人気ブログランキング |

タグ:Bert Jansch ( 5 ) タグの人気記事

o neil

Bert Janschがニューヨークで公演しています。そのレヴュー。
Casually Tough, Steeled by Ghosts

By BEN RATLIFF
Published: December 16, 2010

From this distance, the early 1960s Edinburgh and London acoustic folk scenes that produced the singer and guitarist Bert Jansch seem credulous, pious, sentimental to the point of mysticism, a lot of impressionable boys and girls trembling before the authentic.
http://www.nytimes.com/2010/12/17/arts/music/17jansch.html
ニール・ヤングの昨年の全米ツアーの前座をバート・ジャンチはやったんですね。
そのお返しで、今年は、バーとの前座は、ニールの奥さんのペギーがやってる。

ブラウニー・マギーに影響を受け、ブルーズを始めたスコットランド人なんて紹介ですね。あとは、ニール・ヤングそのほかに対するバートが与えた影響。
バート・ジャンチのギター・スタイル、歌い方をどう捉えるかというのは、なかなか難しいものがあるわけで、この評者もかなり困っている様子がうかがえます。

まず、ブラウニー・マギーやビッグ・ビル・ブルーンジーがニューポート・フォーク・フェスのイギリス版という感じで渡英するのがブリティッシュ・ブルーズ・ブームの始まりです。彼らは、アメリカのクラブ等では既にエレキを使いモダンなスタイルでやっていたわけですが、ニューポートでは、トラディショナル・カントリー・ブルーズを演じさせられた。
同様に、イギリスでもアクースティックを使ったスタイルで公演して回ったのですね。
正しておかないといけないのは、バーとに影響を与えたのは、この評者がいうブラウニー・マギーじゃなくてブルーンジーだということです。
それらか、ブルーズやフォークに関してはアメリカからイギリスに対して影響が最初に与えられるわけだけど、それに反応して生まれたブリティッシュ・ビート・グループ、ブルーズ・バンド等がアメリカのポップ音楽を変え、バーズ等を生んだ。
バーズ等から派生したジェファーソン・エアプレーンへのイギリスからの回答がフェアポート・コンヴェンション。まあ、私の解釈ですが。
ペンタングルは、最も優れたブルーズ・ギター・ロック・バンドだったと時期があると思います。ちょうど、クリームとかってバンドがあったころの話。

エーと、何を書こうとしていたんだっけ。

ペンタングル解散以後のバートは、商業的には成功していません。アメリカで1970年代初頭に録音した数枚のアルバムは悪くないと思いますが、時代にはそぐわなかった。
近年、Black Swanという佳作を出しましたが、体調があまりよくないと聞いていたのに頑張っているようで、まずは、一安心ということかな。

ギタリストとしてはJohn Renbourneが数段上なのだと最近思います。でも、ISBのロビン・ウィリアムソンの連れだったって考えると、ね。
by nk24mdwst | 2010-12-17 18:07 | 音楽の本

rain rain pouring rain

昨日の晩は、Delaney & Bonnie を聞いていました。
Eddie Hinton が出てくる曲はないかなというくらいの気持ちだったのですけど。
しかし、ドラマーがJim Gordon に変わると同じ曲も雰囲気一変でありますね。寝不足になってしまいました。

家からCDの入った箱を一つ持ってきたのですが、中身をこちらで確かめてみると・・・

Tracy Nelson(Mother Earth を含む)、Dr. John, Davy Graham にRickey Nelson という具合で、全く整理されていないのに我ながら呆れました。

デイヴィ・グレアムは、Bert Jansch や John Renbourne のちょっと前の世代のイギリスのギター・プレイヤーというか、バートとジョンのお手本そのものですね。グレアムとジャンチは、一時期、険悪な関係だった時期があります。
ジャンチが盗んだとグレアムは思ったわけです。
まあ、当たらずとも遠からずでしょうが、根っこは同じでも個性はそれぞれにあるわけで。
端正な演奏振りはレンボーンに近く、ピッキング・スタイルやコードの使い方、ベンドはジャンチに影響を与えているですね。
今、聞こえているのは1963年のThe Guitar Player というアルバムです。

上手い人ですが、最近は、リズムとリードをあわせて控えめに弾く人が好みなので、ソロのグレアムより坂東に回っているときの方がいいと思いますね。
Wizz Jones といったブリティッシュ・フォーク・リヴァイヴァルの人たちとの関係もあるのですが、例によってAlexis Korner がフォーク・リヴァイヴァルとブルーズ・ブームの橋渡しをするというわけです。
そういえば、この年にYardbirds は、例のライブ・アルバムをやっているのですね。

ここで、例によって、話はうって変わり、税金の話に。

UBS関連の脱税で有罪答弁をした人物がまた新たに登場。
UBS Client Pleads Guilty To Tax Fraud
By LYNNLEY BROWNING
Published: April 12, 2010

A wealthy client of the Swiss bank UBS pleaded guilty on Monday to tax fraud, the ninth American caught up in an investigation of the bank’s offshore private banking services.
http://www.nytimes.com/2010/04/13/business/13tax.html
金持ち投資家が逃げ出したという割に、UBSは、この2年間で最大の利益を上げるよそうだと。
UBS Hopes Profit Will Lift Client Confidence
By JULIA WERDIGIER
Published: April 12, 2010

LONDON — UBS reported Monday that its pretax profit in the first quarter was “at least” $2.4 billion, the highest level in more than two years, after a recovery of its debt trading business.
http://www.nytimes.com/2010/04/13/business/global/13ubs.html
さて、4月15日は、アメリカの確定申告期限であります。

アメリカの所得税の確定申告について、歴史を遡って説明しているポストの記事。
EVER WONDERED: What tax day means?

Monday, April 12, 2010


Thursday, April 15, is tax day. It's the due date for your parents to send the national government paperwork detailing how much income tax they owe. Throughout the year, your parents pay an estimated tax to the government, normally taken out of their paychecks. But by April 15 your parents have to figure out if they paid too much in income taxes in 2009 and the government owes them money, or if they've paid too little and they owe the government.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/11/AR2010041103323.html

アメリカの所得税制は、複雑すぎるというわけですね。
Should the IRS Fill Out Our Tax Returns?
by Howard Gleckman on Thu 08 Apr 2010 05:03 PM EDT | Permanent Link

Terrific debate at a Tax Policy Center conference I moderated today on technology and tax filing. The crux of the argument: Should the IRS fill out your tax return for you?
http://taxvox.taxpolicycenter.org/blog/_archives/2010/4/8/4500561.html
アメリカの個人所得税の確定申告をする人の大多数は、給与所得と利子配当所得ないし不動産所得の合算程度のものなので、日本ならそれほど難しくないのですが、税法が複雑だから、どうなっているのか。
90%の納税者が、有料の申告書作成業者又は申告書作成ソフトを使っているというわけです。
特に、ソフト利用者が増加傾向にある。
問題は、低所得層も申告書を自分で作れないので有料の業者等に頼らざるを得ないことを解決しなければならないというわけです。

提案されているのは、北欧で一部導入されているように、IRSが入手したデータを元に申告書を作成し、納税者が確認するシステムの導入。もう一つが、Value Added Tax の導入。
公平論の問題を度外視してしまえば、所得税を廃止して、付加価値税にシフトしてしまえば納税者の数は事業者に限られることになるので圧倒的に少なくなるでしょうね。
H&Rブロックのための制度だという言い方も解らないでもないですけど、自分で申告することの意味というのは民主主義を標榜する租税国家である現代資本主義国家にとっては不可欠のことではないかと思いますが。

日本じゃ、サラリーマンは飼いならされた羊状態ですからね。

上記で引用しているのは、ブルッキングズ研究所とアーバン研究所のサイトのブログなのですが、このサイトにVATについて検討したリポートがあります。
Effects of Imposing a Value-Added Tax To Replace Payroll Taxes or Corporate Taxes

Joseph Rosenberg, Eric Toder

Abstract

This report examines the effects of imposing a new value added tax (VAT) in the United States and using the revenue raised to lower payroll tax and corporate income tax rates. We summarize how different forms of VAT operate and compare how a VAT, payroll tax, and corporate income treat different sources of income and the different ways each tax distort economic decision-making.
http://www.taxpolicycenter.org/publications/url.cfm?ID=412062
付加価値税を入れて、ペイロール・タックスと法人税を廃止することについて検討しています。
このページから報告書全文(PDF)も落とせます。
http://www.taxpolicycenter.org/UploadedPDF/412062_VAT.pdf
民主党系のシンク・タンクのリポートなのですが。
1986年にオールドマンたちが付加価値税導入についてレーガン政権下で検討し、費用対効果が悪いとしてその導入を見送っていますが、今の政権は、アメリカにVATを入れる可能性、無きにしも非ずです。
ただ、共和党は、絶対的に反対、全米納税者連盟なんかも反対。

アメリカの保守派は、とにかく新しい税、増税に関しては、とにかく反対なのですね。財政赤字は緊縮して無くせ。

赤字削減論について。
Editorial
A Wrong Way and a Right Way

Published: April 12, 2010

While Congress was on spring break the past two weeks, federal unemployment benefits expired for an estimated 200,000 jobless Americans. Each day, another 30,000 join the ranks of those who are both out of work and out of benefits. It did not have to come to this.
http://www.nytimes.com/2010/04/13/opinion/13tue1.html
富裕層増税論ではなくて、IRSによる建築業者等に対する課税強化をうたっていることですかね、このタイムズの論説の目玉は。
アメリカの現金取引業者に対する課税がまともに行われていないという認識は、正しいなどと私が言ってもいいのか。
当局だけが認識していることだと思いますが、日本にクロヨンといわれるほどの所得の脱漏はなく(中小零細事業者レベルにおいてという意味です)、アメリカには、それが存在するということですね。
番号なんて意味がないのです。アメリカの番号って結局、年末調整をするためのものだって言っちゃうと、政府税調も困るでしょうけど。

大統領チームの財政赤字見通しは、楽観的だと。
Obama team points to smaller deficit numbers

By David Cho
Washington Post Staff Writer
Tuesday, April 13, 2010

The federal deficit is running significantly lower than it did last year, with the budget gap for the first half of fiscal 2010 down 8 percent over the same period a year ago, senior Obama administration officials said Monday.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/12/AR2010041204364.html
新聞で税財政関係の記事を拾っている以上に、アメリカ国民の反税感情は高まっているようです。

それと、州政府以下の地方政府レベルでは、かなりドラスティックに増税と歳出削減(具体的には、人員カット、公共投資、特に教育と公共施設関連支出カット)をやっています。
増税も単に税率を上げるというのではたりずに、従来考えられないようなものに対して課税をしようとしています。

アメリカの地方財政について・・・か。
by nk24mdwst | 2010-04-13 17:50 | 租税法(アメリカ)

Sleep Dirt

Archibald MacLeishの詩です。

詩について書かれた詩って多いのです。

       Ars Poetica

A poem should be palpable and mute
As a globed fruit

Dumb
As old medallions to the thumb

Silent as the sleeve-worn stone
Of casement ledges where the moss has grown -

A poem should be wordless
As the flight of birds

A poem should be motionless in time
As the moon climbs

Leaving, as the moon releases
Twig by twig the night-entangled trees,

Leaving, as the moon behind the winter leaves,
Memory by memory the mind -

A poem should be motionless in time
As the moon climbs

A poem should be equal to:
Not true

For all the history of grief
An empty doorway and a maple leaf

For love
The leaning grasses and two lights above the sea -

A poem should not mean
But be


Marianne Mooreの詩の冒頭、詩なんか嫌い、だけどという一節と併せ読んでみるという事でしょうか。

Bert Jansch の1966年のソロ・デヴューを夕べ聞いてました。23歳くらいの録音ですね。
コンテンポラリー・フォークの歌手でギターの上手い人って感じです。昔、聞いたときと全く印象が異なっています。
タイムが余りよくない、歌が悪くない、ギターは、下手ではないが、抜群というほどではない。

トラッド風味は無く、ブルースと独特の白さ、上手く言えませんが。12弦でやってますが、Loe Kottke にはるかに及ばず。
けなしているようですが、35年以上、ジャンチのファンなのですが。

Pentangle になっての演奏を聞くとバート・ジャンチもしゃんとしてきますが、ヴォーカルが中心、音楽的なリーダー・シップはともかく、ギターは、John Renbourne が安定していてとても上手いのだと再確認しました。

止せばいいのに、Jim Gordon がたたいている演奏を聞き出したら、眠れなくなってしまいました。
by nk24mdwst | 2008-02-16 14:29 | Poetry

Strange Brew

本当なら、FZとオリジナル・マザーズに戻って、つまり振り出しに戻って出直しが必要だと思うのですが、聞こえてくるのはZombies・・・いいバンドです・・・ね。

Strange Brew: Eric Clapton and the British Blues Boom: 1965-1970 by Christopher Hjort (Author) という本があります。

取り上げられているのは、John Mayall & Bluesbreakers とその卒業生が中心となってできたグループの詳細なレコーディング、セッション、テレビやフェスティヴァル出演データです。
Graham Bond Organization などとはオミットされています。グレアム・ボンドなんてつまらないですけどね。

1965年2月にクラプトンがYardbirds を抜けブルーズブレーカーズに参加することを決意というところから、Derek & Dominos あたりまで押えています。この演奏では、ギターの人は余り上手くないですが、歌は一応破綻なく収めてます。バックは素晴らしい。
Johnny Cash とCarl Parkins が出てくると結構辛そうです。

ジョニー・キャッシュはアーカンソー出身ですが、このテレビ・ショーで、ECの変わりにDatona, Florida出身で毎年夏休みに Nashville へ子供の頃行っていた、肩まで髪を伸ばしたサザン・アクセントの火星人ギタリストがいたら面白かったのに。

バンドとすると、CreamPeter Green's Fleetwood Mac、Mick Taylor なんてあたりから始まるわけです。
Peter Green は、余裕たっぷりというか、わらってますね。こっちは18番なんですが。
Jeremy Spencerは持ち歌じゃないときはサボってますが、ここでは本気かな。

要するに、1970年のECがあの程度なのですよ。Peter Green 時代のFleetwood Mac の方がはるかに良いと。
もちろん、ドミノーズは、リズム・セクションが抜群ですからそれは別にしてという意味ですけれど。

ピーター・グリーンをギタリスト、シンガーとして私は評価してますが、Hard Road は、メイオールの歌声が我慢できなくて、終わりまで聞き続けられなかったりします。

1965年以後ということなので、当然、Jimi Hendrix もきちんと取り上げています。

1965年にシカゴではPaul Butterfield 、Michael Bloomfield あたりがwhite boys' blues 、それもエレクトリック・ブルースをやりだしているわけですが、なぜ、1965年ごろにそれが起こったかということは、つまり、アメリカとイギリスで起こったかということについては、この本を読んでもわかりません。

ニュー・ポート・フォーク・フェス、もっと言えば、アメリカにおけるフォーク・ブーム、それに触発されたように起こるブリティッシュ・フォーク・リヴァイヴァルを眺めないと駄目かなと思います。

1965年以前のベスト・ブリティッシュ・ブルース・ギタリストは、Bert Jansch とかTonny McPhee (クラプトンのブレーカーズの前任者)だったはずで、それは、その後も余り変わらないのではないかなと。
最近のトニー・マクフィーです。


あと、なぜか、サザン・カリフォルニアの砂漠の町の高校生だったFrank Zappa とDon Van Vliet は、1960年ごろにブルースにはまっているのですね。

昨日の晩は、Danny O'Keef なんて余り知らない人、名前は35年前から知ってますけど、聞いたのは初めてということなんですが、彼のデヴュー作を聞いてました。勝手に、なぜ買ったのかは忘れましたが、勝手に南部録音だと思っていたのですが、ロスの音だなと。確認したら、やっぱりハリウッドものですね。Clarence White のギターが聞こえるような気がしたのですが、再確認要ということです。

ダニー・オキーフのデヴューを買った理由は、Eddie Hinton がセッションに参加しているからだったと記憶しているわけです。だけど、聞いてみると、ハリウッドの音だったのですね。
ただ、冒頭の曲ともう一曲、マスル・ショールズ辺りのギターの音がするのも事実ですけど、セッション・データを見るとはっきりしない。
あと、スライド・ギターは聞いたことがある感じなんだけど。Jesse Ed Davis みたいなそうでないような。Ry Cooder やAllmannじゃないのは確か。クラレンス・ホワイトは恐らくそうだと思うのですが、スティール・ギターはおなじみさんかな。

*1月11日追記

Sneaky Pete Kleinow でしょうね、スティールは。Covered Wagon 、Bottle up and Go 2 の二曲は、Eddie Hinton,Jimmy Johnson, Barry Becket, David Hood, Roger Hawkins のマスル・ショールズ組がバックですね。
Sneaky Pete Kleinow のFlying Burrito Brothers 時代です。

変な声で変な歌詞で変なメロディの曲を歌う変なやつだなと。カントリー風味、ジャズ風味、サザン・ブルーズ風味+James TaylorとDylanの中途半端な折衷かな・・・
by nk24mdwst | 2008-01-10 19:03 | 音楽の本

RRA1998

Tax Procedure And Tax Fraud: In a Nutshell (Nutshell Series) by Camilla E. Watson は、the IRS Restructuring and Reform Act of 1998の改正内容まで盛り込んでいる本で、アメリカの現在の租税手続法関連の本ではもっとも情報が新しいものです。

Federal Tax Practice and Procedure: Cases, Materials, and Problems (American Casebook Series) (Hardcover)by Camilla E. Watson, Brookes, D., Jr. Billman , Brookes D. BILLMANは、ハード・カバーのケース・ブックです。Nutshell Series は、概要を知るには充分ですが、やはり、ケース・ブックは、具体例、判決文、評釈、質疑応答スタイルになっていて、重いことを除けば、字も大きいし、よいです。

Nutshellがエッセンスを全て網羅していることも再確認できますが、実務経験のある人にはケース・ブックの方がわかりやすいかなという気もします。
解釈論ではなくて事実認定に全て帰着するという言葉の重みを感じます。法文の概念規定は、個別の事案によってどのように理解されるべきか、また、一般化できるものと個別、特例的事案における議論の進め方等、非常に勉強になります。

日本的な、解釈論化事実認定論かという二元論でくくらない、実にプラグマティックなアメリカにおける訴訟実態に触れることができるのです。

Skydog: The Duane Allman Story by Billy F. Gibbons は、なかなかよく書けた本だと思いました。Eddie Hinton Duane Allman のかかわり等、興味深し。

Layla And Other Assorted Love Songs by Derek And the Dominoes (Rock of Ages) by Jan Reid の方は、はっきりいって買う必要のない本です。

Desperados: The Roots of Country Rock (Paperback) by John Einarson は、フォーク、フォーク・ロックからカントリー・ロックの誕生のあたりの状況がよくわかる本です。Amazon.Comの書評では、著者がカナダ人だからといってIan & Sylvia を取り上げている理由がわからんなんて書いてますが、逆に、Ian & Sylvia とカントリーの関係を再認識させてくれた本で私は、気に入っています。Ian and Sylvia and the Great Speckled Birdのギタリストが Amos Garrett というわけです。

ちょっとヴォリュームは増えますが、Hotel California: The True-Life Adventures of Crosby, Stills, Nash, Young, Mitchell, Taylor, Browne, Ronstadt, Geffen, the Eagles, and Their Many Friends (Paperback)
by Barney Hoskyns 
を続けて読むと60年代末のLAの状況がさらに理解できます。

さらにイギリスはどうだったかということになるとDazzling Stranger: Bert Jansch and the British Folk and Blues Revival (Paperback)by Colin Harper を読むとなるほどと。

イギリスとアメリカを結びつける糸を解きほぐしてくれるのが先に紹介したWhite Bicycle by Joe Boyd なのですね。

この先は、サザン・デルタ・ブルースへと進み・・・
by nk24mdwst | 2007-12-22 17:14 | 音楽