人気ブログランキング |

2009年 08月 18日 ( 1 )

who collects taxes?

きょうも、晴れていますが、30度ほどですね。

日本でも一部税金納付がコンビニ等で、できるようになりました。これを、カードで支払うというような議論は存在します。
かの国においては、それが既に存在しているわけです。

地方税だというところが注意すべき点ですね。
Tax Bills Put Pressure on Struggling Homeowners

By JACK HEALY
Published: August 17, 2009

Hard times are causing more homeowners to fall behind on their property taxes. But in thousands of cases, they are not responsible to their local governments, but to private companies that charge double-digit interest and thousands of dollars in service fees.
http://www.nytimes.com/2009/08/18/business/18taxes.html
住宅バブルははじけ、不況の所為で前より所得の低くなった人にとって、固定資産税を納付するのは大変で、延滞が起きているというところまでは、想像がつくのですが、問題はその先です。

アメリカでも不動産に係る固定資産税は、基本的に地方税なのですね。州税、ないし市税であるわけです。
日本でもそうですが、地方政府レベルにおいては租税の徴収に避ける人員、あるいは、そのノウハウにかけるというのが実情です。
アメリカの地方政府は、住民の租税債権をひとまとめにして、回収を専門とする金融関連業者に売るのですね。その時点で、地方政府には、税収が入る。

租税債権を競り落とした回収会社が高利で取り立てるという構図ですね。
民営化の行き着く先というか。

民間では、既に商業手形の発行に代えてファクタリングという手法で、営業債権の譲渡が日常的に行われています。法的に、国税とか地方税債権も債権といえば債権ですが、それを民間に簡単に譲渡できるのかどうかという問題があるように思えます。

アメリカは401Kの年金にしたのはいいけれど、株式市場の暴落で年金が吹き飛んだ人たちがかなりいます。

夕べは、FZのStudio Tan、Sleep Dirt を聞いていました。80年代のザッパの歌は歌詞の時事性が強いので歌は陳腐化したというか、歴史上の出来事を歌っているように聞こえます。
最近の好みは、ブルーグラスとザッパのオーケストラ作品。ザッパとかビーフハートは、一つ聞き出すと切がなくなるのです。

ABBのオフィシャル・サイトのHittin' The Note を確認してみると2009年のABBのライブ・シリーズCDは、まだ出ていないようです。5月といっていたのが6月になり、今は、9月中に出るかどうかって。
不況の影響なんでしょうかね。予約が足りないんでしょう。フロリダを中心に南部諸州は、極端に景況が悪いですからね。
by nk24mdwst | 2009-08-18 15:26 | 租税法(アメリカ)