人気ブログランキング |

2009年 05月 07日 ( 2 )

so and so

ちょっとだけメモしておかないと、なんだか置いていかれそうな気がして。

不景気に法人所得税を上げるって難だとNYTimes の社説。
Editorial

Published: May 4, 2009

There is something wrong with a system where some of the largest and most profitable companies contribute a pittance to the Treasury. And President Obama was right to call attention to the problem when he proposed corporate tax increases on Monday. The administration noted that in 2004, the latest year for which data were available, American multinational corporations paid about $16 billion on $700 billion in foreign earnings, an effective tax rate of about 2.3 percent.
http://www.nytimes.com/2009/05/05/opinion/05tue1.html
クライスラーとGMが潰れるときにというわけです。

多国籍企業と富裕層が利用しているタックス・ヘイブンに対する課税強化策。
Obama Calls for Curbs on Offshore Tax Havens

By JACKIE CALMES and EDMUND L. ANDREWS
Published: May 4, 2009

WASHINGTON — President Obama on Monday called for curbing offshore tax havens and corporate tax breaks to collect billions of dollars more from multinational companies and wealthy individuals.
http://www.nytimes.com/2009/05/05/business/05tax.html
課税強化だというものの、こんな意見も。
Obama Plan Leaves One Path to Lower Taxes Wide Open

By LYNNLEY BROWNING
Published: May 4, 2009

The Obama administration’s plan to restrict or shut down several widely used tax loopholes takes away many — but not all — of the sophisticated tax moves commonly used in corporate America.

The most widely used tactic not covered by the plan is known as transfer pricing, which multinational corporations employ routinely to reduce the taxes they owe to the United States by keeping their profits offshore in low-tax or no-tax havens.
http://www.nytimes.com/2009/05/05/business/05shelter.html
移転価格税制といった技術的なところが抜けていたら駄目ですね。

アメリカもデフレ・スパイラル?
Falling Wage Syndrome

By PAUL KRUGMAN
Published: May 3, 2009

Wages are falling all across America.

Some of the wage cuts, like the givebacks by Chrysler workers, are the price of federal aid. Others, like the tentative agreement on a salary cut here at The Times, are the result of discussions between employers and their union employees. Still others reflect the brute fact of a weak labor market: workers don’t dare protest when their wages are cut, because they don’t think they can find other jobs.
http://www.nytimes.com/2009/05/04/opinion/04krugman.html
この文章の最後でクルーグマンは、アメリカの大統領とその経済チームは、アメリカ経済が断崖から転げ落ちるのは、かろうじて食い止めたけれど、先の日本の二の舞になると。
by nk24mdwst | 2009-05-07 14:09 | 租税法(アメリカ)

don't start it

きょうも、あめですね。雨の日の移動は、嫌いです。

あまり寝ていないので、頭はボーっとしています。
宿題Aがあるので、宿題Bのためと自分で勝手に理由付けをしていたアメリカの税制改革の話を追いかけて、貼り付けるのをやめていました。

例によって例のごとく、宿題Aはできあがらず、宿題Bと同じときが期限、さて、どうやって折り合いをつけたものやら。

昨日12時間ほど、議論したら、さすがに頭が働きませんね。

Pentangle のThere Is A Season を聞いていて、いろいろ思うところあったのですが。

音楽は、とにかく、あまりいろいろ思いがあちこちに広がらないものを聞いているのです。

日常が戻ってきますが、うんざりです。年金もらえるまで働かないといけないのでしょうが、国民年金だけでどうやって食って行けというんでしょうね。

蓄えないし、借金はまだあるし。

年金もらいながら仕事続けないといけない、はい、分かりました。
でも、今の仕事は、まじめにやろうと思うと、あと10年もできるのかどうか自信がないですね。
まして、年金受給年齢、65歳ですけど、その年にやってもできるものなんでしょうかね。

所詮、経済がよいときのコバンザメ稼業。社会が沈没したら、要らなくなりますね。
装置産業だし、労働集約的だし、資本的支出、毎年の変化に対応という仕入れの継続、いやになります。。

コバンザメから見るとくじらの、ぶら下がっている相手の方が生存競争を域のけるのやら。

日本の給与所得者はその大多数は大手上場企業ではなく、中小零細企業にいるのに、この人たちの危機感のなさ、権利意識の主張にはちょっとね。
権利は主張すべきところで主張しない。正確には主張すべきところで主張する機会をそもそも剥奪されているということが問題なんでしょう。

愚痴ばかり。
by nk24mdwst | 2009-05-07 08:00 | その他