人気ブログランキング |

eddie was in 'bama

1968年というと40年前、RFKとMartin Luther King の暗殺、Otis Redding の飛行機事故死、ベトナム戦争、北爆の真最中、私は中学生、月に一枚ずつアルバムを買うようになっていました。
バスで30分ほどの県庁所在地にある高校へその後通うことになるのですが、田舎の中学生だったので一人でバスに乗ったことがなく、レコードを買うのは近くの楽器店でした。
当地では、当時輸入盤なんていうものは、雑誌の広告で見るだけのものでした。

1968、69年頃よく聞いていたアルバムは、ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンスの「エレクトリック・レディ・ランド」、グレートフル・デッドの「ライブ・デッド」、ジェファーソン・エアプレーンの「アフター・ベイジング・アット・バクスターズ」あたりでしょうか。
Jimi Hendrix, Grateful Dead は、コスト・パフォーマンスを優先?!して二枚組みLPを買ったのですね。バーズ は、「グレーテスト・ヒット」だったかな。
あと、ザ・バンドの「ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク」、アル・クーパー、マイク・ブルームフィールド、スティーヴ・スティルズの「スーパー・セッション」というあたりをヘビー・ローテーションで、というか20枚あるかないかのレコードですからね、聴いていました。
ゼップはセカンドを買いました。これは、高校一年のときに友人と交換しました。スライ・アンド・ファミリー・ストーンの「スタンド」とです。そういえば、高校一年のときに友人と借りて聞いたのがBSTのセカンド、代わりに貸したのが「ライブ・デッド」でした。
ゼップのサードはジャケットが変わっていたので買いましたが。ジミー・ペイジは良いと思ったことがないです、少なくとも自分が主導権を持ってやっているところでは。
やたらとセッションをやっているはずなので、全部否定しようにもわからない。

ミュージック・ライフなんて雑誌を読んでいて、その後、ニュー・ミュージック・マガジンなんて本を読んで毒されてしまいました。
偽りの正義は、悪徳より性質が悪い、か。

昨日は、Dead を古い順に1967 The Grateful Dead 、1968 Anthem of the Sun 、 1969 Aoxomoxoa 、1969 Live/Dead Live、1970 Workingman's Dead、1970 American Beauty 、1971 Grateful Dead(a.k.a. Skull & Roses) と聞いていました。やっぱり、良いです。
グルーヴがいいですね。Bob Weir がサイド・ギターという感じで私は、好きです。
ボーナス・ライブの出来が良いですね。

Airplane のPaul Kantner とかQuicksilver Messenger Service の Gary Duncan もリズム・ギターというようりサイド・ギターと感じます。
クイックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィスは、Dino Valenti が、ムショに入っている間の方が良かったような気がします。

まあ、後年stunt guitar なんて呼ばれる人が出てきたりしますが。FZのいい方。
某サイトのランキング、Steve Vai 34.1%、Mike Keneally 27.3%、Stupid question 13.6%、Warren Cuccurullo 13.6%、Adrian Belew 9.1%。
馬鹿な質問に一票。

夜は、After Bathing At Baxter’s から聞き始めました。ボーナス・トラックの方が出来が良かったりしまして。いや、やっぱりJack Casady のベースが素晴らしい。Electric Ladyland のLPでキャサディの当時のポリドールのレコードの常でモコモコしていて聞こえなかったのですね。Jorma Kaukonen も昔感じていたよりははるかに繊細なテクニシャンだと再確認しました。ピアノ、エレピ、オルガンを弾いてるのは誰かなっておもいましたけど。Spencer Dryden も悪くないです。
ちなみに、オリジナル・ドラマーとされているSkip Spence は、ソロ・アルバム’Oar’でドラムを聞くことができますが、演奏史上最悪以下の代物ですね。

そのあと、デッドのEurop ’72 を聞き、いい気持ちになりました。Bill Kreutzmann のドラムが素晴らしい。バンドが一体となって自在に演奏しているという感じですね。
Pig Pen がリード・ヴォーカルのGood Lovin’ では、ピッグ・ペンが色んなブルース・クラシックや即興を織り交ぜて歌っているのですが、クルーツマンのバック・アップが光ります。ピッグ・ペンは決して上手な歌手というわけではないのですが、サポートがよろしいかと。
DEAD についていうと、Mars Hotel まではレコードを買いましたが、そこで挫折しました。Dick's Pick などの存在を知るのははるか後年のことです。

80年代にデッドは、アメリカ最大の音楽コングロマリットになるわけですね。同様に、この時代にFrank Zappa を取り巻く音楽的環境というよりは、経済的環境は一変します。
FZのレコードが売れ、チケット完売。
デッド・ヘッドとザッパ・フリークをかねている人間がいるかどうかはともかく、80年代のデッド・ファンとザッパ・ファンはどちらも根っこは同じであるように思えます。

結局、FZもDeadと同様の時期にレコードを買うのを止めたのは偶然ではないのでしょう。
レーガンの80年代か。

話は変わりますけど、どうも20年サイクルで行け行けになるようですね。1960年代、80年代、2000年代。
全部最後はバブルがはじける。背景の戦争。

いずれにしろ、デッドは80年代、決して好調とは言えないのに対し、FZは絶好調で仕事をしまくっていたのだと後で知ることになりました。

*確証はないのでなんともいえないのですが、FZは、80年代に入ってから体調は優れなかったように思えます。コンサート映像等で上半身裸になっているのを見ると気持ちが悪いほどやせています。
まあ、ギターが重いから、抱えて歌うのはいやだという人ですからなんですが、しにいたる病気の予兆はすでに80年代の初めにはあったのではないかと思います。
前立腺がんが全身転移して発見されたときは手遅れだったわけですけれど、彼の歌の詞を見直すと、すでに78,9年ごろに自覚症状があったのではと思うわけです。

FZの80年代に入ってからの仕事の仕方は経済的に好転したことと自分の死期まで予測して全速力で突っ走ったように思えます。

カリフォルニアのブルース・マニアというとピッグ・ペンの外にCanned Heat の Al Wilson なんて人も思い浮かびますが、お察しのとおり、この後は、当然のごとく、Captain Beefheart & His Magic Band を聞かざるを得なくなってしまいます。
Strictly Personal を聞きました。John French はクルーツマンのタイムは持ち合わせていない、ジャズ・ドラマーというべきだからか、いずれにしろ、遅い。かつ、全員が一緒に練習ばっかりしているのに微妙にずれるタイミングはなぜか。タイムが揺れるのですね。

考えていたら眠れなくなってきて、Jim Gordon がやっているSteely Dan を聞きました。Pretzel Logic ってこんなに詰まらんアルバムだったかと。ドラムだけ聞いていました。
スティーリー・ダンは、昔のLP時代、録音が良いのでよく聞きましたが、それだけですね。
リハーサルでは、ゴードン呼ばずにJeff Porcaroで済ませていたのは、金を惜しんだ?!

ビーフハートとマジック・バンドのリズム、タイムの元をHowlin' Wolf あたりに求めていたのが間違いだったのではないかと今朝気付きました。Charlie Patton のだみ声とスライド奏法をエレキでやっていたというべきなのかな。
勉強の課題です。

上記の部分で、いきなりジム・ゴードンやチャーリー・パットンが飛び出してくるのですいません。メールなどでも話がワープするといわれる人間なのです。

FZもブルース・ギター・マスターとしてカウントしていい人だと思いますが、マジック・バンドの連中は、同時期のシカゴ・ブルースの現役よりも先祖回帰をしていたような気が最近しています。
Trout Mask Replica は、Don Van Vliet の代表作として採り上げるべきではないという考えが日々強まる今日この頃です。

ギターの神様Eric Claptonは、アメリカで有名になる前からFZは良く知っていたわけで、初期のMothers のアルバムに参加しています。戯言をムニャムニャしゃべるという大役を仰せつかっています。
FZは、Jack Bruce とは一曲だけやって、あいつはやりにくいと、Ginger Baker なんか無視しています。

FZが唯一弱点としたのがC&Wですね。
オリジナル・マジック・バンドのメンバーが作ったMallard は、しょきのLittle Feat とかSir Douglas Quintet が好きな人には案外好まれるのではと考えます。

途中でエアプレーンのCrown Of Creation まで聞いていて、寝不足になったのが夕べのことでした。
ボーナス・トラックでMothers がやっている曲が日の目を見ていますからね。
FZ, Mothers のディスコグラフィをゲストまで含めて網羅しているサイトにこれが抜けていたりして。探し方が足りないのかな。
by nk24mdwst | 2008-05-25 13:52 | 音楽


<< eddie answered ... eddie, a grands... >>