人気ブログランキング |

football geopolitcs

ゆうべ、サッカー地政学について、何か思いついたことを思い出したのですが、忘れました。

忘れるから生きていられる。
約束を忘れると、信頼を無くす。

大恐慌とその後の保護主義との関係について、一般に考えられていることは違うとクルーグマン。
July 10, 2010, 4:53 pm
Hayek, Trade Restrictions, And The Great Depression

Reading some of the reactions to this post, I realized that quite a few readers believe that protectionism played a major role in causing the Great Depression, and even believe that this is what all the experts believe. Not so.
http://krugman.blogs.nytimes.com/2010/07/10/hayek-trade-restrictions-and-the-great-depression/
ハイエクを引いています。
さらに、ハイエクの後継者を任ずる人たちの議論の難点を指摘していますね。
デマンド・サイダーたる所以。
サプライ・サイダーは、需要不足によってもたらされ、それを増幅することになる、失業について市場が自動的に調節するという前提を捨てていないから議論にならんのだと。

この議論の枠組みは、確かにわかります。

今回のバブルの生成とその後の崩壊においては、東西の壁の消滅、世界的な自由な市場経済活動権の誕生が背景にあったわけで、結果的に非常に安価な労働力の供給過剰、設備の供給過剰の状況が存在するのだと、思うわけです。
一国、あるいは、先進諸国の強調レベルで、この根本的な需給ギャップの解消はできるのか。
需給ギャップの解消ができるまでの間、先進諸国は赤字財政を続けることによって成長軌道に乗るまでなんとか頑張り、そのあとで、自国通貨を切り下げる形で、後進諸国に借金の付回しをするってストーリーしかないのかな。
要するに、アメリカ経済の調整弁としてこの20年間日本が背負ってきた重荷のことを話しているのです。

欧州の付加価値増税は、上手く行くのか。

日本で消費税を増税すると経済成長を押し下げるなんて研究は第一生命経済研究所辺りが出しているのですね。
そして、法人税減税によって成長率は引上げられる。これがどこかで均衡するのかしないのか。
仮に均衡するとして、利益を国民が等しく享受できるのか。
所得税の累進度を高めること、あるいは、課税最低限を下げることはどのような意味を持つのか。
給付つき税額控除は、解決策たりえるのか。

例によって、書いているうちに問題意識が勝手に飛躍してきて。昼寝から覚めたところでぼっとしているんですけどね。
by nk24mdwst | 2010-07-11 14:07 | economics


<< everybody knows meaningless >>