eddie, a grandson of a preacher

Ogden Nash の詩です。

      One From One Leaves Two

Higgledy piggledy, my black hen,
She lays eggs for gentlemen.
Gentlemen come every day
To count what my black hen doth lay.
If perchance she lays too many,
They fine my hen a pretty penny;
If perchance she fails to lay,
The gentlemen a bonus pay.

Mumbledy pumbledy, my red cow,
She’s cooperating now.
At first she didn’t understand
That milk production must be planned;
She didn’t understand at first
She either had to plan or burst,
But now the government reports
She’s giving pints instead of quarts.

Fiddle de dee, my next-door neighbors,
They are giggling at their labors.
First they plant the tiny seed,
Then they water, then they weed,
Then they hoe and prune and lop,
They they raise a record crop,
Then they laugh their sides asunder,
And plow the whole caboodle under.

Abracadabra, thus we learn
The more you create, the less you earn.
The less you earn, the more you’re given,
The less you lead, the more you’re driven,
The more destroyed, the more they feed,
The more you pay, the more they need,
The more you earn, the less you keep,
And now I lay me down to sleep.
I pray the Lord my soul to take
If the tax-collector hasn’t got it before I wake.

オグデン・ナッシュは、Dorothy Parker 同様New Yorker の編集者でした。先祖はFrancis Nash 将軍で独立戦争で戦死しています。
かのナッシュ将軍にちなんで名づけられたのがナッシュ・ヴィルというわけです。

詩人としてのナッシュは、一見陳腐に見えるほどの韻の踏み方をしています。
スペルもわざと間違えています。

この詩は、一見わかりやすそうで、難しいです。
農業所得に対する課税というのは大きな問題で、日本でもトー・ゴー・サン・ピンなどといわれていたころがあります。
所得の把握率が給与所得者は10割(トー)、個人事業所得者5割(ゴー)、農業所得者3割(サン)、政治家1割(ピン)というわけです。
そんな時代もあったんだろうなというのが、今の感想ですけどね。

ナッシュの詩に戻ると、tax という単語は最後のヴァースにしか出てきませんが、各ヴァースで租税徴収に関して言及しています。以前、書いたかもしれませんが、名称が税となっているものだけが租税ではありません。
賦課金とか保険料とかというような名前であってもその本質が租税であるものは少なくありません。

今日は、頑張って仕事をしようと思って朝からDead を聞いてます。

夕べは、Safe As Milk 。頭から聞き出すと最後まで行かないうちに寝ちゃうので、オーヴァーダブやCaptain のヴォーカルのないMagic Band の演奏だけのところから聞き出したのですが、最後まで到達する前に寝ちゃいました。
一応、クレジットでは、
Captain Beefheart (Don Van Vvliet): harmonica, vocals,Alex St. Clair Snouffer: guitar,Jerry Handley: bass,John French: drums

guests :Ry Cooder: guitar,Russ Titelman: guitar,Milt Holland: percussion

となってはいますが、ストリングスやホーンの音が聞こえるわけですね。
アクースティック・ギターや12弦ギターもバックにいます。ナショナル・スティールやグラス・ボトル・ネックじゃなくて、Byrds とか Beach Boys , Buffallo Springfield で聞こえる音です。
大体ブッダだから1910フルーツ・ガム・カンパニーなんてのもありましたよね。

ブルー・アイド・ソウルで売ろうと思ったのでしょうかね。

ライ・クーダーが明らかにいると思われるのは数曲。マジック・バンドとやっているように聞こえるものもあります。
ビーフハートの言い分だと、マジック・バンドの録音にオーヴァー・ダブされたという話になるわけですが、ビーフハートとマジック・バンドは歌だけというものが多いように思えます。
13. Safe As Milk (Take 5) 、14. On Tomorrow 、15. Big Black Baby Shoes 、16. Flower Pot、17. Dirty Blue Gene、18. Trust Us (Take 9) 、19. Korn Ring Finger というボーナス・トラックはマジック・バンドですね。

キャプテン・ビーフハートのディスコグラフィです。

1. Captain Beefheart And His Magic Band: Safe As Milk (1967, buddha)
2. Captain Beefheart And His Magic Band:Strictly Personal (1968, blue thumb)
3. Captain Beefheart And His Magic Band:Trout Mask Replica (1969, straight)
4. Captain Beefheart And His Magic Band: Lick My Decals Off, Baby: (1970, straight)
5. Captain Beefheart And His Magic Band:Mirror Man (1971, buddha)
6. Captain Beefheart : The Spotlight Kid (1972, reprise)
7. Captain Beefheart And His Magic Band:Clera Spot (1972, reprise)
8. Captain Beefheart And His Magic Band:Unconditionally Guaranteed (1974, mercury)
9. Captain Beefheart And His Magic Band:Blluejeans And Moonbeams (1974, mercury)
10. Zappa / Beefheart / Mothers: Bongo Fury (1975, discreet)
11. Captain Beefheart And His Magic Band:Shiny Beast(Bat Chain Puller) (1978, warner)
12. Captain Beefheart And His Magic Band:Doc At The Radar Station (1980, virgin)
13. Captain Beefheart And His Magic Band:Ice Cream For Crow (1982, epic/virgin)
14. Captain Beefheart:I May Be Humgry, But I Sure Ain't Weird (1992, sequel)
15. Don Van Vliet: Stand Up To Be Discontinued (1993, book + cd, ger)
16. Captain Beefheart :London 1974 (1994, portugal, movie play gold)
17. Captain Beefheart And His Magic Band:Grow Fins (1999, 5cd-box, revenant records revenant 210)
18. Captain Beefheart : The Dust Blows Forward (1999, warner archives rhino ) - anthology including one unissued track
19. Captain Beefheart:I'm Going To Do What I Wanna do: Live At My Father's Place 1978 (2000, rhino)
20. Captain Beefheart And His Magic Band:Merseytrout (2000, milksafe bf )
21. Captain Beefheart And His Magic Band:Dust Sucker (2002,milksafe bf )
22. Captain Beefheart: Magnetic Hands (2002, viper)
23. Captain Beefheart: Railroadism (2003, viper)
24. Captain Beefheart: Dichotomy (2003, ozitcd)
25. Captain Beefheart :Live 'n' Rare (2004, ozitcd)
26. Captain Beefheart :Live In The UK/USA 72- 81 (2004, viper lp)
27. Captain Beefheart And His Magic Band:Prime Quality Beef (2005, ozitcd )
28. Captain Beefheart: Magnetism (2005, lp)
29. Captain Beefheart And His Magic Band:Amsterdam '80 (2006, major league productions mlp12cd)
30. Captain Beefheart And His Magic Band: The Captain's Last Live Concert Plus... (2006, ozitcd)
31. Captain Beefheart And His Magic Band:Live london '74 (2006, emi)
32.Captain Beefheart And His Magic Band:Live At Bickershaw Festival (2007, cd, uk, ozitcd9006)
33. Captain Beefheart & Jim Morrison: Poet Rock Musicians Of The Desert (2007, 2cd, ozitcd)

Mirror Man Sessions のEPが抜けてますね。書いてる方が間抜けだからか。

2000年以後に主にヨーロッパから古いライブ音源等が出ています。入手困難なものがおおいです。演奏が良くても音がひどいです。気にしないほうが身のためですね。
1980年代の頭でビーフハートは音楽活動をやめているので、実質的には13まででしょう。
14~33のうち、半数以上持っていることに気づき逆に愕然としているわけです。それらの中に価値のあるも野があったとしても、どれかのセットのうちの何曲かという感じですね。
’Lick My Decals Off, Baby' が再発されないのですね。LPでもかなり持っていたのだと思いました。

1966年頃のサザン・カリフォルニアの砂漠のマジック・バンドは、同時期のイギリス有名ブルース・バンドよりもデルタ・ブルースが解っていたように感じます。
いずれにしろ、なぜ同年結成された有名パワー・トリオのスター・ギタリストがあの程度しかできなかったのかが不思議でたまりません。
聞いていた音楽の範囲がかなり狭かったのでしょうかね。

Warren Haynes とJack Bruce が共演しているのを聞いていると、Eric Claptonは、引き出しが少なすぎると感じます。ウォーレン・へインズもLittle Feat まではカヴァーできても、FZになると荒が目立ちます。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-05-24 11:32 | Tax Poems


<< eddie was in &#... eddie, a shouter >>