2008年 01月 23日 ( 1 )

Deep Blues

Deep Blues: A Musical and Cultural History of the Mississippi Delta by Robert Palmer は,個人的には,もっとも刺激を受けたブル-スに関する本です.

入手は、ちょっと難しいですが、Rock & Roll: An Unruly History by Robert Palmerというロックの歴史本も書いてます。

故ロバ-ト・パ-マ-は、イギリス生まれのロック・シンガ-とは同名異人です。ハイ・スク-ル時代のバンド仲間が若くしてハリウッドへ移り、セッション・ミュ-ジシャンを経てLittle Feat に加わる Fred Tackett だったりするのですけどね。

Arkansas 生まれのブル-ス研究家、ブル-ス・フェスティヴァル主催者です。ブル-ス本は,あまたありますが、デルタ・ブル-スとその延長線上のシカゴ・ア-バン・ブル-スの形成、と変成について、地に足のついた説得力のある解釈を提示してます。

ブル-ス自体に対する個人的な感想、経験、評価は皆違うので、何ともいえませんが、少なくとも私には、非常に説得力のある本でした。Muddy Waters とのインタヴュ-も、Joe Boyd がWhite Bicycleで語っていた60年代初頭イギリスにおけるブル-ス・ブ-ムの話と符合しています。

Sonny Boy Williamson Ⅱ(a.k.a. Rice Miller)が重要な登場人物であるのは、当然ですが、彼を巡る話についても、同じア-カンソ-出のLevon Helm が語る話と辻褄が合っています。

パ-マ-は、Charlie Pattonに始まり,Muddy Waters あるいは、Howlin' Wolf を経て Elmore Jamesへとつながる系譜を非常に重視しています。異論は、多々あるでしょうけれど。

1999年6月にシカゴのブル-ス・クラブで見たブル-ス・バンドの印象に直結する論理です。
もっとも最大の問題は、そのブル-ス・クラブ,Buddy Guy がやってるやつとは違いましたが、日本人観光客が数名、後は全部ホワイト中産階級が観客でありました。

ア-カンソ-というのは、クリントン以前に非常に音楽的には、重要な州だと思います。

グリ-ンスパンは、クリントンのことをサックスを吹くだけじゃなくて頭のいいやつだってほめてましたね,日系連載中の私の履歴書で。
あれを読んでいると、グリ-ンスパンというやつは、すごく hunch のきく人なのだと思いました。

身近な小さな事象の積重ねから、マクロ的全体像を描くことのできる希有の才能の持ち主だと。
まあ、深さがどれほどあるか未だに不明のサブ・プライム・ローン問題の確信犯的戦犯第一号でしょうけれど。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-01-23 13:03 | 音楽の本