2009年 12月 26日 ( 1 )

the present from j sierra

今日は、南風が吹いていて、雨が降っています。

昨日、Sierra Records からクリスマス・プレゼントじゃないですが、Skip Battin のTopanga Skyline が届きました。
2010, Sierra Records とクレジットされているんですが。
一応、予約していたので、送料込み15ドルです。
円高の進行を考えると、17.5ドル+送料に今のレートとどちらが安かったのかはわかりません。

こんなこと初めてですが、簡単に紹介。
このアルバムは、1973年7月13-20日に録音され、お蔵入りになったものが本体です。これに、80年代にスキップがイタリアのレーベルから出した二枚のアルバムから2曲、さらに、おまけで1965年のテレビの映像のDVD(リップシンクですが)というものです。

バッティン以外のメンバーは、Chris Ethridge, Bob Beeman, Herb Pedersen, Byron Berline, Alan Munde, Roland White, Mike Boden, Al Perkins プラス・アルファです。

Gene Parsons のKindling, Coutry Gouzette のDon't Give Up Your Day Job, Gram Parsons のSleeples Nights それに未完に終わったClarence White のソロ・アルバムと5枚がセットで出される予定だったのだそうです。
このメンバーでツアーをする準備もされいたようですが、GP とクラレンスが亡くなったので、それも無くなったと。

昔、デイヴ・マーシュが、スキップの書く曲は、Byrds 向きじゃないなんてこき下ろしていました。たしかに、デヴュー当時のきちんとプロデュースされたというか、プロのプロジェクトとしてのバーズのラインからは完全に離れていますがね。

クリス・ヒルマンによると、Dr Byrds 以後のバーズでは、ロイヤリティ・メンバーはRoger McGuinn だけだったという話です。
ただ、逆に、マギン以外の連中が好きにやっていたように聞こえないでもないです。
最近、この時期のバーズが悪くないと思っている次第で。

ワーナーが没にしたものも含めて1973年のシリーズは、全部そろったような感じですね。

クラレンス・ホワイトはこのアルバムのリハーサルにはずっと参加していたということです。まあ、当然でしょうね。ただ、7月15日に亡くなっちゃったので、この完成品にはクレジットがないわけです。

GPのボックスにも期待しましょうかね。

アルバムの中身について触れてない?マーシュじゃないですが、スキップの曲や歌が好みかどうかって話がありますけど、バーズ時代よりはるかにカントリーよりですね。

夕べは、Cold Blood を聞いていました。デヴュー・アルバムと二作目では、やっている連中が違いますね。

1969年と1971年では、録音環境が違ってくるのでしょう。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-12-26 11:25 | 音楽