人気ブログランキング |

so you, wannabe

昨日から、25度を超える気温で、いっぺんに夏が来たような感じです。
老体には、こたえます。

ソニーの音楽ファイル管理ソフトの悪口を書きましたが、訂正。ちゃんと手順を踏めば、大丈夫でした。
なんでもオートランさせたのが失敗で、きちんと設定を確認してやれば、ファイルは復活しました。

ヘッドフォンと称するイアフォンは、低音から高音まで良く出ていて、解像度も高いと思います。別にそんなに高いものを使っているわけじゃないのですが。
でも、これもみんな錯覚で、頭の中で音を補正しているのですよね。
機器の性能が上がったことは認めますけど。

ファン・フォクトの「ナルA」シリーズでは、空間瞬間転送装置が登場します。1940年代の小説なので、スイッチを入れるためには、「真空管」を押し込む必要があります。
しかし、小説を読んで、作者の頭の中にある現実に存在しない風景や物体を、頭の中で思い描くというのだから人間の脳というのもなかなか、やるものです。
コンピュータを使って、色んなグラフィック処理をされたものより、昔のブルー・スクリーンとかガラスを使った遠景の表現には、敵わないと思うのは、私が年だからでしょう。
しかし、「ベンハー」、「十戒」、「スパルタカス」、「クレオパトラ」といったセシル・B・デミル的、歴史絵巻の人海戦術を見てしまうと、インチキグラフィックは、そこが浅いなと感じます。

アンソニー・クインの「パラバ」という映画をスカパーで見ましたが、遠くの丘の上にもちゃんと大量の人がいて演技している。
この手の人海戦術は、昔の日本の時代劇の大名行列や街道のシーンを見ても良くわかります。
日本映画の時代劇は、いまや、風光明媚な日本のコンクリート以前の風景がないので、駄目ですね。それと、背が高くてスタイルのいい今の役者さんは、まげと着物が似合わない。
by nk24mdwst | 2010-05-06 12:26 | 記憶


<< anybody sliding j for judo >>