人気ブログランキング |

<   2010年 04月 ( 52 )   > この月の画像一覧

rain rain pouring rain

昨日の晩は、Delaney & Bonnie を聞いていました。
Eddie Hinton が出てくる曲はないかなというくらいの気持ちだったのですけど。
しかし、ドラマーがJim Gordon に変わると同じ曲も雰囲気一変でありますね。寝不足になってしまいました。

家からCDの入った箱を一つ持ってきたのですが、中身をこちらで確かめてみると・・・

Tracy Nelson(Mother Earth を含む)、Dr. John, Davy Graham にRickey Nelson という具合で、全く整理されていないのに我ながら呆れました。

デイヴィ・グレアムは、Bert Jansch や John Renbourne のちょっと前の世代のイギリスのギター・プレイヤーというか、バートとジョンのお手本そのものですね。グレアムとジャンチは、一時期、険悪な関係だった時期があります。
ジャンチが盗んだとグレアムは思ったわけです。
まあ、当たらずとも遠からずでしょうが、根っこは同じでも個性はそれぞれにあるわけで。
端正な演奏振りはレンボーンに近く、ピッキング・スタイルやコードの使い方、ベンドはジャンチに影響を与えているですね。
今、聞こえているのは1963年のThe Guitar Player というアルバムです。

上手い人ですが、最近は、リズムとリードをあわせて控えめに弾く人が好みなので、ソロのグレアムより坂東に回っているときの方がいいと思いますね。
Wizz Jones といったブリティッシュ・フォーク・リヴァイヴァルの人たちとの関係もあるのですが、例によってAlexis Korner がフォーク・リヴァイヴァルとブルーズ・ブームの橋渡しをするというわけです。
そういえば、この年にYardbirds は、例のライブ・アルバムをやっているのですね。

ここで、例によって、話はうって変わり、税金の話に。

UBS関連の脱税で有罪答弁をした人物がまた新たに登場。
UBS Client Pleads Guilty To Tax Fraud
By LYNNLEY BROWNING
Published: April 12, 2010

A wealthy client of the Swiss bank UBS pleaded guilty on Monday to tax fraud, the ninth American caught up in an investigation of the bank’s offshore private banking services.
http://www.nytimes.com/2010/04/13/business/13tax.html
金持ち投資家が逃げ出したという割に、UBSは、この2年間で最大の利益を上げるよそうだと。
UBS Hopes Profit Will Lift Client Confidence
By JULIA WERDIGIER
Published: April 12, 2010

LONDON — UBS reported Monday that its pretax profit in the first quarter was “at least” $2.4 billion, the highest level in more than two years, after a recovery of its debt trading business.
http://www.nytimes.com/2010/04/13/business/global/13ubs.html
さて、4月15日は、アメリカの確定申告期限であります。

アメリカの所得税の確定申告について、歴史を遡って説明しているポストの記事。
EVER WONDERED: What tax day means?

Monday, April 12, 2010


Thursday, April 15, is tax day. It's the due date for your parents to send the national government paperwork detailing how much income tax they owe. Throughout the year, your parents pay an estimated tax to the government, normally taken out of their paychecks. But by April 15 your parents have to figure out if they paid too much in income taxes in 2009 and the government owes them money, or if they've paid too little and they owe the government.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/11/AR2010041103323.html

アメリカの所得税制は、複雑すぎるというわけですね。
Should the IRS Fill Out Our Tax Returns?
by Howard Gleckman on Thu 08 Apr 2010 05:03 PM EDT | Permanent Link

Terrific debate at a Tax Policy Center conference I moderated today on technology and tax filing. The crux of the argument: Should the IRS fill out your tax return for you?
http://taxvox.taxpolicycenter.org/blog/_archives/2010/4/8/4500561.html
アメリカの個人所得税の確定申告をする人の大多数は、給与所得と利子配当所得ないし不動産所得の合算程度のものなので、日本ならそれほど難しくないのですが、税法が複雑だから、どうなっているのか。
90%の納税者が、有料の申告書作成業者又は申告書作成ソフトを使っているというわけです。
特に、ソフト利用者が増加傾向にある。
問題は、低所得層も申告書を自分で作れないので有料の業者等に頼らざるを得ないことを解決しなければならないというわけです。

提案されているのは、北欧で一部導入されているように、IRSが入手したデータを元に申告書を作成し、納税者が確認するシステムの導入。もう一つが、Value Added Tax の導入。
公平論の問題を度外視してしまえば、所得税を廃止して、付加価値税にシフトしてしまえば納税者の数は事業者に限られることになるので圧倒的に少なくなるでしょうね。
H&Rブロックのための制度だという言い方も解らないでもないですけど、自分で申告することの意味というのは民主主義を標榜する租税国家である現代資本主義国家にとっては不可欠のことではないかと思いますが。

日本じゃ、サラリーマンは飼いならされた羊状態ですからね。

上記で引用しているのは、ブルッキングズ研究所とアーバン研究所のサイトのブログなのですが、このサイトにVATについて検討したリポートがあります。
Effects of Imposing a Value-Added Tax To Replace Payroll Taxes or Corporate Taxes

Joseph Rosenberg, Eric Toder

Abstract

This report examines the effects of imposing a new value added tax (VAT) in the United States and using the revenue raised to lower payroll tax and corporate income tax rates. We summarize how different forms of VAT operate and compare how a VAT, payroll tax, and corporate income treat different sources of income and the different ways each tax distort economic decision-making.
http://www.taxpolicycenter.org/publications/url.cfm?ID=412062
付加価値税を入れて、ペイロール・タックスと法人税を廃止することについて検討しています。
このページから報告書全文(PDF)も落とせます。
http://www.taxpolicycenter.org/UploadedPDF/412062_VAT.pdf
民主党系のシンク・タンクのリポートなのですが。
1986年にオールドマンたちが付加価値税導入についてレーガン政権下で検討し、費用対効果が悪いとしてその導入を見送っていますが、今の政権は、アメリカにVATを入れる可能性、無きにしも非ずです。
ただ、共和党は、絶対的に反対、全米納税者連盟なんかも反対。

アメリカの保守派は、とにかく新しい税、増税に関しては、とにかく反対なのですね。財政赤字は緊縮して無くせ。

赤字削減論について。
Editorial
A Wrong Way and a Right Way

Published: April 12, 2010

While Congress was on spring break the past two weeks, federal unemployment benefits expired for an estimated 200,000 jobless Americans. Each day, another 30,000 join the ranks of those who are both out of work and out of benefits. It did not have to come to this.
http://www.nytimes.com/2010/04/13/opinion/13tue1.html
富裕層増税論ではなくて、IRSによる建築業者等に対する課税強化をうたっていることですかね、このタイムズの論説の目玉は。
アメリカの現金取引業者に対する課税がまともに行われていないという認識は、正しいなどと私が言ってもいいのか。
当局だけが認識していることだと思いますが、日本にクロヨンといわれるほどの所得の脱漏はなく(中小零細事業者レベルにおいてという意味です)、アメリカには、それが存在するということですね。
番号なんて意味がないのです。アメリカの番号って結局、年末調整をするためのものだって言っちゃうと、政府税調も困るでしょうけど。

大統領チームの財政赤字見通しは、楽観的だと。
Obama team points to smaller deficit numbers

By David Cho
Washington Post Staff Writer
Tuesday, April 13, 2010

The federal deficit is running significantly lower than it did last year, with the budget gap for the first half of fiscal 2010 down 8 percent over the same period a year ago, senior Obama administration officials said Monday.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/12/AR2010041204364.html
新聞で税財政関係の記事を拾っている以上に、アメリカ国民の反税感情は高まっているようです。

それと、州政府以下の地方政府レベルでは、かなりドラスティックに増税と歳出削減(具体的には、人員カット、公共投資、特に教育と公共施設関連支出カット)をやっています。
増税も単に税率を上げるというのではたりずに、従来考えられないようなものに対して課税をしようとしています。

アメリカの地方財政について・・・か。
by nk24mdwst | 2010-04-13 17:50 | 租税法(アメリカ)

oral history

本日も、雨、肌寒し。懐、なお寒し。

スタッズ・ターケルの本を読んでいて、そうかと思い当たりました。
John French のBeefheart は、ようするにDon Van Bliet というトリックスターに関するオーラル・ヒストリーなのだと。
フレンチ自身が重要な登場人物であるというところが変わっているともいえますけれど、逆に、フレンチ自身の伝記にもなっているといえるのかな。

IRSが大企業調査を重点的に行っているというのは本当か。
Tax Audits of Big Business Are Declining, Study Says
By DAVID KOCIENIEWSKI
Published: April 11, 2010

Despite the federal government’s repeated pledges to crack down on big businesses that underpay their taxes, the Internal Revenue Service has decreased in recent years the time it spends auditing the returns of the nation’s largest corporations, according to a new study.
http://www.nytimes.com/2010/04/12/business/12audit.html
http://www.nytimes.com/2010/04/12/business/12audit.html
IRS自身のデータでもトップ5%に対する調査が減少し、中規模以下の法人に対する調査が増えているわけですが、これは、基準年の特殊要因だとと当局は説明しています。
同様に、個人の高額所得の最上位に対する調査も減少しているようです。
この記事の元となったリポートは、こちら。
Despite Rising Deficits, IRS Audits of the
Largest and Richest Corporations Decline
Despite a growing federal deficit, IRS audit efforts aimed at the nation's largest corporations have precipitously declined in the last few years and now are at an all time low, according to the analysis of agency data by the Transactional Records Access Clearinghouse (TRAC).
http://trac.syr.edu/tracirs/newfindings/v15/
色々なところが、情報公開法等を利用してデータを分析して提示するというのは、行政機構、特に税務行政機構のようなシステムに対する適正な評価をするための絶対的な条件だと思います。

日本では、あいもかわらず、いい加減なクロヨン論議に終始しているわけで、国税当局自身がデータを公開していないし、情報公開に関しても非常に消極的ですから、検証の使用がないですね。

グリーンスパンが自分の判断の70%は正しかったけれど、30%は、誤りだったという証言に対して、タイタニックの船長がそんなことを言っていたらと。
No One Is to Blame for Anything

By FRANK RICH
Published: April 10, 2010

“I was right 70 percent of the time, but I was wrong 30 percent of the time,” said Alan Greenspan as he testified last week on Capitol Hill. Greenspan — a k a the Oracle during his 18-year-plus tenure as Fed chairman — could not have more vividly illustrated how and why geniuses of his stature were out to lunch while Wall Street imploded. No doubt he applied his full brain power to that 70-30 calculation. But the big picture eludes him. If the captain of the Titanic followed the Greenspan model, he could claim he was on course at least 70 percent of the time too.
http://www.nytimes.com/2010/04/11/opinion/11rich.html
グリーンスパンだけじゃなく、ルービンやバーナンキも含めて誰も何の責任がないなんて言い出したらどうなるのだと。
70%の確信で経済政策を進めるなんて馬鹿じゃないかという結論ですが、とにかく、世界経済が氷山にぶつかって沈没し、まだ浮上していないのは間違いないわけです。
ギリシャ財政危機は、そこをEUが手当できたら終わるのか、更なる深みへの入り口なのか。
European officials agree on loan terms for Greece

By Howard Schneider
Washington Post Staff Writer
Monday, April 12, 2010

European officials agreed Sunday to make as much as $40 billion in below-market-rate loans available to Greece, hoping to allay fears about a possible economic collapse in the country.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/11/AR2010041101156.html
雨の月曜というのは、気が重いですね。

桜も終わりだし。

月に一度の新聞が休みの日というのは、いまひとつ、一日のパタンが崩れる感じがします。ウェブでニュースが読めるから新聞は要らないということではないように思えます。
by nk24mdwst | 2010-04-12 14:54 | 租税法(アメリカ)

back iin here

日本の政府税調の議論です。
税制調査会 専門家委員会(第2回・3月26日開催)議事録【内閣府ホームページ】
http://www.cao.go.jp/zei-cho/senmon/pdf/sen2kaia.pdf

税制調査会 専門家委員会 納税環境整備小委員会(第4回・4月1日開催)議事要旨【内閣府ホームページ】
http://www.cao.go.jp/zei-cho/senmon/pdf/sennouzei4kaia.pdf
3月26日の税調専門家委員会の方は議事録が公開されていますが、後者の納税環境整備小委員会の方は要旨だけなので、誰が何を言っているかはわかりません。

ただ、共通メンバーの発言を見ているとおぼろげには、解ってこないでもないですが。

納税環境整備小委員会で、納税者権利憲章制定に対して反対の立場をとっているのが少なくとも中里氏だということくらいは想像がつきます。

日本の方は、資料とかを整理して、まとめたものをここにアップできたらいいなと考えています。まず、納税者権利憲章についてですね。
次いで、余力があれば、給付付き税額控除という順序でしょうか。

ところで、金子租税法は、第15版にして初めて納税者の権利憲章という言葉が登場しました。忠、納税者の権利とは何かというような問題について触れているのではなく、民主党の税制改正大綱に納税者権利憲章の制定を目指すという言葉があるということを引用しているだけです。

日本の代表的なというか一番良いとされている租税法の教科書に納税者の権利憲章という言葉は、単に引用として登場しただけで、それも、今年が初めてだというところに、日本の納税者権利論の位置づけが現れているんでしょう。

中里氏は当然、金子先生の弟子筋であるわけですが。
by nk24mdwst | 2010-04-11 13:39 | 租税法(日本)

tax day's coming

きょうは、北風が吹いて、桜の花びらも散り始めています。

アメリカでは、4月15日が、個人の確定申告期限です。延長届を出していれば、伸ばすことは可能ですが。
4月15日の真夜中の郵便局の駐車場はいっぱいになるのだと聞いたことがあります。e-file なら自宅でできますけどね。
ただ、通信障害等の不測の事態を考えたら、電子申告は、早めにしておく方が無難でしょうね。
ソフトに詳しくは無いのですが、e-file 用のソフトで作った申告書を紙でアウトプットして提出するというのは、恐らく日本で考えるほど簡単ではないと思います。
e-file は、必要データを送信するだけですから、日本のソフト用にそれを紙の申告書スタイルでアウトプットするような親切なものになっているのかどうか。アメリカの申告ソフトはなかなかウェブで入手するのは難しいですし。

還付が早いに越したことは無いわけです。
IRS has an online tool that makes tracking tax refunds easy
By Cameron Huddleston
Sunday, April 11, 2010

Yes, some of you probably filled out your forms when you received your W-2 and other documents to get your refund as soon as possible. But plenty of us wait until the last minute to file our tax returns.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/09/AR2010040906334.html
e-file の売りは、還付が早いことなんですよね。
しかし、還付が遅いとして、それが単なる事務上の処理の遅れなのか、申告書の検討がなされているのかどちらなのかという話があります。IRSは、自分の申告書がどの段階にあるのかがわかるシステムを作ったと。
佐川やヤマトのサービスみたいです。
紙で提出した人はIRSのサイトで確認しろ、e-file でやった人は、送信の3日後は、処理状況が知らされる。ぎりぎりに出した人は・・・・自分の口座を確認しろ。最後の落ちがよろしいかと。

日本でも、近年、還付が早くなりました。紙ベースで3月15日の夜に出した人にも既に還付通知が来ているようです。還付税額に対して、利子に相当する還付加算金が付加されて還付されるのですが、この金額が馬鹿にならないという指摘が会計検査院からあったので、還付の早期処理をしているように思えます。形式だけチェックして早く還付する。中身は、あとで検討ということでしょう。
アメリカも明らかにそういう感じですね。

昨年、アメリカでは、個人還付申告件数は、税額で3,000億ドル、人数で1億1,000人を超え、平均還付税額が2,753ドルだったそうです。強力な減税策をとり始めたせいですね。

というわけで誰も税金を払っていないという議論が出てくるわけです。
April 8, 2010, 5:09 pm
Lucky Ducky Redux

So the right is now apparently outraged at the fact that many Americans pay no income taxes — a true observation that is elided into the utterly untrue assertion that many Americans pay no taxes. (Almost everyone pays payroll taxes, everyone pays state and local sales taxes, etc.)
http://krugman.blogs.nytimes.com/2010/04/08/lucky-ducky-redux/
WSJなどの意見に反論しているクルーグマンです。
ペイロール・タックスはともかく、州売上税の類を納めているという言い方は経済学者独特の誤謬だと私は思いますけどね。
ただ、このWSJの意見もひどい。
The Non-Taxpaying Class
Those lucky duckies!

Monday, January 20, 2003 12:01 A.M. EST

(Editor's note: This editorial originally appeared in The Wall Street Journal, Nov. 20, 2002. Click here to read today's editorial "Lucky Duckies Again.")

The stars look to be in perfect alignment for tax relief. With a GOP majority in both houses of Congress, the Bush Administration is making eager and energetic noises, and the economy is in what Fed Chairman Greenspan calls a soft spot.
http://www.opinionjournal.com/extra/?id=110002937
所得税収の50%が所得上位10%により負担されているという議論です。
アメリカの所得税の累進性が現実にどれほどのものなのかについては、議論が残るところで、日本でも同様です。
その話は、脇に置くとしても、そもそも所得、ないし、富の偏在があるのではないかという事実を無視した議論ですね。

逆に大統領の方は、早く申告して早く還付を受け取り、減税を実感して欲しいと。
As tax day and elections loom, Obama touts tax cuts
Sat Apr 10, 2010 6:00am EDT

By Jeff Mason

WASHINGTON, April 10 (Reuters) - With a tax deadline approaching and congressional elections only months away, President Barack Obama used his weekly address on Saturday to remind Americans he had kept a promise to cut their taxes.
http://www.reuters.com/article/idUSN09114014
選挙を意識しているわけです。

Captain Beefheart を聞いています。70年代以後のビーフハートは、メロウだなって感じる私は、変ですね。
by nk24mdwst | 2010-04-11 13:33 | 租税法(アメリカ)

Cruising in the desert

FZ の新譜、中身も余り告知しないで買えといういつものやり方ですが、買う事にしました。

John French のBeefheart の本が詳細に、1950年代半ばから過ごしたカリフォルニアの砂漠の町での生活をMagic Band のメンバーやMothers のメンバー、その他周辺にいた人たちに聞き書きをしているので、それに触発されてということです。

ザッパ、マザーズのファンは、このジョン・フレンチ本を読む必要がありますね。
というよりは、買ってあげてくださいというところでしょうか。
正当な音楽的評価を受けることができなくて苦労している彼のためにも。

ジョン・フレンチのBeefheat という本ですが、膨大なインタヴューを下に構成されています。録音されたものを文字に起こすのは、大変な苦労です。外注したりしたらとてつもない金を取られたりします。
高い金を払ったものが言いかというと、事情を知らなかったり専門用語に詳しくなかったりするので、全面的に手を入れる必要が出てくるのですが。
今じゃ、音声入力を機械的にテキストにすることができるかと思いますが、あの口語スタイルでインタヴューの雰囲気まで出したものにするには、膨大なエネルギーと時間が要ります。
さらに、全体を時系列かつテーマに沿って並べ替え、さらにコメントを入れるというのは大変な仕事ですね。
Magic Band でのフレンチが果たした役割というか仕事と同じで、自分を背景に置きながら、大きなテーマ、つまりビーフハートを描くというスタイルですね。
ビーフハートが大きなテーマとして提示されているけれど、フレンチという人の本質がよくわかるところです。

普通の評伝だったら、書き手の文章の中にインタヴューが適当に挿入され、いつのインタヴューだと注記するのですが、逆にインタヴュー自体は、読み手に配慮して並べ替え、構成をよく考えてありますが、都合のいい部分だけを取り出すようなことをしていないのですね。
立派な創作作品になっていると思います。

フレンチがReal Zappa Book を引用しているのですが、全てきちんと注記しているのは、ZFTのせいもあるかもしれませんが、日本で税金関係の本を書いている人も見習うところが多いのではないでしょうか。

ハイ、こういう具合に飛躍するから誰もついてこられないのです。
by nk24mdwst | 2010-04-10 17:09 | 音楽

gettin' better or worse

移動すると、荷物を持つので普段の運動不足の付けが回ります。

Opera が、気に入って使っていたのですが、というか、使ってはいるのですが、今回のヴァージョン・アップで機能が増えた分、ちょっと重くなったようです。
PCとソフトの相性は、ここのPCごとに違うはずなので一概には言えないと思いますが。

Lunascape をヴァージョン・アップして使ってみようかと思っていますが。

ガーンジー島事件として知られる、租税訴訟があります。日本では、最高裁で納税者が勝ちました。
争点は、ガーンジーの法人税が日本で外国税額控除の対象となる外国法人税に該当するかという点だったのですが。納税者の主張は、認められましたが、ガーンジーがタックス・ヘイブンとして機能するその税制が変わったのですね。で、ファンドが逃げ出しているというロイターの報道。
Hedge fund firm Bluecrest moves HQ to Guernsey
Fri Apr 9, 2010 8:11am EDT

By Laurence Fletcher

LONDON, April 9 (Reuters) - BlueCrest Capital, one of Europe's biggest hedge fund firms, has moved its headquarters to Guernsey as the freewheeling industry changes where it is based in order to avoid tax rises. The firm, which runs $15.5 billion in assets and which recently opened a trading office in Geneva, has moved two partners to Guernsey and plans to recruit several more staff there, although it doesn't plan to move any traders there, it said in a letter to clients obtained by Reuters.
http://www.reuters.com/article/idUSLDE6380GO20100409
ガーンジーに本店をおく法人が、ガーンジーの税務当局の法人税率について選択できるという制度があったのですね。
by nk24mdwst | 2010-04-10 16:46 | 租税法(アメリカ)

greasy and dirty

FZ の新譜が出るようです。

GREASY LOVE SONGS の購入予約をしろと。

Cruise with Ruben & The Jets の拡大版のようです。

MOFOとかLumpy Money のような感じのものだと匂わせています。

マルコム・マクラレンという人は、守備範囲外の人ですが、亡くなったのですね。
Malcolm McLaren Succumbs...

8:12 PM GMT 08/04/2010

Malcolm McLaren, the man who - if his own outlandish publicity is to be believed - birthed punk as a cultural force during his tenure as the manager of the Sex Pistols has died at the age of 64. The punk svengali had been diagnosed with cancer which finally claimed his life on Thursday April 8, 2010, in Switzerland.
http://www.mojo4music.com/blog/2010/04/malcolm_mclaren_rip.html
個人的な感想は、やっぱりスイスに住むんだな、金持ちは、ですが。
ニューヨーク・ドールズのマネジメントもしてたんだと知りました。

BBCニュースは、かなり大きめに採り上げています。
John Lydonの歌う姿が出ていて、若いなと。

Chris Spedding を聞きたくなりました。
by nk24mdwst | 2010-04-09 20:24 | 音楽

version up and down

オペラがヴァージョン・アップして使い勝手が上がったようなのですが、まだ、いまひとつ慣れません。
慣れに勝るものは、無いので、下手にヴァージョン・アップなんかしない方がいいのですよね。人間としての私は、いつまでたってもヴァージョン・アップせず、最近は、年のせいで、性能が落ちる一方。

この手のアトランダムな勝手なメモを作っている人間の思考回路なんて、他人には理解できないというか、そもそも、まともじゃないのでしょう。

UBSをめぐる脱税事件について、ロイターのスペシャル・リポートです。
Special Report: How the U.S. cracked open secret vaults at UBS

Lisa Jucca
ZURICH
Fri Apr 9, 2010 6:12am EDT

ZURICH (Reuters)- After the collapse of Lehman Brothers in September 2008, Switzerland's largest bank was teetering. UBS, which was more than three times bigger than Lehman in terms of assets, had to write down some $50 billion during that tumultuous period.
http://www.reuters.com/article/domesticNews/idUSTRE6380UA20100409
リーマン・ブラザーズの3倍の規模があったUBSは、500億ドル余りの損失を蒙った。
宴の果てかというわけで、スイス政府は、UBSに対する救済をおこなったのです。
そのUBSへの税金投入による救済が実行されたあとの某日、UBS とスイスの規制当局者がニューヨークに秘密裏に召喚されたというところから記事は、始まり、一連の事件の経過がまとめられています。
連邦司法省が以前から収集していた情報を突きつけ、情報開示を迫ったということですね。

ID泥棒の話。
Identity Thieves Infiltrated Tax Office in Bronx, a Suit Says
By ANDY NEWMAN
Published: April 8, 2010

Last year, Kevin Johns, a construction worker in the Bronx, did his taxes at the H&R Block store on Riverdale Avenue that he had used for the past 20 years or so. The next day, though, he got a call from the tax preparer: his return was rejected because he had already filed. Or at least, someone had filed in his name. That someone helped himself or herself to a $8,499 refund.
http://www.nytimes.com/2010/04/09/nyregion/09hrblock.html
還付申告をしようと思ってH&Rブロックへ行って申告したら、申告を受け付けてもらえなかった。別人が、IDを盗んで既に申告していたという話。

ギリシャの財政危機は、ギリシャが債務不履行となる道へまっしぐらだと。
Learning From Greece

By PAUL KRUGMAN
Published: April 8, 2010

The debt crisis in Greece is approaching the point of no return. As prospects for a rescue plan seem to be fading, largely thanks to German obduracy, nervous investors have driven interest rates on Greek government bonds sky-high, sharply raising the country’s borrowing costs. This will push Greece even deeper into debt, further undermining confidence. At this point it’s hard to see how the nation can escape from this death spiral into default.
http://www.nytimes.com/2010/04/09/opinion/09krugman.html
日本は、どうなるんでしょう。

のんびり、音楽聞きながら、読書でもするというのが、一番ですね。
by nk24mdwst | 2010-04-09 20:19 | 租税法(アメリカ)

who's singing

出張った先の方が気温が低いので、びっくり。

120万人も申告書作成代理業者がいて野放しだったわけです。
IRS registration of tax-return preparers is long overdue

By Michelle Singletary
Thursday, April 8, 2010

The Internal Revenue Service has issued proposed guidelines in an effort to keep track of the estimated 1.2 million paid tax-return preparers.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/07/AR2010040704547.html
色々不正があるということで、IRSもいよいよ規制に乗り出すということです。
当然ですね。

FEDが警告。
Federal Reserve Chairman Ben Bernanke sounds a warning on growing deficit

By Neil Irwin and Lori Montgomery
Washington Post Staff Writer
Thursday, April 8, 2010

Federal Reserve Chairman Ben S. Bernanke warned Wednesday that Americans may have to accept higher taxes or changes in cherished entitlements such as Medicare and Social Security if the nation is to avoid staggering budget deficits that threaten to choke off economic growth.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/07/AR2010040703116.html
財政赤字を消すための方法は限定されているのですね。
by nk24mdwst | 2010-04-09 16:48 | 租税法(アメリカ)

tired

サクラ、満開。

お腹が空いたし、疲れました。

今日は、Little Feat を聞いております。

Goldwax から出ている、Spencer Wiggins のアルバムの中でDuane Allman がプレイしているのじゃないかと、メールで詳しい人に尋ねてみたのです。
返事が来たのです。

先方の意見は、違うんじゃないかと。音が違うし、プレイが単純すぎる。
そう言われりゃ、そうかなという気にもなります。

G-mail を使うと便利だということも解りました。

昨日の晩は・・・忘れました。
by nk24mdwst | 2010-04-08 18:53 | 音楽