人気ブログランキング |

2009年 11月 16日 ( 1 )

falling down

街路樹もすっかり色づいてきました。

山麓の紅葉は、もう盛りを過ぎましたね。

Johnny Darrell などという売れなかったカントリー・シンガーのベスト・アルバムを聞いています。
カントリー・チャートでは、何度かトップ10を出しているようですが。
Green Green Glass Of Home なんて曲から始まるのですが、トム・ジョーンズがヒットさせる前だったので誰も知らない歌だったのだそうです。

60年代後半、カリフォルニアに移って、元Hearts and Flowers のLarry Murray がプロデュースしたCalifornia Stop-Over の全曲が入っています。
バックにはClarence White がいて、Jackson Brown の曲もやっているし、Willin' までやってます。

いま、聞くと普通ですが、Lowell George からJohnny Cash の歌まで並べているというのは、必ずしも当時のカントリー市場では受け入れられなかったようですね。

まあ、Sierra Records から入手したというわけで、物好きなバーズ・ファン向きでしょうか。
35年前の私だったら聞かなかったでしょう。しかし、12弦ギター抱えたカントリー・シンガーというと・・・

マイク・ネズミスもやっぱり、悪くないですね。ベースとドラムがうまい。

UBSが開示したデータはほんの少しなんじゃないかと。
UBS to hand over small amount of data - report

Sat Nov 14, 2009 11:48am EST

CHICAGO/ZURICH, Nov 14 (Reuters) - Swiss bank UBS (UBSN.VX) may hand over only a small amount of bank data as part of a U.S. settlement because the Internal Revenue Service has succeeded in cracking down on tax evaders, a radio station reported.
http://www.reuters.com/article/regulatoryNewsFinancialServicesAndRealEstate/idUSLE16175120091114?sp=true
結局、一番割を食ったのはUBSだったりして。

昨日は、ずっとDead を聞いていました。

なんだか、底冷えがしてきました。ここは、暖房が効かないのかな。
きのう、風が凄かったし。

ウォークマンの中身を入れ替えて、Derek & the Dominos などというものを聞いています。やっぱり、ジム・ゴードンはよいです。クラプトンってオクターヴ奏法できない?!

Hittin' the Note をのぞくと、やっと、今年のビーコン・シアター・ライブの販売が始まっていますね。
デッドのPhill Lesh とBob Weir がゲストで出ているやつがあって、少し興味ありですが。
マイク・ネズミスのアルバムでたたいているのも、ゴードンが大半じゃないかな。ハルかなと思うものもありますが。

フィルモア・ライブを聞いているのですが、このアルバムを車でなんとなく聞いていて、ジム・ゴードンというのが只者でないのに気がついたのですね。山麓をぶっ飛ばしているときに気がついたのでした。

Wazoo もどこかにいっちゃっているので、探さないと。ザッパとゴードンは相性がよくないと思いますけど。

Steely Dan は、まあ、あんまり得手ではないのですが、フェイガン曰く、「ジム・ゴードンは、自分たちの世代のハル・ブレインなのだ」そうです。そりゃ、そうだわな。
この連中のアルバムは録音が良かったので、LPは全部持ってましたが。

リハーサルでは、Jeff Porcaro がやっていて、本番はジム・ゴードンというのが基本パタンだったようです。

いわゆる、オーディオ・ブームという流行病に私も罹患したことがあるのですね。そうすると、ロックで録音のよいものというのはかなり限られていて、などと知った風なことをいいますが。

友人が、JBLのパラゴンなどというものを持っていて、この10数年来、管球アンプで鳴らしているのですが、二人でいつも思うのは、タンノイのアーデンの方がはるかによい音がするということですね。パラゴンは大きな蓄音機というか、ラジオのような音がするわけです。
最近、思うのですが、フィル・スペクターのモノラル録音なんかをかけるといいんだろうなって。
高音が繊細とか、低音が鳴り響くというよりは厚い中音の広がりを楽しむスピーカーですね。モノラル向きで、指向性や解像度なんてものをまったく目指していないわけです。

まあ、MP3の時代では、恐竜でしょうね。
我が家にあるジム・ゴードンの一番古いと思われる写真はエヴァリーズのバックでやっているステージ写真ですかね。
by nk24mdwst | 2009-11-16 16:38 | 音楽