人気ブログランキング |

2008年 05月 03日 ( 1 )

0&A

憲法記念日なので The Contitution of th U. S. の前文とその第1条を採り上げてみました。

The Constitution of the United States of America

[Preamble]
We the People of the United States, in Order to form a more perfect Union, establish Justice, insure domestic Tranquillity, provide for the common defense, promote the general Welfare, and secure the Blessings of Liberty to ourselves and our Posterity, do ordain and establish this Constitution for the United States of America.

前文は合衆国の精神ですね。

Article. I.
Section 1.
All legislative Powers herein granted shall be vested in a Congress of the United States, which shall consist of a Senate and House of Representatives.
合衆国憲法第1条は、議会制民主主義の原則を謳っています。

さて、Bill of Right の一つとされるAmendment の1と2です。

Amendment I
Congress shall make no law respecting an establishment of religion, or prohibiting the free exercise thereof; or abridging the freedom of speech, or of the press; or the right of the people peaceably to assemble, and to petition the Government for a redress of grievances.

Amendment II
A well regulated Militia, being necessary to the security of a free State, the right of the people to keep and bear Arms, shall not be infringed.

Amendment Ⅰは、宗教からの独立、思想信条の自由、表現の自由を妨げる立法を禁ずることにより合衆国憲法の神聖性を担保しているというべきでしょうか。

AmendmentⅡは、武器保有の自由の保障 です。
この条項を立法した人たち念頭には、ストリート・ギャングが街角で銃器による抗争を行うことなど全くなかったに違いありません。

キーワードとしては、militiaとは何か、また、militia は、well regulated されているわけで、指導者は誰かということが一つ。
もう一つは、the security of a free State のために必要な場合とはどのような場合か、言い換えると安全を脅かすのは誰かということが問題ですね。

ストリート・ギャング抗争や大学のキャンパス内での無差別発砲者を連邦憲法は、当然のことですが、端から想定なんかしていないわけです。

これらの合衆国憲法の冒頭部分は、日本国憲法とは全く違います。成立過程も含めて勉強しなければいけないと考えていますが。

*6月28日記す。
上記の銃器の携行に関する連邦最高裁の判決が出たので。
 SUPREME COURT OF THE UNITED STATES
      Syllabus
      DISTRICT OF COLUMBIA ET AL. v. HELLER
CERTIORARI TO THE UNITED STATES COURT OF APPEALS FOR
THE DISTRICT OF COLUMBIA CIRCUIT
No. 07–290. Argued March 18, 2008—Decided June 26, 2008
District of Columbia law bans handgun possession by making it a crime to carry an unregistered firearm and prohibiting the registration of handguns; provides separately that no person may carry an unlicensed handgun, but authorizes the police chief to issue 1-year licenses; and requires residents to keep lawfully owned firearms unloaded and disassembled or bound by a trigger lock or similar device.
Held:
1. The Second Amendment protects an individual right to possess a firearm unconnected with service in a militia, and to use that arm for traditionally lawful purposes, such as self-defense within the home.
Pp. 2–53.
(a) The Amendment’s prefatory clause announces a purpose, but
does not limit or expand the scope of the second part, the operative clause. The operative clause’s text and history demonstrate that it connotes an individual right to keep and bear arms. Pp. 2–22.
(b) The prefatory clause comports with the Court’s interpretation
of the operative clause. The “militia” comprised all males physically capable of acting in concert for the common defense. The Antifederalists feared that the Federal Government would disarm the people in order to disable this citizens’ militia, enabling a politicized standing army or a select militia to rule. The response was to deny Congress power to abridge the ancient right of individuals to keep and bear arms, so that the ideal of a citizens’ militia would be preserved. Pp. 22–28.
(c) The Court’s interpretation is confirmed by analogous armsbearing rights in state constitutions that preceded and immediately followed the Second Amendment. Pp. 28–30.
(d) The Second Amendment’s drafting history, while of dubious
interpretive worth, reveals three state Second Amendment proposals that unequivocally referred to an individual right to bear arms. Pp. 30–32.
(e) Interpretation of the Second Amendment by scholars, courts
and legislators, from immediately after its ratification through the
late 19th century also supports the Court’s conclusion. Pp. 32–47.
(f) None of the Court’s precedents forecloses the Court’s interpretation. Neither United States v. Cruikshank, 92 U. S. 542, 553, nor Presser v. Illinois, 116 U. S. 252, 264–265, refutes the individualrights interpretation. United States v. Miller, 307 U. S. 174, does not limit the right to keep and bear arms to militia purposes, but rather limits the type of weapon to which the right applies to those used by the militia, i.e., those in common use for lawful purposes. Pp. 47–54.
2. Like most rights, the Second Amendment right is not unlimited.
It is not a right to keep and carry any weapon whatsoever in any
manner whatsoever and for whatever purpose: For example, concealed weapons prohibitions have been upheld under the Amendment or state analogues. The Court’s opinion should not be taken to cast doubt on longstanding prohibitions on the possession of firearms by felons and the mentally ill, or laws forbidding the carrying of firearms in sensitive places such as schools and government buildings, or laws imposing conditions and qualifications on the commercial sale of arms. Miller’s holding that the sorts of weapons protected are those “in common use at the time” finds support in the historical tradition of prohibiting the carrying of dangerous and unusual weapons. Pp. 54–56.
3. The handgun ban and the trigger-lock requirement (as applied to self-defense) violate the Second Amendment. The District’s total ban on handgun possession in the home amounts to a prohibition on an entire class of “arms” that Americans overwhelmingly choose for the lawful purpose of self-defense. Under any of the standards of scrutiny the Court has applied to enumerated constitutional rights, this Cite as: 554 U. S. ____ (2008) prohibition—in the place where the importance of the lawful defense of self, family, and property is most acute—would fail constitutional muster. Similarly, the requirement that any lawful firearm in the home be disassembled or bound by a trigger lock makes it impossible for citizens to use arms for the core lawful purpose of self-defense and is hence unconstitutional. Because Heller conceded at oral argument that the D. C. licensing law is permissible if it is not enforced arbitrarily and capriciously, the Court assumes that a license will satisfy his prayer for relief and does not address the licensing requirement.
Assuming he is not disqualified from exercising Second Amendment rights, the District must permit Heller to register his handgun and must issue him a license to carry it in the home. Pp. 56–64. 478 F. 3d 370, affirmed.
http://www.supremecourtus.gov/opinions/07pdf/07-290.pdf

この裁判の内容の検討はいずれ、できたらと。

ここで、話は三転、裁判員制度の話をします。

● 陪審制や参審制とは違うのですか。

諸外国においても,国民が刑事裁判に参加する制度を導入している国は多数あります。国民が裁判に関与する形態等はそれぞれの国によって様々ですが,おおむね陪審制と参審制に分けることができます(詳しくは,裁判員制度ナビゲーションの資料編(データ集)(409KB) を参照してください。)。 陪審制とは,基本的に,犯罪事実の認定(有罪かどうか)は陪審員のみが行い,裁判官は法律問題(法解釈)と量刑を行う制度です。陪審員は,事件ごとに選任される点に特色があります。陪審制は,アメリカやイギリスなどで採用されています。 参審制とは,基本的に,裁判官と参審員が一つの合議体を形成して,犯罪事実の認定や量刑のほか法律問題についても判断を行う制度です。参審員は,任期制で選ばれる点に特色があります。参審制は,ドイツ,フランス,イタリアなどで採用されています。 裁判員制度は,裁判員と裁判官が合議体を形成するという点では参審制と同様です。ただし,裁判員は事実認定と量刑を行い,法律問題は裁判官のみで行う点で参審制とは異なります。他方,裁判員が事件ごとに選任される点では陪審制と同じです。 このように,裁判員制度は,参審制・陪審制のいずれとも異なる日本独自の制度だと言うことができます。

http://www.saibanin.courts.go.jp/qa/c8_2.html

最高裁のHPの中にある裁判員制度のQ&Aからです。

陪審制度においては、陪審員は犯罪事実の認定だけをする、つまり、有罪か無罪かノ判定だけの判断をする。法律判断、つまり、どのような刑罰(量刑を含む)が相当かどうかの判断は、法律専門家である裁判官が行います。
法律判断においては、当然、同様の事件における判例等の知識も必要ですから専門家に委ねるのは当然です。

大陸諸国で行われている参審制度は、陪審や裁判員とは異なるところがかなりあります。個々の事案において召集されるのではなく、一定の任期を持つことがことなります。
裁判官と一緒に合議体を形成するという点においては裁判員と同じです。ただし、事実認定だけではなく量刑の決定も行う点が陪審制と異なります。
一定の任期を与えられ、その間の地位も保証され、裁判官と一緒になって法律判断をも行うわけです。

裁判員は、事実認定と量刑の決定を行う点において、さらに裁判官と合議制であるという点において参審制と似ていますが、個々の事案限りであるという点が違います。短期間の拘束だから市民の負担が軽いというようなことは問題ではありません。
裁判員は事実認定、つまり有罪か無罪かの判断をするところはともかく、法律判断に関しては、裁判官が行うわけです。そして、量刑を決定するというシステムです。

市民の裁判への参加の是非以前に、法的判断を抜きにどうやって法的経験も知識もない裁判員に量刑の判断ができるのでしょうか。裁判官がガイド・ラインを示すのでしょうか。
制度として大きな矛盾を抱えたものであると考えます。

この点に関しては、法曹関係者はみなわかっているはずなのですが。

それから、最高裁の解説では市民の裁判参加に関し、海外においては刑事事件だけに限られているように述べていますが、これは事実と異なります。

アメリカの税務訴訟のところで説明したかもしれませんが、アメリカでは連邦地裁に租税訴訟のような行政訴訟を持ち込んだ場合は陪審制度を利用することができます。
同様に、ドイツ等の大陸諸国においても、租税訴訟を含む一定の行政訴訟に関し、参審制という形で市民の参加を認めています。

租税訴訟のような専門性、技術性の高い問題を普通の市民の合議体である陪審員の判断に任せるのは、かなり、勇気の要ることであるように思われます。その意味で、合衆国租税裁判所のような租税専門裁判所の存在意義は非常に大きいように思われます。

逆に、ドイツにおいて租税訴訟を取扱うのは財政裁判所ですが、こちらの方は、専門性の高い租税訴訟において、パン屋の主人でも納得できる判断を行おうという姿勢であると聞いたことがあります。

ここで考えねばならないのは、行政訴訟手続は、民事訴訟手続に順ずるべきか刑事訴訟手続に順ずるべきかという問題です。海外の例、日本における学説等を検討する必要があります。

一般に日本では、行政訴訟は民事訴訟の一つとして位置づけられているようですが、ドイツやアメリカでは逆に刑事訴訟同様の手続的厳密性を要求しているように思われます。
by nk24mdwst | 2008-05-03 13:47 | 租税訴訟