人気ブログランキング |

タグ:Gary Snyder ( 8 ) タグの人気記事

it's raining, where is spring?

春は、まだかというよりは、今年は冬がなかったというべきで、冬か春かは、日照時間が延びたことで感じるだけです。

気分が春めいてきたら e. e. cummings を採り上げようかなと思っていますが、Emily Dicinson をまだ引きずっています。
それでも、例年よりは、はるかにましなのですけれど。

         Who never lost, are unprepared

                  36

WHO never lost, are unprepared
A coronet to find;
Who never thirsted, flagons
And cooling tamarind.

Who never climbed the weary league—
Can such a foot explore
The purple territories
On Pizarro’s shore?

How many legions overcome?
The emperor will say.
How many colors taken
On Revolution Day?

How many bullets bearest?
The royal scar hast thou?
Angels, write “Promoted”
On this soldier’s brow!

エミリー・ディキンソンが男に生まれていたらなんてどうでもいいことを考えてしまいました。

Gary Snyder の詩です。

      Civilization

Those are the people who do complicated things.

they'll grab us by the thousands
and put us to work.

World's going to hell, with all these
villages and trails.
Wild duck flocks aren't
what they used to be.
Aurochs grow rare.

Fetch me my feathers and amber

               *

A small cricket
on the typescript page of
"Kyoto born in spring song"
grooms himself
in time with The Well-Tempered Clavier.
I quit typing and watch him through a glass.
How well articulated! How neat!

Nobody understands the ANIMAL KINGDOM.

               *

When creeks are full
The poems flow
When creeks are down
We heap stones.

京都の春をテーマにしているわけではないです。
by nk24mdwst | 2008-03-24 09:56 | Poetry

Spring?

今日は、Emily Dickinson はお休みで Gary Snyder です。

      Hiking in the Totsugawa Gorge

pissing

watching

a waterfall

日本へやってきたわけです。

      The Snow on Saddle Mountain

The only thing that can be relied on
is the snow on Kurakake Mountain.
fields and woods
thawing, freezing, and thawing,
totally untrustworthy.
it's true, a great fuzzy windstorm
like yeast up there today, still
the only faint source of hope
is the snow on Kurakake mountain.

鞍掛山というのは、日本にいくつかあります。

スナイダーの詩と関係があるかどうかは感知しませんが、ある鞍掛山の麓で明示の地租改正のあとに起きた事件の話です。
明治4年(1871)11月に起きた大一揆(みの虫一揆)の首謀者として、その全責任を負い捕らわれ、翌5年71歳で牢死した新家理与門の碑である。廃藩置県の直後、旧藩の財政は窮迫し、銀納は例年の十倍以上にもなった。
庶民の怒りは爆発し、この年11月24日夜、多数の農民が集まり、まず中島村の郷長・中谷宇平宅を打ち壊し、続いて菅波村の善助宅を焼いた。その後、約千名に膨れ上がった大集団が大聖寺に向かった。まず、麻畠の租税係・倉地嘉平宅を焼き、魚町の豪商・林清一宅を襲った。
この時に至り、大聖寺県は軍隊を出動させ、同月25日夜の鍛冶町附近の揉み合いで発砲し、死傷者が出た結果、農民は徐々に引き上げていった。
県では、首謀者の摘発で多数の人を取り調べたが、大分校村の新家理与門が一身に全責任を負って獄に繋がれた。翌5年6月27日、獄内で死去。胴みのを着て参加した姿が「みの虫」に似ていたことから「みの虫一揆」とも呼ばれる。
理与門は、悪政に立ち向かった庶民的英雄として語り継がれ、明治28年旧・江沼郡町村長等・が発起人となり、その偉業を顕彰するために街道脇に墓碑を建てたのである。(加賀市観光情報センターKAGA旅・まちネットHPより。)
http://www.tabimati.net/db_view.php?id=430

鞍掛山を仰ぎ見る土地での出来事です。

明らかに、昔の名主、郷長の中谷宇平というのは悪代官役ですね。新家理与門は、たいした人物ですね。
この地は、かつては、徳川時代は大聖寺藩で、加賀の前田の分家の領地でありました。前田藩は、一向一揆の地へやってきて徹底的に一揆勢を弾圧し、つまり、民族浄化したのですね。
NHKの大河ドラマは嘘ばっかり。

中谷宇平という人物については、
「(略)地域ブランドと地域ブレンド」(中谷 健太郎)という文章の中にも出てきます。「宇吉郎伯父は北海道から東京を中心に、巳次郎は別府から由布院へ。その巳次郎の末弟・直吉の家系が同じ由布院で旅館「玉の湯」を拓き、療養していた治宇二郎の次女・山下恭子も由布院に住んでおります。むろんこの地・片山津には中谷宇平様ご一統や多くの親戚、ご縁の方が居られ、宇吉郎の家系はアメリカと東京に分かれ住み(略)」http://www.city.kaga.ishikawa.jp/yuki/comm/pdf/kantushin/no12.pdf
とあるわけで、要するに中やけの当主が継ぐ名前なのだとわかります。
宇吉郎というのは、雪の研究で有名な中谷宇吉郎博士のことです。

ということで、昔、寺田寅彦なんかと一緒に国語の教科書にその随筆が出てきた中谷宇吉郎というのは中谷宇平一族、分家筋だとわかります。

まあ、戦後の農地解放によってこの手の、いわゆる地方の地主層の解体が行われたわけですが、それが文化、社会的に本当に日本のためによかったのかどうかというのは60年前といまとでは異なる評価をすることが必要なのかもしれません。

もう一度、ギャリー・スナイダーに登場してもらいます。

           December at Yase

You said, that October,
In the tall dry grass by the orchard
When you chose to be free,
"Again someday, maybe ten years."
After college I saw you
One time. You were strange.
And I was obsessed with a plan.
Now ten years and more have
Gone by: I've always known
where you were --
I might have gone to you
Hoping to win your love back.
You still are single.
I didn't.
I thought I must make it alone. I
Have done that.
Only in dream, like this dawn,
Does the grave, awed intensity
Of our young love
Return to my mind, to my flesh.
We had what the others
All crave and seek for
We left it behind at nineteen
I feel ancient, as though I had
Lived many lives.
And may never now know
If I am a fool
Or have done what my
karma demands.

季節を失していることは承知しておりますが。

スナイダーは、簡潔率直な語り口が好きになりました。
by nk24mdwst | 2008-03-19 13:55 | Poetry

where am i?

3月が終わったような気がしているのですが、まだ敗戦処理が残っている。残務整理というべきでしょうか。
まあ、永遠に残務整理をやっているようなものですが。

Emily Dickinson の心の中か・・・

       AFRAID? Of whom am I afraid?

               14

AFRAID? Of whom am I afraid?
Not death; for who is he?
The porter of my father’s lodge
As much abasheth me.

Of life? ‘T were odd I fear a thing
That comprehendeth me
In one or more existences
At Deity’s decree.

Of resurrection? Is the east
Afraid to trust the morn
With her fastidious forehead?
As soon impeach my crown!

恐れを知らぬ人間なんていないはずですが、何を恐れるべきか。
真に恐れるべきは何かという問いについては、理性的に考えられるときとあらゆるものが恐くてたまらなくなるときがあるというのが私の経験です。

Separate your body from your mind. なんて歌声が聞こえてきました。Warren Haynes と Les Claypool が歌ってます。

Gary Snyder です。

       Kisiabaton

     Beat-up datsun idling in the road
     shreds of fog
     almost-vertical hillsides drop away
     huge stumps fading into mist
     soft warm rain

Snaggy, forked and spreading tops, a temperate cloud-forest tree

     Chamaecyparis formosiana--
     Taiwan hinoki,
     hung-kuai red cypress

That the tribal people call kisiabaton

     this rare old tree
     is what we came to see.

ダットサン、アメリカではダッツンって昔の日産のクルマ覚えていますが。

Are you hung up?
I'm hung up.
I'm thru.

I'm not comin' back here again.

Where shall I be?

     
by nk24mdwst | 2008-03-17 09:02 | Poetry

Do you have any Number, which I have some?

Emily Dickinson の Complete Poems (1924)の一連の詩を今日も。

       THE SOUL selects her own society

                 13

THE SOUL selects her own society,
Then shuts the door;
On her divine majority
Obtrude no more.

Unmoved, she notes the chariot’s pausing
At her low gate;
Unmoved, an emperor is kneeling
Upon her mat.

I ’ve known her from an ample nation
Choose one;
Then close the valves of her attention
Like stone.

もう一つ。

      SOME things that fly there be

              14

SOME things that fly there be,—
Birds, hours, the bumble-bee:
Of these no elegy.

Some things that stay there be,—
Grief, hills, eternity:
Nor this behooveth me.

There are, that resting, rise.
Can I expound the skies?
How still the riddle lies!


How still the riddle lies? か。


Gary Snyder は、ずっと率直に見えますが・・・

        Old Bones

Out there walking round, looking out for food,
a rootstock, a birdcall, a seed that you can crack
plucking, digging, snaring, snagging,
barely getting by,

no food out there on dusty slopes of scree—
carry some—look for some,
go for a hungry dream.
Deer bone, Dall sheep,
bones hunger home.

Out there somewhere
a shrine for the old ones,
the dust of the old bones,
old songs and tales.

What we ate—who ate what—
how we all prevailed.

雪をいただいた山が今朝はきれいに見えました。

午前中、買い物に行った大型スーパーは、定年を迎えたらしき男性軍団がうろついていました。
所在無さ気で、何か、呆けたようなというといいすぎですが、完全に気の抜けた顔つきで。

この数年、年金受給者になった人と、十数年前の年金受給者は、平均的な印象ですが全く違います。昔の人には、まだ自分が会った。団塊の世代には、自分がないように感じますね。

もっとも、一番駄目だと感じるのは、昭和10年代半ばあたりに生まれた人たちでしょうか。団塊の世代の上に乗っかり、昭和一桁に助けられ。

人間、生まれるとき、ところ、親は選べませんからね。
by nk24mdwst | 2008-03-16 11:40 | Poetry

a village, a hotel, or a concentration camp

The Prisoner の the Village のシーンは現実に存在するあるホテルで撮影されました。
ホテルといえば、思い出すのがHotel California でしょうか・・・

Emily Dickinson です。

      MUCH madness is divinest sense

              11

MUCH madness is divinest sense
To a discerning eye;
Much sense the starkest madness.
’T is the majority
In this, as all, prevails.
Assent, and you are sane;
Demur,—you ’re straightway dangerous,
And handled with a chain.

      I ASKED no other thing

             12

I ASKED no other thing,
No other was denied.
I offered Being for it;
The mighty merchant smiled.

Brazil? He twirled a button,
Without a glance my way:
“But, madam, is there nothing else
That we can show to-day?”

外国といってもブラジルですが 中国の文化を学んだ Gary Snyder の詩です。

      Axe Handles

One afternoon the last week in April
Showing Kai how to throw a hatchet
One-half turn and it sticks in a stump.
He recalls the hatchet-head
Without a handle, in the shop
And go gets it, and wants it for his own
A broken off axe handle behind the door
Is long enough for a hatchet,
We cut it to length and take it
With the hatchet head
And working hatchet, to the wood block.
There I begin to shape the old handle
With the hatchet, and the phrase
First learned from Ezra Pound
Rings in my ears!
"When making an axe handle
the pattern is not far off."
And I say this to Kai
"Look: We'll shape the handle
By checking the handle
Of the axe we cut with--"
And he sees. And I hear it again:
It's in Lu Ji's Wen Fu, fourth century
A.D. "Essay on Literature" -- in the
Preface: "In making the handle
Of an axe
By cutting wood with an axe
The model is indeed near at hand."
My teacher Shih-hsiang Chen
Translated that and taught it years ago
And I see Pound was an axe
Chen was an axe, I am an axe
And my son a handle, soon
To be shaping again, model
And tool, craft of culture,
How we go on.

パウンドの詩から中国に興味を持ったようですね、ギャリー・スナイダーは。スナイダーは中国だけではなく日本も訪れているのです。

Warren Haynes 聞きながら仕事しています。見てくれと正反対の繊細さを感じます。
概観から予想する以上に体力勝負をするところは、食い物の違いでしょうか。
by nk24mdwst | 2008-03-15 10:05 | Poetry

Are they numbers?

今日は、雨模様、世界経済は・・・

Emily Dickinson を読んで、締切り間際の仕事に戻る・・・毎年の繰り返し、ルーティン故の退屈、慣れ、判断誤り・・・眼が疲れました。

       THE HEART asks pleasure first

                 9

THE HEART asks pleasure first,
And then, excuse from pain;
And then, those little anodynes
That deaden suffering;

And then, to go to sleep;
And then, if it should be
The will of its Inquisitor,
The liberty to die.

Gary Snyder は共感できます。

       On Top

All this new stuff goes on top
turn it over, turn it over
wait and water down
from the dark bottom
turn it inside out
let it spread through
Sift down even.
Watch it sprout.

A mind like compost.
by nk24mdwst | 2008-03-14 10:00 | Poetry

Is he or she a number?

Emily Dickinson は、若いときに読んで、最初から全くぴんと来なくて、というか、難しくて敬遠していました。
30年経って読んでみると、以前と違う感じ方をします。
難しいと思いますし、理解しているなどというつもりはないのですが。

本当は、Anne Sexton, Sylvia Plath へと向かう予定だったのですけれど。
いまは、全く良いと思わないのですが、Allen Ginsberg の Howl も繰り返し読んでいたのです。

       SOUL, wilt thou toss again

                2

SOUL, wilt thou toss again?
By just such a hazard
Hundreds have lost, indeed,
But tens have won an all.

Angels’ breathless ballot
Lingers to record thee;
Imps in eager caucus
Raffle for my soul.

最初は、昔読んでよかった、あるいは、かつて好きだった詩を採り上げていたのですが、ある時点から、今日一日のための詩、という感じに変わってきたのです。

Gary Snyder です。

      How Poetry Comes to Me

It comes blundering over the
Boulders at night, it stays
Frightened outside the
Range of my campfire
I go to meet it at the
Edge of the light

ギャリー・スナイダーは、名前は知っていましたし、いくつか詩を読んだことはありましたが、最近、「発見」しました。

仕事をしながら音楽を聞くときは、やはりスピーカーで部屋に音を流す方がいいですね。適当に聞き流せますから。
ウォークマンの類を使ってヘッドフォンで聞くと、音楽次第で効率が変わる。

好きな音楽とそうでない音楽という区別が一つあり、もう一つちゃんとした音楽とそうでない音楽とがある。「ちゃんとした」という言葉の定義は難しいですが、歌や演奏に破綻がないというか、いい編曲、いい演奏、いい歌唱、いい楽曲。タイム、リズム、音程が問題。
好きか嫌いかとちゃんとしているかどうかは、必ずしも一致しないというか、昔好きだった音楽も、いま聞くと、ちゃんとしていないものは聞けないという感じになってしまいました。

おかげで、基本的に持っている音源の半分は、好きといえない、それとは別個に、少なくとも半分はちゃんとしていない、なんて訳で聞く音楽がない。

ヘッドフォンで聞いてると、脳が音を無視できないのですね。好きか嫌いかとは別にきちんとした演奏でも疲れる音楽があるとわかってきました。
典型がFZのものです。
1970年前後のものまでは、聞き流せます。200 Motels あたりが境目で、聞き流せない。真剣に聞いているつもりはないのだけど、頭が疲れます。Uncle Meat のおしゃべりやFillmore Live の寸劇は、笑って聞き流せるのですが。
最悪は、FZのギター・ソロを編集したやつです。聞いてるほうの神経を知らずにすり減らします。
仕事をしながら聞いていると、頭が疲れて眠気がしてきます。睡眠導入剤として効果があるのは気づいていたのですが。
by nk24mdwst | 2008-03-13 09:06 | Poetry

Zoot Allure

Gary Snyder の詩です。

思うに、ずっとビート世代の詩人を取り上げてきているような気がしますが、Allen Ginsberg は、まだです。ギンズバーグは、好きじゃないということが解ってきました。
ギンズバーグとElvis Presley を併せたアメリカン・ヒーローを目指したのが、Bob Dylan で、彼がプロテスト・フォークをグリニッチ・ヴィレッジのカフェでやりだしたのは、それが、流行だったからでしょう。

        After Work

The shack and a few trees
float in the blowing fog
I pull out your blouse,
warm my cold hands
on your breasts.
you laugh and shudder
peeling garlic by the
hot iron stove.
bring in the axe, the rake,
the wood
we'll lean on the wall
against each other
stew simmering on the fire
as it grows dark
drinking wine.


       A Walk

Sunday the only day we don't work:
Mules farting around the meadow,
Murphy fishing,
The tent flaps in the warm
Early sun: I've eaten breakfast and I'll
Take a walk
To Benson Lake. Packed a lunch,
Goodbye. Hopping on creekbed boulders
Up the rock throat three miles
Puite Creek --
In steep gorge glacier-slick rattlesnake country
Jump, land by a pool, trout skitter,
The clear sky. Deer tracks.
Bad place by a falls, boulders big as houses,
Lunch tied to belt,
I stemmed up a crack and almost fell
But rolled out safe on a ledge
and ambled on.
Quail chicks freeze underfoot, color of stone
Then run cheep! away, hen quail fussing.
Craggy west end of Benson Lake -- after edging
Past dark creek pools on a long white slope --
Lookt down in the ice-black lake
lined with cliff
From far above: deep shimmering trout.
A lone duck in a gunsightpass
steep side hill
Through slide-aspen and talus, to the east end,
Down to grass, wading a wide smooth stream
Into camp. At last.
By the rusty three-year-
Ago left-behind cookstove
Of the old trail crew,
Stoppt and swam and ate my lunch.


ギンズバーグやディランじゃなくて、Fred Neil をちゃんと取り上げてみたいのですが。

Jimi Hendrix は、Eric Clapton なんかよりはるかにギタリスト、シンガー、作曲家、レコーディン・アーティスト、ライブ演奏者としてすぐれていたのは、言うまでもないことです。しかし、あふれる才能を持つ彼にとってもあまりに抱えている矛盾、つまり、ロック大衆のイメージと自身との落差は、大きすぎ、プレッシャーに押しつぶされたのでしょう。

ジミ・ヘンドリクスは、Clapton is the God. と1965年以前に言われていたロンドンに1966年に登場。クラプトンは、直ぐに敗北を認識、失意の日々。
ブルースの神様に祭り上げられたヘンドリクスの方は、逆に、自分が正当なブルース・マンの系譜に属していないことを当然承知していただけではなく、ディランをまともに取り上げるというスタンスは、アフロ・アメリカンからも理解されない。
Watcht Tower(ディランの曲ともう一つ別の宗教的意味も含めて)、ディラン、ヘンドリクスをつなげて考えてみることが必要かな・・・

Electric Ladyland に収録されているジミ・ヘンドリックスのAll Along The Watch Tower の12弦ギターは、Dave Mason ですが、当時まだ Rolling Stones にいた Brian Jones も一応参加しているようです。
by nk24mdwst | 2008-02-25 09:48 | Poetry