Weasels Ripped My Flesh

The Mothers of Invention 名義で出された、 Burnt Weeny Sandwich (1970,usa, bizarre) と続く Weasels Ripped My Flesh (1970, usa, bizarre) の位置づけについてです。

前者は、グロテスクなコラージュのジャケット、後者は、Little Feat の一連のジャケット・デザインでおなじみの Neon Park のアメコミ風のジャケットです。ジャケットに反して、Weasels の方は、私もなかなかとっつきにくくてどう評価すべきものなのかずっと悩んでいたものです。

これらは、Original Mothers が既に存在しなくなってから世に出ているわけです。Frank Zappa が、それまでに録音していたMothers音源を用いて、作曲家、指揮者としてMothersをアンサンブルとして使った作品、演奏の点描という位置づけかなと感じます。

Burnt Weeny の方が表面的には、解りやすいというか聞きやすいですから、私も引っかかってしまったわけです。Weasles の方は、Ray Collins が抜け、Lowell George と Roy Estrada が声を出していますが、ここでの彼らの扱われ方は、楽器としての声を出す人間という位置づけだということに気づきました。

いずれにしろ、点描というのは、褒めすぎで実体はDebrisと呼ぶべきかもしれません。

2008.2.23

上に書いているのは、ほとんどタワゴトです。
[PR]
by nk24mdwst | 2007-12-17 18:54 | 音楽


<< Administrative ... White Bicycles >>