人気ブログランキング |

the power elite

何のかのいっても本当に、アメリカの税金の世界で力があるのは、こういうところ。
Caplin & Drysdaleタイムズなんかにここの弁護士の話が出てますからね。
というか、ここの弁護士が全米トップ500に入っているのも当然名だけじゃなくて、弁護士の経歴も燦然と光り輝いているのですね。
GULCとかなり強い結びつきがあるようです。
商売だから、共和党、民主党、余り関係なく付き合っているようですが。どちらかと言うと民主党系なのかな。解らんです。

やっとUBSの一件も決着したようです。
Swiss Parliament Approves UBS - U.S. Tax Deal

By REUTERS
Published: June 17, 2010

Filed at 11:07 a.m. ET

ZURICH (Reuters) - The Swiss parliament has finally backed a treaty to give the U.S. details of clients UBS AG helped dodge taxes, ending nearly a year of uncertainty that threatened the Swiss bank's recovery.
http://www.nytimes.com/
reuters/2010/06/17/news/news-us-ubs-tax.html?scp=12&sq=tax&st=nyt議会が理解を示してくれたおかげで、スイスは生業である銀行ビジネスを続けられる、議会に感謝と大統領。
第二次大戦のときにもちゃんとナチの資金を動かしていたし、冷戦の時だって旧ソ連の石油代金の決済をちゃんとやっていたのがスイスの銀行さんですからね。
ポストの記事。
Swiss to help IRS identify secret UBS accounts in tax probe

By David S. Hilzenrath
Friday, June 18, 2010

The Swiss parliament approved a deal Thursday to help the Internal Revenue Service obtain the names of Americans with secret accounts at Switzerland's largest bank.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/06/17/AR2010061703754.html
しかし、アメリカでIRS主席法律顧問官(当時。この職は大統領任命職です。)に、サモンズの話を聞いたとき、自分が、現職のときは、いつも懐にもっていたって言ってましたっけ。「ケイマンあたりに金を隠しているごろつき相手だったから」と。
racketeer なんて言葉を、活字ではなくて、言葉として聞いたのは初めてでした。映画とかじゃなく生のと言う意味です。ボストンを管轄する部署にいたのだそうで。
主席法律顧問官というのは、IRSの組織の中にいるわけですが、立場とするとIRS長官に対する法律顧問という職なのですね。彼の下に、一群の弁護士、法律家集団がいるというのがIRSの機構です。

嫌な感じ。
Op-Ed Columnist
That ’30s Feeling
By PAUL KRUGMAN
Published: June 17, 2010

BERLIN

Suddenly, creating jobs is out, inflicting pain is in. Condemning deficits and refusing to help a still-struggling economy has become the new fashion everywhere, including the United States, where 52 senators voted against extending aid to the unemployed despite the highest rate of long-term joblessness since the 1930s.
http://www.nytimes.com/2010/06/18/opinion/18krugman.html
1929年のニューヨーク株式市場の暴落とその後の保護貿易主義が、あの大戦につながったと言うのは、半分本当ですが、クルーグマンがいつも言うように、私も1934年のFDRの失政が、あの戦争を必要としたのだと思っています。

しかし、既に戦争はやってるし、油は、漏れているし。

中国の政情、世情不安は、これまた嫌な感じですね。
景気刺激のための低金利政策だけではなくて、おそらく、人為的に人民元を安くするために中国の為替当局は、強烈なドル買いをしている、つまり市場に人民元をばら撒いていて、それが資産バブルをうんでいるのだと思います。1985年のプラザ合意の後に日本の財務省と日銀がやったことと同じです。
そうでなくても経済格差、同じ国民でありながらに種類の戸籍がある、つまり階級制度が存在することの矛盾が、昨今の労働紛争につながっているのでしょう。
物価自体が上がっているのではないかと思います。それに対して、賃金を抑えられている農民工の不満が爆発と言うのはよくわかります。しかし、ここで、賃金を上げると、真性インフレ・スパイラルになりかねないし、他方、バブルは、いつか弾けるに決まっているし。

Preflyte Sessions の一番最初の頃のアクースティック・ヴァージョンのミスター・タンブリンマンを聞きながら、こんなことを書いていると言うのも不思議な感覚です。

最近、Marc Benno とBobby Whitlock の最近の録音をいくつか入手しました。いや、二人とも、悪くないです。Scott Boyer, Tommy Talton のようにおっさん声になっていない。同世代なのに不思議。

消費税増税論の前に、子供手当に関する欺瞞を追及しておく必要がありますね。
子供手当を財源不足を理由に削減すること自体は、ある意味、仕方がないのかもしれません。ただし、その財源という目的で人的控除の削減を行ったこと、つまり、課税最低限を引き下げたことに対する説明をきちんとしろと言う話です。
古谷とかいう主税局長は、ちゃんとわかっているはずなんだから、出てきて説明しろって。

おでん屋へ、ネクタイ外して来たらいいってもんじゃないのだ。
ゴマすり税務研究会は、嫌いです。
by nk24mdwst | 2010-06-18 18:54 | 租税法(アメリカ)


<< suturday as usual right or left >>