人気ブログランキング |

America Drinks

Robert Creeley の詩をいくつか。

     I Know A Man

As I sd to my
friend, because I am
always talking,--John, I

sd, which was not his
name, the darkness sur-
rounds us, what

can we do against
it, or else, shall we &
why not, buy a goddamn big car,

drive, he sd, for
christ's sake, look
out where yr going.


アメリカ口語のスタイルがストレートでAllen Ginsberg なんかよりはるかに個人的には好きです。

愛と女性をテーマにしたものです、次のは。

    Something

I approach with such
a careful tremor, always
I feel the finally foolish

question of how it is,
then, supposed to be felt,
and by whom. I remember

once in a rented room on
27th street, the woman I loved
then, literally, after we

had made love on the large
bed sitting across from
a basin with two faucets, she

had to pee but was nervous,
embarrassed I suppose I
would watch her who had but

a moment ago been completely
open to me, naked, on
the same bed. Squatting, her

head reflected in the mirror,
the hair dark there, the
full of her face, the shoulders,

sat spread-legged, turned on
one faucet and shyly pissed. What
love might learn from such a sight.


大人の詩です。率直ですし。
    
     The Way

My love's manners in bed
are not to be discussed by me,
as mine by her
I would not credit comment upon gracefully.

Yet I ride by the margin of that lake in
the wood, the castle,
and the excitement of strongholds;
and have a small boy's notion of doing good.

Oh well, I will say here,
knowing each man,
let you find a good wife too,
and love her as hard as you can.


詩人の言うとおりです。
詩は、high brow ないわうる high art だから、このような言葉づかいをしても構わなかった。逆に、限られたサークルの中の話だから。
ただ、同じようなことを、Frank Zappa のようにレコードやステージ、つまり、ポップやロックというような low art としてやるとこっぴどくたたかれた。やる方もやる方だけど。
FZには、独学だという誇り、資金調達も自前だという誇りとともに、逆に、high art やアカデミズムに対する偏見に近い、コンプレックスがあったのは事実ですね。

それと、クリーリーは、当時のアメリカのクレンジングされた社会通念常道だったかは別にして、普通の人が経験するようなことを当たり前に述べている。
ザッパは、特定のターゲットを絞って、変化球を投げている。

    Water Music

The words are a beautiful music.
The words bounce like in water.

Water music,
loud in the clearing

off the boats,
birds, leaves.

They look for a place
to sit and eat--

no meaning,
no point.


簡潔かつ奥が深く、音韻も素晴らしい詩です。

     America

America, you ode for reality!
Give back the people you took.

Let the sun shine again
on the four corners of the world

you thought of first but do not
own, or keep like a convenience.

People are your own word, you
invented that locus and term.

Here, you said and say, is
where we are. Give back

what we are, these people you made,
us, and nowhere but you to be.


痛烈です。
Lincoln のゲティスバーグの演説について、日ごろ考えていたところに通じる部分があります。

The people って誰かってことです。
Oliver Wendell Holmes, Jr.がいう、the Civilization と同じです。
the がつくと限定された意味になるのですが、日本語にするとき一般化してしまうことが多いのは適切でない場合が少なからずあるのではないかと思います。

詩は、やはり限られたサークルのものなのですね。ポピュラー音楽のようにレコード会社とか、放送局等が関わってくると状況は違ってくるのでしょう。

夕べ、スカパーでEdgar Winter を見ました。エドガーの方が、兄貴より個人的には、好みです。Rick Derringerと掛け合いをやってました。
Osmonds も出てました。演奏はカラオケ、歌はリップ・シンクっぽかったのですが、悪く無かったです。
by nk24mdwst | 2008-02-22 10:21 | Poetry


<< Billy the Moutain King Kong >>