vintage, wine?

黄沙が酷いです。
例によって土曜は、仕事。
根気がなくなってきているのが解る。単純作業は飽きるし、何か考えようと思っても頭の中が黄沙で靄がかかっている。

イランでカマロ。
In Iran, Hailing Detroit With Vintage V-8’s

By JIM KOSCS
Published: November 12, 2010

THE scene has been played out so many times as to border on cliché. It begins with an impromptu meet-up of two Chevy Camaros, each announcing its prowess with a V-8 rumble. Then, despite good-natured banter between the drivers, an unspoken challenge is made. Finally, a tire-smoking showdown ensues.
http://www.nytimes.com/2010/11/14/automobiles/collectibles/14IRAN.html
イランじゃガソリン安いから、70年代のシェヴィー・カマロ・ヴィンテージが流行なのだそうで。

アメリカって何も考えてないのかもしれない。あるいは、全部筋書き書いているか。
役者が大根、監督は馬鹿、観客は何も解ってない。

アメリカもちゃんと社会保障の将来予測をしていたわけで。
Trends in Mortality Differentials and Life Expectancy for Male Social Security–Covered Workers, by Average Relative Earnings
by Hilary Waldron
ORES Working Paper No. 108
October 2007
http://www.ssa.gov/policy/docs/workingpapers/wp108.html
長期的には、人間はみな死んでいる?!

死ぬ前に老いるから問題か。

行方不明の我が子が、別の人物の被扶養者として申告されているのがわかったときは。
I.R.S. Sits on Data Pointing to Missing Children
By DAVID KOCIENIEWSKI
Published: November 12, 2010

For parents of missing children, any scrap of information that could lead to an abductor is precious.
http://www.nytimes.com/2010/11/13/business/13missing.html
IRSは、助けてくれない。
嫌われるはずだ。

アメリカでは住宅ローンの利子を所得控除できるのですが。
News Analysis
Taking Aim at the Mortgage Tax Break
By DAVID KOCIENIEWSKI
Published: November 12, 2010

By proposing to curtail the tax deduction for mortgage interest, the president’s deficit commission is sounding an alarm.
http://www.nytimes.com/2010/11/13/business/economy/13mortgage.html
世界中の税制が、税収不足ゆえに理論なぞかなぐり捨てて、増税色を強めている。
税制改革に携わっている連中が、素人ばかりになってる。

もちろん、租税制度に理論的整合性を求めてはいけないのです。

こんなことを言うと、租税正義を求める人たちにも、故北野先生にも叱られそうですが。

正義は相対的正義だと考えているものですから。

取る側の正義と取られる側の正義が違うのは、当然だと思うのです。

私の個人的価値判断の入った正義論を述べてもいいです。公平論、公正性の問題にしても価値判断抜きには語れないでしょう。ただ、正義というのは公平、公正が保たれたときに生まれるものだと理解しています。
公平、公正を担保するのは手続の公平、公正性だと。そして、その手続は適法に法制化、ないし、社会一般に慣習として根付いているべきだというのが私の立場かな。
これに、私の価値観が加わって、自分の価値観を正当化するべく理論構成をするという話になるのですが、価値観については、人それぞれであることを私は、認めます。
だから、私の価値観にも、それなりの意義を認めて欲しいということですが。
1億分の1でいいですけどね。
[PR]
by nk24mdwst | 2010-11-13 16:47 | 租税法(アメリカ)


<< just another go away little ... >>