It's cold.

It's so cold and so easy to slip,

'cause it's snowing.

であります。

Amazonでルック&クリックと同様、blog も中毒するということがわかってきました。

What will you do, when the label comes off,

And the plastic's all melted,

And the chrome is too soft?

Who are the brain police?


FZの1966年Freak Out!の中の歌ですが、Phillip K. Dick の一番脂の乗り切っていた時期である、1960年代半ばから1970年代初めあたりまでの小説のモチーフを想起させます。

1970年代半ばの日本では、ディックの翻訳本は、「宇宙の眼」、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」くらいしか出ていなくて、「高い城」なんかも絶版状態だったと記憶しています。

池袋のビブロスで、バランタインのペーパー・バックを買い漁った覚えがあります。
学生時代に読んでいたのは、あと、Sporting News を毎週。といっても、6週間遅れくらいでしたが。

What shall we do, when the label's come off,

And the plastic's all been melted,

And the chrome's been too soft?

Who are the brain police?

They are the brain police as we are.

We are the brain police, so as they.


映画、Taxi Driver の中で、ロバート・デニーロが、鏡に向かってJohn Wayne を真似ながら一人でしゃべってるシーンのせりふです。

"Are you talkin' to me?"

地下鉄東西線に乗って、一人語ちていた学生が当時いたとしたら、私なら近づきません。

振り返りながら、"There' s no one but me, huh?"

あのタクシー・ドライバーの映画は、ベトナム帰りの不眠症のデニーロ演じるタクシー・ドライバーが主人公です。主人公は、シヴィル・シェパード演ずる大統領選挙運動員に片思いを寄せ、ジョディ・フォスター演ずる少女売春婦を助けるために、ハーヴィー・カイテル扮するピンプ、ポン引きをぶち殺す映画です。

クライマックスの銃撃シーンがあるわけですが、この主人公が行った人殺しが、現実のものだったのか、幻想だったのか、映画を見た30数年前から判断がつきません。個人的には、あれは幻想だったのではないかと考えています。製作者の意図とは違うのかもしれませんけれど。
[PR]
by nk24mdwst | 2008-02-08 12:50 | 音楽


<< Absolutely Free Who are the rai... >>