人気ブログランキング |

2009年 04月 30日 ( 1 )

trouble no mo'

今日も、晴天、空気冷たし、です。

世間は、連休なのだそうで町は静かですが、私はカレンダーどおりの毎日です。昔の職人さんか?!
近所の大手メーカーの工場は、18連休なのだそうで、昨年の今頃とは様変わり。

昨年の今頃、2年先まで受注残があるといっていた上場工作機械メーカーは、本社工場を閉めちゃって生産施設を統合するのだと。

PCの調子が悪いというのは、ストレスですね。今、これを書いているデスク・トップは5年目になりますが、先週、連続してクラッシュしました。一応、メモリー1ギガ、HD300ギガなのですが、色々アプリがヴァージョン・アップしたり、新たに突っ込んだのがいけなかったのでしょう。
音楽、画像データの処理をせず、文書作成等の処理だけをすることにしました。

引越しを控えているので無駄な出費は避けたいし、新たなものは値段に関わらず購入を先延ばしにしたいところです。引越しというと聞こえは良いですが、強制的に追い立てを食らっているというべきですけど。

二枚先の田んぼは、道の工事が行われていて。

しかし、税金を使って新たに物を作り需要創出とは言うものの、その後の維持費、経済効果を考えないのですね。人口が減っている県で新たな需要なんて生まれるはずがないです。
交通需要が増えないのに新たな方式の交通機能を設けると、既に赤字すれすれの既存の交通機関ともどもみんな収支が合わなくなるだけなのですが。

CDは既に、倉庫というか別の場所に移してしまったので、PCないしウォークマンにある音源しか聞けません。
最後に、音源を取り込んだのが、2007年12月の終わりなので・・・。
まあ、こんなことになるとは思いませんでしたし。

自宅のセットはレコードを聞こうにもプリメインが死んじゃっているので、これも駄目です。中古のマッキントッシュで購入してから12年も経っていますから。修理するか、何か買い換えるか。テレビはテレビで夜のシーンは、本当に真っ暗で何も見えないのですね。

電化製品は寿命があるのはわかりますが、肝心の私の頭と身体のほうも耐用年数切れのようで、ここと言うときの瞬発力がなくなっています。もともと持久走型ではなくて、こっそり裏道を抜けてゴール前でダッシュするというタイプなのですが、裏道をかぎつける鼻も鈍ってしまい。

ウォークマンはアルファベット・オーダーで聞くのは全曲終わったので、今度はアルファベット・オーダーで、アーティストごとに聞くことにしました。ライブのメドレーの途中でちょん切られることがなくなるので精神衛生上はこちらの方がよろしいですね。

ウォークマン付属のソフトが勝手にヴァージョン・アップされて、以前PCで取り込んだ曲がファイルが見つかりませんなんて表示されるとソニーに馬鹿っていいたくなります。最初からMP3にしてしまえばよいのですが、一応ソニー独自規格のATRACは、ビット・レートの割りに音がよいのです。
ソニックステージだけのときでも決して軽いソフトではなかったんですが、ウォークマン専用のコネクトプレーヤーと一体化してからは、とんでもなく重たくなりました。

と言うわけで、今日は、Adrian Belew から始まるというわけです。

夕べ、Spirit の二作目を聞いていましたがドラムが下手でした。なぜか、納得してしまい、寝ました。

いつの日か、手元のLPをディスクに取り込もうと思っているのですが。2年ほどやっていません。

消費税率(附加価値税率)の引下げというのは、府中か的な景気刺激策なのだと個人的には考えますね。だって、輸出が止まっているんだからこくな消費を喚起するしかないわけです。フランスがレストランでの飲食に対する税率を引き下げるようです。
France to Lower Tax to Entice Diners to Restaurants

By MATTHEW SALTMARSH
Published: April 28, 2009

PARIS — The French government is offering some good news for tourists and beleaguered consumers in France: The price of dining out is expected to go down soon.

The value added tax, which is applied on a range of items in restaurants, will be reduced to 5.5 percent from 19.6 percent, beginning July 1, the office of President Nicolas Sarkozy said Tuesday.
http://www.nytimes.com/2009/04/29/business/global/29resto.html
19.6%を5.5%にすると言うことです。

さて、日本は、5%だよ、どこをどう下げるのか。まあ、下げるなんて話にはならないでしょうが、考え方としては、一部の課税対象取引に関して、軽減税率(例えば3%)、ないし、ゼロ税率を設けるというのが一つ。
もう一つは、全部まとめて3%に戻してしまう。

地方消費税があるのでちょっと計算が面倒くさいですが。国税の消費税が現在4%ですから、これを2%にして、地方消費税は2%×25%なので0.5%にする。つまり合計で2.5%にしてしまう。

まあ、所得税等改正法の附則104条で将来の税率引上げまで謳っている訳ですけど。

ただ、アメリカでは連邦レベルでは大きな減税を行っていますが、州等の地方政府レベルでは、Sales Taxの引上げラッシュ、ニュー・ヨークは州個人所得税の大幅な引上げを提案しています。

いずれにしろ、地球以外に輸出して景気回復というわけにはいかないわけですからね。
by nk24mdwst | 2009-04-30 09:59 | 租税法(日本)