人気ブログランキング |

i'm so down not like this before

春先は、いつも体調不良です。要するに、年末からの疲れが一度に出るのですね。
心身ともに疲れが出るのですが、特に体力の衰えが辛いです。
運転免許の更新に行きました。私の場合、片方の目だけの視力が極端に悪く、視力に差があるので、悪い方の目のほうのめがねの度数はそんなに上げてないのですが、悪い方の目でも視力検査クリアしました。老眼の進行です。

まあ、FZ最期の日々の不治の病と闘いながら、それまで以上に仕事をやりまくるのは、どういう心境だったのでしょうね。Frank Zappa は、シシリア系イタリア人で一部アラブの血が混じっているといいいますが、その信条は、真性自由主義者、かつ、カルヴィニスト的な、つまり仕事に全ての価値を見出す純粋主義者ですね。

19日は、割合調子が良かったので昼間仕事を目いっぱいやったせいで、日曜、月曜とぼんやりさんでした。

Monkees のテレビ・シリーズにザッパは出演していますけど。

Lawrence S. Pertillar の税金がらみの詩は面白いです。まあ、自分が税金を払って楽しい人はいないと思いますが、他方、税金を払わない人、団体がいるとしたら、当然腹が立つわけですね。

FZいわく、Tax the Churches, and tax the businesses owned by the Churches というわけです。
繰り返しになりますが、アメリカでは、連邦税を課税するかどうかについての判断はIRSが行います。一般的に教会等の宗教団体は免税団体に該当するわけですが、それの判断も個々の宗派かつ個々の教会ごとにIRSが行うというわけです。

Mike Nesmith みたいにわざと赤字のレコーディングをやって損失を作り、税金を安くする必要は免税団体なら不要です。マイク・ネスミスのかの録音の話は、Tommy Tedesco の自伝に出てきますね。

あのセッションにかかった経費ですが、日本で全て認められるかどうか微妙なところがあるかもしれません。法人であれば交際費課税、個人であれば家事関連費概念あたりとの検討が必要だったりして。
もっとも、アメリカでは交際費に関してかつてケーハン・ルールというのがあったのですけれど。このケーハン・ルールについては、交際費課税論で面白いところなので、一度触れてみる価値ありです。ハリウッドの話でもありますし。
ケーハンってヤンキー・ドゥードゥル・ダンディという自伝ミュージカルをブロードウェイであて、この作品は、ジェイムズ・キャグニー主演でハリウッドで映画化されているのです。

      No One Can Separate Us Ever

You know I love You...
And would never place anything else,
Above You!
YOU are My Father,
I am Your son.
Without question...
Those doubts have gone from me.

Eternity with You is my destiny!
I view Your creations with eyes opened,
And cleared of delusions that once sat
Upon my troubled mind!
I know Your power...
And it would be senseless to believe,
I am not part of it!
All the time with me You visit!

When I sit masquerading with things to impress...
I know I have distanced You from me,
And that leads to my duress...
As I make attempts to surpress,
With depression on a heavy chest!
That once kept me stressed,
To defeat my very best...
Attracting woes and unhappiness!

YOU are My Father,
I am Your son.
Without question...
And without hesitation,
I know I can come to You, My Father
To demand obstacles on my path be removed!
I want to prove my faith with every step I take.

I am here on this Earth to do Your will!
I've emptied myself of evil deeds of others...
And druthers they have,
They would love to see me fulfill!
I'm not having that tax me...
Like the strife of daily living,
Or witnessing others who live unforgiving.

YOU are My Father,
I am Your son.
Without question...
And without doubt,
I know You are there...
To help remove all sorrows or 'bouts'
Of struggles I fight that might incite my despair!
I am too aware You are there,
And everywhere I cast shadows!

YOU are My Father,
I am Your son.
Without question...
And no one can separate us,
Ever!

You know I love You...
And would never place anything else,
Above You!
YOU are My Father,
I am Your son.
Without question...
Those doubts have gone from me.

私は、キリスト者ではありませんが、神に向かって税を呪うというか愚痴ることの意味の裏にあるのは何かですね。教会に対する免税に対する皮肉があるように思えます。
ほかの詩も見ていると感じるわけで。

もとFaiport Convention, Steeleye Span のベーシストAshley Hutchings のBoxが来たので、聞いてます。
ブリティッシュ・ブルース・ブームの中から、ByrdsやThe Band に影響を受けた連中の軌跡が再確認できるのであります。

もう一つ、おまけ。

      In Subdivisions of Sorrow

Depleted of reason to stand guard,
Behind erected fences...
Constructed to prevent hints of common sense,
To break them free of a stupidity,
Shielding them from their own happiness.
These vigilantes have grown tired of sightless threats,
Imposed upon them by fears implanted
Within minds long confined by unwarranted assumptions!

They have found no one with desires wanting to attack them.
They have discovered the unrest...
Coming from an isolation they were taught to believe
Others with envy sought to take away!
A way of life enriched by leeched resources.

Their misery results from a false and foolish perception,
A common grief they cherished was treasure to be protected!

They've come to realize their conflicts are their own.
And condoning them is not what others wish to share!
This is not the freedom perceived
By those who have chosen life free of imposed restrictions.
Or suppressed with opportunities to tax,
With burdens...
In subdivisions of sorrow that has lost its glimmer,
Sheen
And distant cravings!

アシュリー・八チングズの歌、演奏、好きかといわれたら、まあ何ともいいがたいところではあるのですが、この連中のBoxは、結局、買っちゃうのです。

Doug Dillard、Dillards の新譜、それにThe Flying Burrito Brothers の再発盤が手許に来ました。
Burritos の盤は、Gram Parsons が抜けたあとの二枚、 The Flying Burrito Brothers と Last of the Red Hot Burritos の2in1です。GPが抜けたあとのバンドに興味のない方も多かろうと存じますが、Chris Hillman, Rick Roberts のバンドでBernie Leadon もいるわけで。
バーニー・レドンは、Hearts & Flowers なんてあたりから追いかけておりまして。
なお、この 2 in1での掘り出し物は、Gene Clark が二曲、自作に参加しているのことでしょうか。

Public Image Limited のMetal Box なんてのを睡眠導入剤にしようと思ったのですが、無理でした。John Lydon の歌がなければよいのですが。そんなもの買ったほうが悪いだけですけど、ギターとドラムは悪くないと思いました。
どう聞いてもChris Spedding のギターにしか聞こえないのですけど。ドラムもちゃんとした人だなと。

Mike Nesmith 「Wichita Train Whistle Sings」(1968)
by nk24mdwst | 2008-04-22 11:53 | Tax Poems


<< e for what? stinky pinky >>