人気ブログランキング |

Sleep Dirt

Archibald MacLeishの詩です。

詩について書かれた詩って多いのです。

       Ars Poetica

A poem should be palpable and mute
As a globed fruit

Dumb
As old medallions to the thumb

Silent as the sleeve-worn stone
Of casement ledges where the moss has grown -

A poem should be wordless
As the flight of birds

A poem should be motionless in time
As the moon climbs

Leaving, as the moon releases
Twig by twig the night-entangled trees,

Leaving, as the moon behind the winter leaves,
Memory by memory the mind -

A poem should be motionless in time
As the moon climbs

A poem should be equal to:
Not true

For all the history of grief
An empty doorway and a maple leaf

For love
The leaning grasses and two lights above the sea -

A poem should not mean
But be


Marianne Mooreの詩の冒頭、詩なんか嫌い、だけどという一節と併せ読んでみるという事でしょうか。

Bert Jansch の1966年のソロ・デヴューを夕べ聞いてました。23歳くらいの録音ですね。
コンテンポラリー・フォークの歌手でギターの上手い人って感じです。昔、聞いたときと全く印象が異なっています。
タイムが余りよくない、歌が悪くない、ギターは、下手ではないが、抜群というほどではない。

トラッド風味は無く、ブルースと独特の白さ、上手く言えませんが。12弦でやってますが、Loe Kottke にはるかに及ばず。
けなしているようですが、35年以上、ジャンチのファンなのですが。

Pentangle になっての演奏を聞くとバート・ジャンチもしゃんとしてきますが、ヴォーカルが中心、音楽的なリーダー・シップはともかく、ギターは、John Renbourne が安定していてとても上手いのだと再確認しました。

止せばいいのに、Jim Gordon がたたいている演奏を聞き出したら、眠れなくなってしまいました。
by nk24mdwst | 2008-02-16 14:29 | Poetry


<< The Reason To Be Waka/Jawaka >>