Trader Horne

音楽は、昔、聞いたときと改めて聞きなおしてみたときとで印象が異なることがあるのは、よくあることですが、去年と今年で印象が全く変わったので自分でも驚いています。

トレーダー・ホーンはGiles, Giles, Fripp ; Fairport Convention を経たJudy Dyble とアイルランド出身のJackie McAuley のデュオです。一応、フェアポート一派のブリット・トラッド系を中心に追いかけていた一昨年に聞いたときは、ダイブル自身の音程の不確かさだけが気になり、つまらないと感じたのです。
この一年ほど、とがった音楽よりも暖かい音楽、ソフト(必ずしも軟弱ならず)な音楽の価値を再認識するようになってきた耳で聞きなおすと、余り上手くないトラッド・フォークの出来損ないという印象が、よい意味でのポップさをもっていたデュオだったのだと感じたわけです。

1970年代頃のロンドン・シーンでは、中途半端な存在だったのだとはよくわかりますが。

以下、2008.2.15記す。

デヴュー当時のフェアポート・コンヴェンションを聞きなおすと、明らかなByrds、Jefferson Airplaneの影響を感じます。
バーズのカントリー・フォーク・タッチは、Iain Matthews の歌い方とアクースティック・ギターの使い方ですね。マシューズの歌は、Gene Clark のように声がふらついていたりして。
エアプレーンを想起させるのは、ジュディ・ダイブルの歌声です。
Fairport Convention "Time will show the wiser (1967)です。イアン・マシューズのサングラスは、バーズあたりを意識しているのでしょう。
みんな当然ですが、若い。Richard Thompson は、17歳位ですね。

Sandy Denny が加わって、力強いアルトでトラッドを歌い始めると違うバンドに変わります。

ただ、1968年ごろに既に、Richard Thompson は、スライド・ギターでブルースっぽくやったり、ジャンゴ・ラインハルト風のフレーズを弾いたり、とても17歳の少年とは思えないプレイをしています。
当時人気絶頂だったはずの、某Eric Clapton 氏は、はるか後方でうろついている感じです。

レコード・コレクターズ創刊25周年特別企画
2007年6月14日 (木)
80年代ロック・アルバム・ベスト100

1位 Talking Heads / Remain In Light ○
2位 U2 / Joshua Tree
3位 Scritti Politti / Cupid & Psyche 85
4位 Donald Fagen / The Nightfly ○
5位 The Police / Synchronicity
6位 Prefab Sprout / Steve McQueen
7位 The Pop Group / For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder?
8位 Beastie Boys / Licence To Ill
9位 Peter Gabriel / So
10位 Sonic Youth / Daydream Nation

11位 Style Council / Our Favourite Shop
12位 Lou Reed / New York
13位 Prince / Sign 'O' The Times
14位 Style Counsil / Cafe Bleu
15位 Smith / Smith
16位 Roxy Music / Avalon
17位 Joy Division / Closer
18位 Clash / Sandinista!
19位 U2 / War
20位 John Lennon & Yoko Ono / Double Fantasy

21位 Keith Richards / Talk Is Cheap
22位 XTC / Black Sea ○
23位 Ben Watt / North Marine Drive
24位 Public Image Ltd. / Flowers Of Roamnce
25位 Aztec Camera / High Land Hard Rain
26位 Blue Nile / Hats
27位 Prince / 1999
28位 Rolling Stones / Tatoo You
29位 Young Marble Giants / Colossal Youth
30位 Jesus & Mary Chain / Psychocandy

31位 Brian Wilson / Brian Wilson
32位 Guns N' Roses / Appetite For Destruction
33位 Fairground Attraction / First Of A Million Kisses
34位 R.E.M. / Murmur -i.r.s. Years'84-
35位 Huey Lewis & The News / Sports
36位 Prince / Around The World In A Day
37位 Steely Dan / Gaucho
38位 Pale Fountains / Pacific Street
39位 John Hiatt / Bring The Family
40位 Michael Jackson / Thriller

41位 Elvis Costello / King of America
42位 Tom Waits / Rain Dogs
43位 Smith / Queen Is Dead
44位 Stone Roses / Stone Roses
45位 XTC / English Settlement ○
46位 AC/DC / Back In Black
47位 Steve Winwood / Back in the High Life
48位 XTC / Skylarking ○
49位 Los Lobos / How Will the Wolf Survive?
50位 Fabrizio De Andre / Creuza De Ma - 地中海の道程

51位 Smith / Meat Is Murder
52位 Buggles / Age of Plastic
53位 Paul Simon / Graceland
54位 Prince / Purple Rain
55位 Brave Combo / Humansville(廃盤)
56位 R.E.M. / Document
57位 Neville Brothers / Yellow Moon
58位 Paul McCartney / Tug Of War
59位 Napalm Death / Scum
60位 Madonna / Like A Virgin

61位 Ambitious Lovers / Greed
62位 De La Soul / 3 Feet High and Rising
63位 New Order / Substance 1987
64位 Black Flag / Damaged
65位 Serge Gainsbourg / Love on the Beat
66位 Metallica / Master of Puppets
67位 Motorhead / Ace Of Spades
68位 Feelies / Crazy Rhythms
69位 Patti Smith / Dream of Life
70位 Waterboys / Fisherman's Blues

71位 Talking Heads / Stop Making Sense
72位 Durutti Column / Return of the Durutti Column
73位 Public Enemy / It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back
74位 Iron Maiden / Number of the Beast
75位 Bob Dylan / Oh Mercy
76位 Leonard Cohen / I'm Your Man
77位 Big Black / Atomizer
78位 Peter Gabriel / 3 ○
79位 Robyn Hitchcock & The Egyptian / Queen Elvis
80位 Stevie Ray Vaughan / Texas Flood

81位 UB40 / Sigining Off
82位 Bruce Springsteen / Nebraska
83位 Prefab Sprout / From Langley Park To Memphis
84位 Motorhead / No Sleep Till Hammersmith
85位 Joni Mitchell / Shadows And Light
86位 Pogues / If I Should Fall From Grace With God
87位 Joe Jackson / Night And Day
88位 Elvis Costello / Spike
89位 Airplay / Airplay - ロマンティック
90位 Discharge / Why

91位 Billy Joel / Glass Houses
92位 Bonnie Raitt / Nick Of Time ○
93位 Hall & Oates / Private Eyes
94位 Kate Bush / The Dreamin
95位 Robert Wyatt / Old Rottenhat
96位 Discharge / Hear Nothing See Nothing Say Nothing
97位 Specials / More Specials
98位 Tom Petty & the Heartbreakers / Buck Up the Plantation
99位 John Hiatt / Slow Turning ○
100位 Elvis Costello / Get Happy!

全然もっていない、効いたことないものばかりだと再確認。
[PR]
by nk24mdwst | 2007-12-03 18:29 | 音楽


<< Saturday, Decem... Theory of the T... >>