人気ブログランキング |

identify yourself

UBS事件もスイスの議会が、スイス政府の合意を認めたので、決着しそうです。
Swiss Lawmakers Turn to Voters on UBS Disclosure
By LYNNLEY BROWNING and DAVID JOLLY
Published: June 15, 2010

Swiss lawmakers have approved a deal to disclose the names of thousands of American clients suspected of evading taxes through accounts at a UBS bank, but whether American prosecutors get the names could now be up to Swiss voters.
http://www.nytimes.com/2010/06/16/business/global/16ubs.html
4,450件の口座情報が開示されるということになりました。
ちなみに、この口座は、複数人名義となっているものが少なくないのであぶりだされる納税者の数は、4,450人以上になるだろうということです。Treasury Inspector General For Tax Administratinによるリポートで、昨日、ポストの記事を採り上げたものの本体です。
Most Unpaid Taxes of Participants in the Troubled Asset Relief Program Have Been Resolved
April 28, 2010
http://www.treas.gov/tigta/auditreports/2010reports/201030050fr.pdf
KPMGがワシントンD.C.から、ヴァージニア州のフェアファックス郡に拠点を移すという報道。
KPMG relocates 300 employees from D.C. to Virginia

By Danielle Douglas
Capital Business Staff Writer
Wednesday, June 16, 2010

KPMG is shuffling more than 300 employees from its downtown District offices to Tysons Corner. With the move, the audit, tax and advisory firm will count roughly 800 employees at its new Virginia office and 650 at the D.C. locale.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/06/15/AR2010061505548.html
理由は、簡単で、雇用創出プログラムがあるほうへ移るというわけですね。補助金がもらえる。

ハイエクを個人的には信奉しているのですが、労働価値説だって捨てられなくて。
拡張財政には賛成だけど、管理社会、管理国家が私は、大嫌いです。
緊縮財政批判を続ける、クルーグマン。
June 14, 2010, 6:25 am
The Bad Logic Of Fiscal Austerity

So, one more time: here’s an attempt to put together some key arguments about why the rush to fiscal austerity is deeply misguided.
http://krugman.blogs.nytimes.com/2010/06/14/the-bad-logic-of-fiscal-austerity/
こっちでは、ほんとにハイエク持ち出してます。
デフレと低金利政策について。
June 14, 2010, 6:43 am
Antipathy To Low Rates

Richard Serlin, in comments at Mark Thoma’s place, makes a very good point about the efforts of Rajan and others to come up with a reason to raise interest rates even in the face of high unemployment and incipient deflation.
http://krugman.blogs.nytimes.com/2010/06/14/antipathy-to-low-rates/
管理国家とか監視社会というのは、旧共産圏とか、スウェーデンのような福祉国家体制を思い浮かべがちですが、現実にはそれ以上に市場主義的経済志向の国家の方が監視体制を強めるのですね。
なぜなら、自由競争という名の不平等な競争は、階級格差、色んな紛争を生み社会の治安が悪くなるので、監視を強める必要がある。要するに、特権階級は、守られた塀の中に暮らし、一般大衆を城壁の外に押し込めて、外から監視するというわけです。

マック・デイヴィスの「スラムの惑星」は、最近、一番、刺激を受けた本ですね。
by nk24mdwst | 2010-06-16 16:11 | 租税法(アメリカ)


<< cow boy neighbor, neighbor >>