人気ブログランキング |

eddie was called a dreamer

Robert M Wilson の詩です。

      .Perverbs

Don’t count your chickens in the bush.
A bird in the hand is a friend indeed.
The best things in life are another man’s poison.
The early bird can’t teach an old dog to lie.
Beauty is in the silver lining.
Never put on tomorrow what you wore today.
Many hands make the heart flounder.
Mistakes are the mothers of invention.
Brain is better than sorry.
Don’t put all your love in one casket.
Out of sight is far out.
Early to to bed, the mice will play.
Think before you laugh longest.
The grass is greener when it’s gone.
Two beds are better than none.
When in Nome, gather Nome moss.
Don’t throw the baby out with the spilt milk.
Taste not, want a lot.
The bend justifies the jeans.
Too many looks foil the troth.

ことわざは、proberv ですが、テキストのつづりは、perverbs となっているので。pervert となると全然、意味は違うし。
題名からしてわからないとしておきます。

昨日のFZとマイクの映像は、映画Head だとご指摘いただきました。
ザッパの声が若い、です。しゃべり方は、晩年と変わらないですが。
人間、年をとると声が低くなるわけですが、FZは、ロンドンで観客に舞台から突き落とされて大怪我していますが、その後遺症で声が3度下がったと。
あと、両足の長さが違うようになった。

ヒッピーやByrds, Beach Boys に触れているのも、どこまでが本気でどこまでジョークかわかりません。
FZ扮するマイクがFZに扮したマイクにMothersを辞めてどうするのか、バーズに参加するって聞いたけどなんていうわけですね。アンチ・ヒッピーのFZが、マイク扮するFZに向かって、あんたヒッピーだけどというあたりもジョークがきつい。

Barry Miles の'zappa A Biography'p.158-159によると、ザッパは、1968年11月に’The Monkees' の’The Monkees Blow Their Minds' というエピソードに出演しています。
Mike Nesmith とのやり取りがあったことをマイクが語っています。FZ曰く「あんたの役をやらせてもらえるなら出てもいいよ。」と。マイクは、「それはいい、あんたがショーに来て、僕になり、僕があんたになるというわけだね。」と答えたと語っています。
Mickey Dolenz は、Mothers のドラマーになれって誘われたけど、契約があるから無理だって答えたとか。

というわけで、昨日紹介したYouTube の映像は、このときのものですね、おそらく。

モンキーズのフィーチャー・フィルム’Head' では、大きな雄牛の格好で出たとあります。からんだのは、Davey Jones のようです。

夕べは、Larry Murray のソロを聞いていたら、寝てしまいました。Hearts & Flowers よりきちんとプロデュースされている感じはしましたが、やはり野に置けレンゲソウですかね。

時代を変えたなんて代物ではないです。

Hearts & Flowers の未発表曲の中には、Fred Neil の曲が、二曲あって、もちろんThe Others Side Of This Life と Everybody's Talkin' です。モノラルなのでシングル・カットするつもりだったのかな。
by nk24mdwst | 2008-05-21 12:52 | Poetry


<< eddie, a loner eddie was shy >>