人気ブログランキング |

the puke regains his shops

昨日の夜、King Crimson のアルバムLadies of the Road を聞いたのは、失敗でした。
眠れないパターンになりました。
疲れていたのに、です。

Ladies Of the Road のAmazon.Com ユーザー・レヴューで、こんなの見つけましたが、同感です。

disc two is worth it in itself, March 12, 2005
By John Q Public (Denver, CO United States)
OK, I halready hade the collector's club editions, so I had all the material on disc one. THat said, this is terrific stuff, providing a glimpse of the live capabilities of this all-too-underrated incarnation of the mighty Crim (since Earthbound just does not do justice). If you don't have the various collector's club releases, then this provides a superb overview of this period of live Crim.

Now, the real treat is disc 2 - the reason I bought this. Just for this alone, the disc would be worth more! I have always loved the wild improvisational passages that sprang forth from live versions of "21st Century Schizoid Man". This is the Uber-version - a pulsing, churning, soaring amalgamation of numerous performances of the song's central instrumental explorations - It is sick, sick, sick - gloriously crazed jamming at a sustained fevered pitch. I just got this today and have played disc two about four times in a row - man, I think I am growing tentacles - this stuff is so intense! If you love the intensity of the early Crimson, then you owe it to yourself to ingest this one - it is extreme brain food to be taken in healthy doses through the ears.
http://www.amazon.com/review/product/B00006RHQW/ref=cm_cr_dp_all_helpful?%5Fencoding=UTF8&coliid=&showViewpoints=1&colid=&sortBy=bySubmissionDateDescending


FZ の歌にはroad ladies なんて表現が出てきますが、ドサかどうかは別にして、旅をするのは大変です。

当地のような排他的な地方の小都市では、隣の県の出身者で30数年来、当地でまともに暮らしている人でも『旅の人』などと呼んで、差別までは行かずとも、区別はされます。

同じ市の中でも、地区を変わるとよそ者扱いされますしね。

濃密な地域社会の存在があれば、アンドロイドなんか生まれないなんて言い方ができるのかもしれませんが、地域共同体に暮らすというのも神経を使います。

都会人のOgden Nash でも引っ張ります。

      More About People

When people aren't asking questions
They're making suggestions
And when they're not doing one of those
They're either looking over your shoulder or stepping on your toes
And then as if that weren't enough to annoy you
They employ you.
Anybody at leisure
Incurs everybody's displeasure.
It seems to be very irking
To people at work to see other people not working,
So they tell you that work is wonderful medicine,
Just look at Firestone and Ford and Edison,
And they lecture you till they're out of breath or something
And then if you don't succumb they starve you to death or something.
All of which results in a nasty quirk:
That if you don't want to work you have to work to earn enough money so that you won't have to work.

ナッシュの詩は、にやりとさせてくれますが、にやりとする余裕があるかどうか。

ナッシュのこの詩は、アメリカ・ピューリタニズムと勤労の美徳を説く、資本家に対して強烈な一撃を加えています。

しかし、当時はまだアメリカは製造業の国だったわけで、Firestone and Ford and Edison という例示がそれを示しています。
資本主義というのは、そういうことなのですね。
おいおい、どういうことなんだ・・・

It seems to be very irking
To people at work to see other people not working,
So they tell you that work is wonderful medicine,


曰く、働いている人から見ると働いていない人間は、目障り、故に、勤労の美徳を説く・・・この説教をするのが資本家だというわけです。
どこかの国の経団連とかいうところの偉いさんも同じようなことを言っていたような記憶がします。

if you don't want to work you have to work to earn enough money so that you won't have to work.


働きたくなければ、働く必要がないほどの金を働いて稼げという矛盾に陥るわけですね。

税金の世界でいうと、誰が税金を負担して、誰が負担していないか。
選挙で選ばれた人たちは、選挙の洗礼を受けることのない官僚システムに言われるがまま、応益に見合った負担をしろと。

応益なんてどうやって計ればいいのです?!

計れないことを知っていて言うんだから始末が悪い。

天気予報では、今日あたりから雨で、梅雨らしくなるという話だったのに、曇ってはいるものの、雨粒は落ちてきません。

庭の紫陽花、10年目にして初めて花を咲かせようとしているのですが、色づくのを嫌がっています。

当たらない天気予報を出して、給料もらえるんだったら、いいな、と書いてみたものの、最近、何をやっても碌なことがない私が言える筋合いではありませんでした。

今日は、Emmylou Harris をかけています。
by nk24mdwst | 2008-06-19 10:12 | その他


<< call me a veget... insomnia vivace >>