人気ブログランキング |

eddie, a loner

暑くなりそうです。

      Payment of Temple Tax

         by Simple Simon

Jesus with his disciples came
To the City Capernaum.
The collector of temple-tax
Asked Peter for the tax.

“Does your teacher pay
The temple-tax any day? ”
Like this, the collector asked
“Of course, ” Peter replied.

When Peter went home,
Jesus first spoke to him,
“What’s your opinion?
Let me know, Simon? ”

“Who pay taxes to the kings?
The citizens or the foreigners?
“The foreigners, ” said Peter.
Jesus said, “Doesn’t matter.”

“Let us not offend them.
We’ll pay tax to them.
Now go to the lake.
The first fish, you take.”

“Its mouth, you open.
You’ll find a coin,
That’s just sufficient
For the tax payment.”

In this another miracle-play,
Jesus showed the right way.
Even against injustice done
With justice, Jesus had won.

WHO IS GREAT?

When they asked for the one
Who’s great in the heaven,
Jesus showed them a child,
Who was innocent and mild.

He said, “One who’s humble,
Like this child, surely he’ll
Rank as the greatest one,
In the Kingdom of heaven.”

Longman によると temple とは、a building where people go to worship, in the Jewish, Hindu, Buddhist, Sikh, and Mormon religions ということです。
ユダヤ教、ヒンズー経、仏教、シーク経、モルモン教。イスラム教は、宗教施設を基本的に認めませんからね。

しかし、税とは何か。

社会保障制度審議会で年金財源を税に求めるとした場合、消費税率20%程度にしないと回らないなんていっている人は、自分で商売したことが無いんでしょうね。

仮に商売をしたことがあったとしても、強者の立場での商売しか、したことが無いんでしょうね。

厚生年金保険料は、企業の被用者の給与が課税標準です。雇用者と被用者が折半することに法律では定められているわけです。

年金財源を消費税に求めると、厚生年金保険料の企業負担分がなくなるから、企業負担が軽減される。消費税は、消費に対する課税だから、公平だ、という議論は正しいか。
*公平論については、今回は踏み込みません。

貸借対照表原理というか簿記三級の知識があればわかることですが、消費税の課税標準は、付加価値税であることから自明でありますが、要するに企業の人件費が主たるものです。
厚生年金保険料と変わりません。

消費税率を上げるということは、大幅な経済成長で労働需要が増加するのでない限り、単に雇用抑制要因になるだけだと考えています。

付加価値税の税率が上がると、生活実感としては、消費税の物品税化が起きます。
高額商品、例えば住宅ですね、2000万円の住宅は、税率5%なら2100万円ですが、20%の税率になると2400万円になります。

自動車や住宅といった高額生活必需品に対する大幅な需要の減退が容易に推測できます。
以前、スウェーデンのNK(エヌコー)というストックホルム一のデパートでウィンドウ・ショッピングをして値札を見て感じたことです。

いわゆる付加価値税の導入に関して、後発国の中に入るのが、日本を除くとオーストラリアとカナダです。どちらもGSTと呼ばれる連邦レベルの付加価値税が導入されています。
これらに関する紹介が、日本ではあまりされていないようです。
カナダにおけるGST控除という負の所得税、オーストラリアにおける簡易課税制度の概要、小規模事業者の特例等です。
巷間言われているほど、日本の消費税は不透明な制度ではないというのが私の個人的認識なのです。
番号制度の本質等も含めて来月、時間を見つけてまとめて見たいと思います。

夕べは、Bob Lind の Elusive Butterfly: The Complete Jack Nitzsche Sessions を聞いていました。立派な演奏でした。歌は、あんなものでしょう。
by nk24mdwst | 2008-05-22 09:26 | Tax Poems


<< eddie, a shouter eddie was calle... >>