人気ブログランキング |

another game

今日は、梅雨の晴れ間、暑い、一日。
明日は、月に二回のリサイクルの日。6時起き。
いや、いつも6時には起きているんですが、明日は、当番なので6時から1時間、集会所の前でお世話係。

夕べ、寝る前に聞いていたのは、Nirvanaといっても、'60年代のイギリスのビート・グループの方。半分聞かないうちに寝ちまいました。
今朝の寝起きに聞いたのは、Old In The Way。Sierra Records で買ったやつ。
偶然の巡り会わせか、シエラからClarence White の幻のソロ・デヴューのための録音(事故死の2日前)を含むコンピが届きました。
いい音です。
注文したのが6月25日ごろだと思うので、速く来た。GPはまだだけど。
送料無料で、値段を考えたら元は取れた。
今日は、時間、ないですが、このCDについては、収録曲のデータだけ、後日、ブログに載せます。評価なんてしてもしょうがないけど、どんな曲が入っていてどんなメンバーか。
親切なライナーで、下手な感想文じゃなくてデータがきちんと網羅されているわけです。
Don Henley の歌が聞けます。クラレンス・ホワイトはいないけど、Shilo(Al Parkinsがいます。)の曲がボーナスで入っていたりするわけです。
Roland White のソロがなかなか来ない。アマゾンなんかやっぱり駄目だな。

Sandy Denny 在籍時のStrawbs のライブが出ました。
Steeley Span の最初の5枚のアルバムのボックスが出ているのですが、その後の5枚も予約受付中ですね。まあ、オリジナル、ヴィニールとCDで持っているので、どうでも良いんですが。

ウルグアイの本物の神の手の話。
July 5, 2010, 8:59 am
Uruguay and the ‘Real Hand of God’
By JEFF Z. KLEIN

You can’t help but hear the incongruities in some of the things being said ahead of Tuesday’s Netherlands-Uruguay semifinal in Cape Town.
http://goal.blogs.nytimes.com/2010/07/05/uruguay-and-the-real-hand-of-god/
どうでもいいのですが、昨日、母校を訪れた本田選手の話を聞いた後輩が感想を述べるとき「ホンダ」と呼び捨てにしているのをテレビで見て、違和感。だって、学校の先輩だったら、本田さん、でしょ?

この後に、アメリカの税法の話が出てくるのでご勘弁。

UBSの顧客の脱税摘発の件について政治的な決着がついたところで、今度は、HSBCの顧客がターゲットですね。既に、一部内部告発でドイツやアメリカで摘発された人もいるわけですが。
HSBC clients in U.S. tax probe - report

Tue Jul 6, 2010 12:40am EDT

HONG KONG/SINGAPORE, July 6 (Reuters) - Some HSBC Holdings (HSBA.L) clients are being investigated by the U.S. Justice Department on suspicion of failing to disclose accounts in India or Singapore, Bloomberg reported on Monday, citing three people it did not identify.
http://www.reuters.com/article/idUSTOE66504520100706
連邦司法省が乗り出しているということは、最初から脱税で刑事告発するという話ですね。
HSBCのインドとシンガポールの口座を持つアメリカ市民がターゲット。

サプライ・サイドという言い方は知っていましたが、デマンド・サイドという言い方を初めて見ました。私の勉強不足でしょうが。要するに需要創出型ということですね。問題は、財政赤字をコントロールしながら、適切な需要創出はどうやったらできるのか。
歳出の拡大なのか減税なのか。
Op-Ed Columnist
A Little Economic Realism
By DAVID BROOKS
Published: July 5, 2010

Let’s say you’re the leader of the free world. The economy is stuck in the doldrums. Naturally, you want to do something.
http://www.nytimes.com/2010/07/06/opinion/06brooks.html
それほど大したことは、言ってません。
有効な需要創出をするような政策を採れって。それが何かわかれば苦労はない。
失業率が高止まりしているので、財政均衡目的のために失業給付の延長を止めるのは間違っている、それから、州政府の緊縮財政が雇用悪化の原因なので連邦政府が援助をすべきだと。
恐らく、連邦国家としてのアメリカにとっての最善の策でしょうね。
州以下の地方政体の財政援助をしなければ、意味がないのだと思います。

さて失業者は、何か悪いことをしたのか。
Op-Ed Columnist
Punishing the Jobless
By PAUL KRUGMAN
Published: July 4, 2010

There was a time when everyone took it for granted that unemployment insurance, which normally terminates after 26 weeks, would be extended in times of persistent joblessness. It was, most people agreed, the decent thing to do.
http://www.nytimes.com/2010/07/05/opinion/05krugman.html
クルーグマンは言わずもがなですが、失業者を救済せよって。
共和党の馬鹿野郎とも。DPJの馬鹿とは言ってませんけどね。

金融機関の規制にはバランスが必要だとポスト。
Financial reform's unfinished agenda

Tuesday, July 6, 2010

AKEY CAUSE of the financial crisis was that financial institutions took on far too much leverage -- they risked vast multiples of capital, rendering them vulnerable to the slightest downturn in asset prices. It follows that regulators should set higher capital requirements. "The top three things to get done," Treasury Secretary Timothy F. Geithner told the New York Times in March, "are capital, capital and capital." The Dodd-Frank financial reform bill authorizes and encourages higher capital requirements but leaves the details up to regulators.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/07/05/AR2010070502581.html
こんなに長くしないで、記事を二つに分けろって言われそうですが、とにかく、メモっておかないと、後で探せないので。

サルコジ。
Let them eat cake (or smoke cigars)

Jul 5th 2010, 15:00 by The Economist online | PARIS
http://www.economist.com/blogs/newsbook/2010/07/french_politics
エコノミストはタイトルだけ。
by nk24mdwst | 2010-07-06 18:52 | 租税法(アメリカ)


<< a hot summer da... today is tommor... >>