I stepped out
The sun was rising as the moon went out of sight,
I went back to my home and sat upon my bed
I'll never forget the night, I was with the dead.
サンディ・ブルもクスリで結局、ビッグ・ネームにはなり損ねました。

彼のスタイルは、John Fahy の流れを汲むといってしまえばそれまででしょうが1963年という時代を考えると非常に独創性のあるギター・スタイルだと思います。
バンジョーも弾いていますが、ストラトキャスターを使っていたりする人です。

極めて寡作なのですね。

ところで、Hot Burritos: The True Story of The Flying Burrito Brothers (Paperback)
by John Einarson (Author), Dwight Yoakam (Foreword), Chris Hillman (Collaborator) というのが出るようですね。アイナーソンは、カナダ人でDesperados という本で1960年代末のハリウッド周辺でカントリー・ロックと呼ばれるものが誕生する頃の状況をまとめています。

The True Story なんてタイトルつけるのは、嘘だよーっていってるようなものですが、口の重いクリス・ヒルマンがどれくらい語っているのかという点に興味があります。
by nk24mdwst | 2008-11-03 14:01 | その他

hurting me, you're hurt

さて、この二ヶ月の重荷は、クリアできた、単に先延ばしにされた、だけですが。
金貸しは気が楽です。神経すり減らして・・・、お疲れ様といわれたものの。
やりたくてやっているわけじゃなく、だけど、お疲れでおしまいか。いや、これで、お疲れ様ということになり、私の出番がないのなら、それこそ、今日は天にも昇る気分なのですが、回りまわってまた掃除役をしなければならないのは目に見えているわけで。

Jimi Hendrix ばかり聞いていまして

      Spanish Castle Magic


It’s very far away
It takes about a half and a day to get there
If we travel by my uh, dragon-fly
No it’s not in spain
But all the same you know, it’s a groovy name
And the wind’s just right.
Hey !

Hang on my darling
Hang on if you wanna go
Here it’s a really groovy place
It’s uh, just a little bit of uh, said uh, spanish castle magic.

The clouds are really low
And they overflow with cotton candy
And battle grounds red and brown
But it’s all in your mind
Don’t think your time on bad things
Just float your little mind around
Look out ! ow !

Hang on my darling, yeah
Hang on if you wanna go
Get on top, really let me groove baby with uh just a little bit of spanish castle magic. yeah baby,
Here’s some
Yeah, ok babe, ok
It’s still all in your mind babe
Oww !
Yeah !

Ah !

Hang on my darling, hey
Hang on, hang on if you wanna go
And it’s happening, oh no, damn hey ! that’s right baby, listen
A little bit of spanish castle magic
Hey !
Little bit of spanish castle magic
Hey hey !
I can’t uh, sing this song, no
Yeah, ok baby
Get on baby
Yeah
It’s all in your mind baby
Little bit of daydream here and there
Oh !
Yeah !
Ooh ! yeah !
Ow !
Ev’rything’s gonna be alright babe!

ジミ・ヘンドリックスは、生前に出たスタジオ三作以上のものは、結局、ないですね。Filmore Live は、単に契約上の問題をクリアするためだけのもの位としかいえないでしょうし。
それから、色んなライブの印象が強いですが、ライブは出来不出来がはっきりしています。
ボックスやアウト・テイクを聞いていると、スタジオ録音の完成度を高めることに非常に執着を持っていたように感じます。
それを成し遂げるには、あまりにタイトなスケジュールだったというべきでしょうか。
ジョー・ボイドは人が好すぎたという言い方をしています。つまり、全ての人を喜ばせることは誰にもできない。
Bob Dylan を聞いて、それがよいと1966年に感じるチトリン・サーキットの経験しかないR&Bの三流バック・バンド・ギタリストという存在自体、やっぱり普通じゃないです。つまり、どちらの側からも理解されず、結果的に誤解されるだけだと。
人間は、自分の理解を超える存在に関しては、結局否定的にならざるを得ない、そうしないと自分を否定しなければなりませんからね。

税研141号69頁に「税法学者の憲法論」と題して新井隆一早稲田大学名誉教授の特別寄稿が掲載されています。

本庄資名古屋経済大学大学院教授の税経通信2008年2月号149頁「『納税者との合意』,『和解』を税務調査に導入できるか-税務調査から租税争訟解決までにみる米国の納税者権利保護と税務行政効率化のマリアージュを参考として―」に述べられている見解に対する意見が書かれています。

金子宏『租税法」における租税法律主義と憲法論の解釈をめぐる議論という形になっています。
私の、個人的見解は誰も興味がないでしょうから横へおき、そうです、なんでも横へおくから、横を通り抜けられなくなるのですが、興味深い一文だと思いました。

本庄教授は最近精力的に色々書かれていますが、いわゆる租税法プロパーの学者の先生からの反論はあまりなかったように思います。勉強不足なのでよくわかりませんが。
予想外のところからの反撃で私は、個人的には驚いています。

上述の先生方の履歴等を考えると感慨深いものがあるということですが。

うえの議論から切り離して、一般論です。

外国の制度、あるいは理論をわが国の制度構築あるいは、そのための理論的裏づけとして用いるときは、我田引水にならないように慎重にならないといけないのだと思います。

特に、アメリカの制度や理論はそれ自体を研究対象としている場合はともかく、日本に当てはめようとするとアメリカ流のプラグマティズムの前提が日本では成り立たないので、特に慎重になる必要があるのだと思います。

この国では、それぞれの立場の人が、自らの立場に有利な制度、理論だけを紹介し、世論を誘導しよう・・・役所はマスコミを使って誘導するわけですが、学者には誘導するだけの力はなくて、役所の情報をもらうことによって知ってか知らずかは別に役所の掌中にあるだけの人もいるかも知れない・・・と、これくらいでぼかしたことになるのでしょうか・・・名指ししていませんからね・・・さて、この文章、どう終わればいいのでしょう。

明治の昔から、都合のいいところだけつぎはぎ細工をしていても結局駄目だということですね。これは、日本の歴史、政治史自体についてもいえることで、東アジア史の一部だという認識を忘れて、日本を中心に東アジア、アジア、世界が回っているという論理では説明できない部分が多いかと思います。

あのブッシュ政権が、最終的にはポールソン財務長官の案よりも踏み込んだ公的資金投入をするという変わり身をいとわないというのがアメリカ流なのですね。
*これを書いた後で、下院が議案を否決したと知って、途方にくれています。
今日は、ネットで遊んでいる暇がなくて、世の中の流れから取り残されていました。

September 29, 2008, 3:02 pm
OK, we are a banana republic

House votes no. Rex Nutting has the best line: House to Wall Street: Drop Dead. He also correctly places the blame and/or credit with House Republicans. For reasons I’ve already explained, I don’t think the Dem leadership was in a position to craft a bill that would have achieved overwhelming Democratic support, so make or break was whether enough GOPers would sign on. They didn’t.

I assume Pelosi calls a new vote; but if it fails, then what? I guess write a bill that is actually, you know, a good plan, and try to pass it — though politically it might not make sense to try until after the election.

For now, I’m just going to quote myself:

So what we now have is non-functional government in the face of a major crisis, because Congress includes a quorum of crazies and nobody trusts the White House an inch.
As a friend said last night, we’ve become a banana republic with nukes.
http://krugman.blogs.nytimes.com/
クルーグマンはリベラルなので、反対側を見てみるということで、Economist.Comはというとこっちも同意見です。
The mortgage-rescue plan
A shock from the House
Sep 29th 2008 | WASHINGTON, DC
From Economist.com
The House of Representatives rejects the $700 billion bail-out plan

IT WOULD have been one of the most unpleasant laws that Congress had found itself writing so close to an election. Devoting $700 billion of taxpayers’ money to rescuing the country’s least popular industry was clearly not a vote winner. That Democratic and Republican congressional leaders held their noses this weekend and came up with the Emergency Economic Stabilisation Act was encouraging evidence that they appreciate the gravity of the financial crisis. But with a vote of 228 to 205, the House rejected it. World stockmarkets promptly slumped. At one point the Dow Jones industrial average had fallen than 700 points, its biggest intraday drop ever. The oil price slumped by $10 to less than $97 a barrel.
-------
The new law would have provided the Fed with an additional tool for combating the latest stage of the crisis: from October 1st it would have paid interest on reserves that banks maintain at the Fed. This would have let it pump almost unlimited cash into the money market without fear of interest rates falling to zero, Japanese-style.

Mr Paulson or his successor would have been given $250 billion immediately, $100 billion more at the president’s discretion and $350 billion upon Congress’s approval. The Troubled Asset Relief Programme, or TARP, would be allowed to buy mortgage-backed securities, whole loans (those not bundled into pools) and, in consultation with the Federal Reserve chairman, anything else necessary to stabilise the financial system. That includes taking control of entire companies. Mr Paulson said on Sunday that would get the power to avert “the potential systemic risk from the disorderly failure of a large financial institution,” implying the ability to bail-out a company while punishing its owners, as was done with Bear Stearns, Fannie Mae, Freddie Mac and AIG. Given the frequency with which institutions are collapsing, he would have been keen to invoke that power soon.
http://www.economist.com/world/unitedstates/displayStory.cfm?story_id=12326538&source=features_box_main
右も左も同じ事を言っています。それと、日本が日銀のゼロ金利政策下で二進も三進もいかなくなったことを引き合いに出して警告しているのですけれど。

昔、クルーグマンについて、租税による所得再分配効果の有効性に関して腰が引けていると感じてちょっと距離を置いていたつもりで、トッドなんかに目をやっていたこともあったのですが、この数年、クルーグマンは旗色を鮮明にしました。

クルーグマンの主張は、従来からの彼の考え方、著作からすれば当然のことだと理解できるわけです。
今回の金融危機がいかに危機的状況であるかということに関しては、The Economist が、公的資金の早期導入しか手段がないと言っていることから想像力を働かせる必要があると思います。
市場原理万能、政府の経済への介入は全て悪という主張の牙城であるエコノミスト誌が、その主張の根幹に関わる点で方向転換しているのです。エコノミスト誌は、昔から、EU官僚の仕切るEUが嫌いです。なぜなら、EUは、ドイツとフランスが主導権を握っていて、基本的に社会民主主義的政策を採る大きな政府路線であり、さらに、EU官僚組織自体は選挙等の洗礼を受けていないものであり、民主主義的見地からしても正当性を疑うというのがエコノミスト誌の基本姿勢でした。
まあ、EU自体も、冷戦崩壊後は大きく舵を右へ切って市場原理重視、EU市場における多国籍企業の利権を擁護するという具合に変質してきてはいるのですが。

話が例によって飛躍するのですが、どこの世界でも人種、民族、あるいは宗教、性別等による差別が存在しますが、それらの障壁が比較的低いと思われるのが映画や音楽といった芸能分野と野球やフットボールといったスポーツの世界なのですね。

アメリカにおける規制緩和の流れを象徴するのは、リザーヴ・クローズを独禁法違反としたカーと・フラッド事件であり、EUにおいては、名前を失念しましたが、サッカー選手の訴訟があったと思います。*この部分、いずれ、どこかで検討します。芸能、スポーツと市場原理とでも言えばいいのでしょうかね。
いずれにしろ、これらのことがあって、メジャー・リーガーの給料が上昇し、あるいは、欧州のサッカーのビッグ・クラブの上場なんて事が可能になったわけだと考えているからです。

横道でした。エコノミスト誌はとにかく、北欧、スウェーデン政府なんかが大嫌いなのです。ちょっとへまをしただけで、快哉を叫ぶというのがその基本姿勢なんですね。まあ、スウェーデンが日本同様、不動産バブルがはじけたわけですが、その後GDPの25%相当の公的資金を投入して鎮火するのに3年かかったという話もありますが。

いずれにしろ、市場万能主義のエコノミスト誌がアメリカにおける公的資金の投入に関し、一国を争うとしていることは留意すべきことだと思います。天動説から地動説への転換です。

どれくらいの資金投入が必要化は不明ですが、少なくとも、クルーグマンがいうのを借りればアメリカのGDPの25%(スウェーデンを引いています。)、あるいは、アメリカにおける不動産投資関連資産残高とアメリカの預金残高の差額(この部分を実際は、アメリカ以外の国の資本が埋めているということですが)の補填が最小限でしょうね。これが、大体同じくらいの額になるのですね。
1~1.7兆ドルということですね。これがミニマムだと思われます。AIGなんかがかんでいる、債権貸倒担保保険商品関連証券の残高は、これとは桁が違うようですが。ゼロが二つ増えるなんて考えたくないのですけどね。

下院が否決した7,000億ドルというのは、当座の出血を止めるのに足りるかどうかというあたりでしょう。

金利というものがありますから、1兆ドルに年利7%(低すぎる気もしますが)かけると年間、月間、週間、一日いくらの金利になりますかね。7.3%とか使うと一日あたりの計算は楽ですね。

まあ、借金のかたに住宅を取られて税金を投入して金融機関を助けるというのは一般国民の理解を直ぐに求めるには難しい法律です。それと、一連の金融規制の撤廃で舵のまがいの資本主義であぶく銭を稼ぐことを規制当局自身が認めてきたのも事実だから市民感情として納得できないのは事実だし、私だってそう思いますが、時間との競争ですからね。

レーガンのスター・ウォーズ構想が冷戦終結によって終わってしまい、それで職にあぶれた優秀なロケット工学者がその数理知識を活かして金融工学などと言う似非学問を作り出して、それで痛い目に1980年代末にあっているにもかかわらず、懲りないのが人間なんですね。

数学も物理学も苦手ですが、ニュートンだろうがアインシュタインだろうがノイマンだろうが物理学の世界では、方程式、公式、定数などというものが成り立つわけですが、経済学では前提をいっぱい置いて、条件を単純化するから数式が成り立つのであって人間心理なんか数値化できるはずがないのですよ。
複式簿記をちゃんとやれということです。

ノイマンの不確定性原理というのは、ちょっと脇においておいたほうがよいかもしれませんが。

月末には何から何もで逆回転しているような気がしてきました。
by nk24mdwst | 2008-09-30 14:37 | その他