人気ブログランキング |

2008年 05月 20日 ( 1 )

eddie was shy

Edgar Lee Masters の詩集 Spoon River Anthology から詩を紹介します。


       Ida Chicken

After I had attended lectures
At our Chautauqua, and studied French
For twenty years, committing the grammar
Almost by heart,
I thought I’d take a trip to Paris
To give my culture a final polish.
So I went to Peoria for a passport—
(Thomas Rhodes was on the train that morning.)
And there the clerk of the district Court
Made me swear to support and defend
The constitution—yes, even me—
Who couldn’t defend or support it at all!
And what do you think? That very morning
The Federal Judge, in the very next room
To the room where I took the oath,
Decided the constitution
Exempted Rhodes from paying taxes
For the water works of Spoon River!

この詩の主人公は、ピオリアまでおそらく列車で行って連邦地方裁判所の書記官から、自分の税金をめぐる裁判で援助をしてくれると言われたのですね。しかし、裁判には何の役にも立たなかった。

この詩集の重要な登場人物の一人であるThomas Rhodes もその朝、列車に乗っていたのです。そして、トーマス・ローズに関しては、税金が免除される決定が下されたということに憤っている心情が吐露されているわけです。

ローズは銀行その他の事業を町で行っていた人物ですが、彼の銀行は、南北戦争後の景気変動の中で破綻しています。

このトーマス・ローズをテーマにした詩があります。

       Thomas Rhodes

Very well, you liberals,
And navigators into realms intellectual,
You sailors through heights imaginative,
Blown about by erratic currents, tumbling into air pockets,
You Margaret Fuller Slacks, Petits,
And Tennessee Claflin Shopes--
You tound with all your boasted wisdom
How hard at the last it is
To keep the soul from splitting into cellular atoms.
While we, seekers of earth's treasures
Getters and hoarders of gold,
Are self-contained, compact, harmonized,
Even to the end.

もっと悲惨な話が題材の詩です。

      Felix Schmidt

It was only a little house of two rooms --
Almost like a child's play-house --
With scarce five acres of ground around it;
And I had so many children to feed
And school and clothe, and a wife who was sick
From bearing children.
One day lawyer Whitney came along
And proved to me that Christian Dallman,
Who owned three thousand acres of land,
Had bought the eighty that adjoined me
In eighteen hundred and seventy-one
For eleven dollars, at a sale for taxes,
While my father lay in his mortal illness.
So the quarrel arose and I went to law.
But when we came to the proof,
A survey of the land showed clear as day
That Dallman's tax deed covered my ground
And my little house of two rooms.
It served me right for stirring him up.
I lost my case and lost my place.
I left the court room and went to work
As Christian Dallman's tenant.

Felix Schmidt の方は、悲惨な話ですね。地主が税金を滞納し差し押さえられた。Christian Dallmanが地主ですね。
差し押さえられた土地の上に家を建てて住んでいたシュミット氏は、立ち退きを命ぜられ、裁判に訴えたものの負けたという話です。

日本でいえば、土地建物等の不動産は、例えば相続税の物納財産に該当します。
借地権を認め、底地相当分だけ物納するとか、貸家及び貸家建付け地として借家人が住んだまま物納することも可能ではありますが。
原則、更地にしろといわれることが多いですね。

夕べは、The Hearts & Flowers のを聞いていました。Sundazed から出ている、1967,68年の二枚のアルバム+未発表曲集です。
ハーツ・アンド・フラワーズは、ジョージア生まれのLarry Murray にハワイでフォーク・デュオをやっていたDave Dawson, Rick Cunha のトリオです。
ちょっと手元に資料がないのでなんですが、60年代後半からロック関係の写真で有名になるもとModern Folk Quartet の Henry Diltz もその頃ハワイのサーファーから足を洗った頃で、彼がこの三人を引き合わせたというような話だったと記憶しています。

ラリー・マレーは、ブルー・グラス・グループの the Scottsville Squirrel Barkers にいたのですが、このバンドにはChris Hillman、Bernie Leadon もいたりしたわけです。
レドンは、リック・クーニャが抜けた二枚目のアルバムに参加しています。

Linda Ronstadt の歌声が聞こえる曲が一曲あるのに、気づきました。

1966,67年ごろのロスの雰囲気そのままのバンドで、フォーク、カントリー、ロック、ポップがミックスされているというわけで、同時期のthe Byrds, the Stone Poneys, the Dillards のようなサウンドといってしまえばそれまでなのですけれど。
売れないはずで、セールス・ポイントが無い、弱い。

商品としてのカントリー・ロック登場前のバンドなので、カントリー・ロックでは売れない。カントリー・フレイヴァーの強いフォークないしフォーク・ロックというような曖昧な感じがするのも事実なのですね。
カントリーらしく歌っているのもあるのですが、歌い方はブルー・グラス色が強い。
Buckinghams の方がバーズに近いって感じますからね。

歌は、決して下手じゃないハーモニーもきれいです。デヴュー作あたりは、バックがかなりスカスカで、ドラムやピアノがなかなか出てこない。
ドラムとピアノをやっているのは知っている人だなと思います。Jim Gordon が結構、らしいプレイをしているように思います。

このバンドが最初のカントリー・ロックだなんて議論には全く意味は無いと思うのですが、同じカントリーでもナッシュビルのカントリーではなく、テキサス流のカントリー風味を感じます。
Mike Nesmith やリンダ・ロンシュタットに通じるものです。上手く言えませんが、ポルカとメキシカン風味とでもいえば好いのでしょうか。

複数の12弦を含むギター・アンサンブルは、どこか懐かしい感覚がします。ちゃんとした人がちゃんと弾いていることがよくわかります。

しかし、名前が示すようにフラワー・ブームの時代の真っ盛りにさしかかろうとしているところなので、妙にサイケっぽいところがあったりして。

後から、物好きが後講釈でああだこうだは言えるでしょうが、絶対に当時は売れるはずが無い代物だったと思います。プロデュースの完成度合い自体も絶対的に高いとはいえませんから。

突然ですが、FZとマイク・ネスミスがモンキーズ・ショーで共演しているのを偶然YouTubeでみつけました。

FZがマイクに、マイクは鬘と付け鼻でFZに扮しています。FZ扮するマイクが、マイク扮するFZに向かってインタヴューしています。
マイク・ネズミスとFZは発音してますね。マイクが、マイクにFZに、お前FZ役だぞ!!!っていうシーンがあったりしまして。
あとマイク役のFZがバーズやビーチ・ボーイズに参加するのかとかって聞いてます。
最後の、自動車をぶっ壊すシーンで流れてくるのは、Mothers Of Invention のアルバムWe'er Only In It For Money の中のMother People の冒頭ですね。
by nk24mdwst | 2008-05-20 13:05 | Tax Poems