人気ブログランキング |

2007年 12月 10日 ( 1 )

younger than robert johnson

Langston Hughes は、Robert Johnson より若いというか、後に生まれているのですね。
ラングストン・ヒューズは、都会生まれですが、幼少期は南部で過ごしています。

     The Weary Blues

Droning a drowsy syncopated tune,
Rocking back and forth to a mellow croon,
  I heard a Negro play.
Down on Lenox Avenue the other night
By the pale dull pallor of an old gas light
  He did a lazy sway…
  He did a lazy sway…
To the tune o’ those Weary Blues.
With his ebony hands on each ivory key
He made that poor piano moan with melody.
  O Blues!
Swaying to and fro on his rickety stool
He played that sad raggy tune like a musical fool.
  Sweet Blues!
Coming from a black man’s soul.
  O Blues!
In a deep song voice with a melancholy tone
I heard that Negro sing, that old piano moan—
   “Ain’t got nobody in all this world,
   Ain’t got nobody but ma self.
   I’s gwine to quit ma frownin’
   And put ma troubles on the shelf.”

Thump, thump, thump, went his foot on the floor.
He played a few chords then he sang some more—
   “I got the Weary Blues
   And I can’t be satisfied.
   Got the Weary Blues
   And can’t be satisfied—
   I ain’t happy no mo’
   And I wish that I had died.”
And far into the night he crooned that tune.
The stars went out and so did the moon.
The singer stopped playing and went to bed
While the Weary Blues echoed through his head.
He slept like a rock or a man that’s dead.

From The Weary Blues 1926

1926年だと、ロバート・ジョンソンは、まだ修行中。Charlie Patton が全盛期だったころですね。

この10年余りの、アメリカのブルー・グラス・ブームを想起しているのは私の勝手な妄想です。

レコード・コレクターズ誌60年代ロック・アルバム・ベスト100 からベスト100に値しないと個人的に思うというか関心のないものを除いて見ました。

順位は、関係ないことにして個別に思うことを。

1位 The Beach Boys / Pet Sounds
3位 The Band / Music From Big Pink 
間違いなく35年前の愛聴盤だったのですが、The Bandの位置づけが、個人的にかなり変わっているので。ザ・バンドならRock Of Agesです。

5位 King Crimson / In The Court Of The Crimson King
38年前は、全く興味がなかったのですが、クリムゾンは、これがベストですね。
10位 Jimi Hendrix / Electric Ladyland 
13位 Jimi Hendrix / Are You Experienced
15位 Who / My Generation 
ザ・フ-は、これでしょう。

16位 Mothers of Invention / Freak Out !
これがベストかどうか。
Any Way The Wind Blows って曲をやっています。タイトルは、ディランのBlowin' In The Wind のもじりですが、歌詞の内容は、FZの永遠のテーマアメリカン・ティーンネイジ・ラブへの皮肉です。

17位 Captain Beefheart / Trout Mask Replica
マザ-ズ以上にビ-フハ-トは、これをあげるべきではないと最近確信しつつあります。

20位 Buffalo Springfield / Again
21位 Band / Band
28位 Sly & The Family Stone / Stand !
29位 Jefferson Airplane / Surrealistic Pillow
Takes Off の方がいいなんていうと天の邪鬼か。

32位 Traffic / Mr Fantasy
33位 Lovin' Spoonful / Do You Believe In Magic
34位 Kinks / Something Else By The Kinks
35位 Zombies / Odessey & Oracle
36位 MC 5 / Kick Out The Jams
モ-タ-・タウン・サウンドは、これです。

37位 Kinks / Are The Village Green Preservation Society
39位 Jeff Beck / Truth
消化不良かな。

40位 Fairport Convention / Liege And Lief
これが定番でしょうが、Sandy Dennyが加わった直後のWhat Did We Do On Our Holidaysの方が。エアプレ-ンと同様、Judy Dybleのいるファ-ストがいいかもなんて。

47位 Byrds / Mr Tambourine Man
52位 Traffic / Traffic
54位 Byrds / Younger Than Yesterday
Turn! Turn Turn!は、といいたいところですが、これもマスタ-・ピ-スだと思います。

57位 Small Faces / Ogdens Nut Gone Flake
これにするかどうかは、微妙。

58位 Creedence Clearwater Revival / Green River
62位 Grateful Dead / Live / Dead
63位 Jimi Hendrix / Axis: Bold As Love
ジミヘンは、これです。

66位 Paul Butterfield Blues Band / Paul Butterfield Blues Band
68位 Johnny Cash / Live At San Quentin
69位 Byrds / Sweetheart Of The Rodeo
5Dはどこですか。
これを上げるならBurritosを上げないと意味ないです。

71位 Buffalo Springfield / Buffalo Springfield
75位 Harry Nilsson / ハリー ニルソンの肖像
76位 Fairport Convention / Unhalfbricking
さっきと同じ。

78位 Frank Zappa / Hot Rats
これも上げるならLumpy Gravy です。

80位 Small Faces / Small Faces
こっちが上。

81位 Donovan / Sunshine Superman
85位 Paul Butterfield Blues Band / East West
これは、失敗作だと思います。

86位 Johnny Cash / At Folsom Prison
87位 Free / Free
フリ-のベストは、どれかというと・・・

88位 Traffic / Last Exit
ウィンウッドは、好きですが、これ上げるほどのものでしょうか。

94位 Van Morrison / Astral Weeks
95位 Jefferson Airplane / Volunteers
98位 Spencer Davis Group / Autumn'66
99位 Procol Harum / Whiter Shade Of Pale
ハルムは、これだけですか。

思い切り減らしました。ビートルズ、ストーンズ、ゼップ、ディランを全部退場させました。
60年代のロックのアルバムは、数だけで上のアルバムの数の10倍以上持ってますが、キットそれは、全部ゴミなんでしょうね。
by nk24mdwst | 2007-12-10 13:44 | Poetry