人気ブログランキング |

rain, rain, pouring rain, dark

11月下旬だから、4時になるともう、暗いですね。
雨が降り出したものだから、きょうは、どの車も点灯していました。

クルーグマンの不吉な予言。
Op-Ed Columnist
There Will Be Blood
By PAUL KRUGMAN
Published: November 22, 2010

Former Senator Alan Simpson is a Very Serious Person. He must be — after all, President Obama appointed him as co-chairman of a special commission on deficit reduction.
http://www.nytimes.com/2010/11/22/opinion/22krugman.html
当る確率が高いかどうかは、解りません。

アメリカの連邦政府が緊縮を始めたら、既に緊縮をやっている州政府等の地方政府もさらなる緊縮財政を強いられるでしょうし。
FEDの金融政策だけで何とかなるはずが無いのだけど。

ブッシュ減税を続けるかどうかという問題もあります。
何もしないとブッシュ減税が続くのではなく、ブッシュ減税以前の低中所得層(年収3万ドルレベル以上)から、みな増税になるのです。
金持ち減税を続けるかどうかという問題もありますが、何もしないと、みんな増税になるという話なのです。

クルーグマンが大統領に悪態をついてます。
November 21, 2010, 2:07 am
FDR, Reagan, and Obama

Some readers may recall that back during the Democratic primary Barack Obama shocked many progressives by praising Ronald Reagan as someone who brought America a “sense of dynamism and entrepreneurship that had been missing.”
http://krugman.blogs.nytimes.com/2010/11/21/fdr-reagan-and-obama/
アメリカの今の大統領は、何をしようとしているのか。
逆に、彼に何ができるかというと、何もできない(経済政策的な意味で)というべきなのか。
意思がないのだという人もいるし、もともとそんなやつだったというのもいる。

法人税減税をして金融立国をするというアイルランド・モデルは見事に破綻したのはいいけれど、誰が後始末をするのか。
Europe Welcomes Irish Request for Assistance

By LANDON THOMAS Jr.
Published: November 21, 2010

DUBLIN — Ireland relented on Sunday and formally applied for a rescue package worth tens of billions of dollars, after months of trying to survive its financial crisis with austerity measures and strict budgetary planning.
http://www.nytimes.com/2010/11/22/business/global/22debt.html
アイルランドは法人税軽課国です。
しかし、EUで一番低い12.5%の法人税率、失業率も12%、悪い冗談ですね。

今日はばたばたしているのですが、事務所では、先週から続いてZappaをぶっ通して聞いている。

事務所でJean-Luc Ponti のKing Kongを聞いていて悪くないなと思って、夜、寝る前に聞いたら、ドラムのタイムがふらふらしている気がして気持ちが悪くなって止めました。
Aynsley Dunbarだから、下手じゃないわけだけど。私のほうが変だったのかな。

ザッパの音楽の複層性については、聞くたびに違う感慨を受けます。

この数日、睡眠導入剤音楽は、Jethro Tull です。

朝、目が覚めたらDrive-By Truckersで気合を入れる。あんな暗い歌で、どうやって気合を入れるのかって?!

全然、関係ないですが、Chris Speddingの自伝がアマゾンUK から届いた。こんなもの呼んで面白がるのいるんだろうか。
セッショノグラフィは、充実している。しかし、いつ読むのだ。
金子「租税法理論の形成と解明」上下巻なんてのも来たし。

本当に待っているのはVernon Joynsonの本だけど。
by nk24mdwst | 2010-11-22 17:28 | 租税法(アメリカ)


<< mystery disc white room >>