人気ブログランキング |

here comes vat

これは、メモしておく価値があるような気が。
Obama Suggests Value-Added Tax May Be an Option
By THE ASSOCIATED PRESS
Published: April 22, 2010

WASHINGTON (AP) -- President Barack Obama suggested Wednesday that a new value-added tax on Americans is still on the table, seeming to show more openness to the idea than his aides have expressed in recent days.
http://www.nytimes.com/aponline/2010/04/22/us/politics/AP-US-Obama-Tax.html?scp=2&sq=tax&st=nyt
アメリカにVATを連邦レベルで導入する選択肢が無いわけじゃないと、大統領の発言。

付加価値税システムというのは実にインチキな租税システムだと私は、個人的に考えていますが。

アメリカの租税制度の中でこのような税が馴染むかどうか。
現状では、超党派で、特に共和党ないし小さな政府派からの強力な抵抗が予想されるというか、それ以前に議会でこんな税には反対だって、圧倒的多数で議決しているんですが。

現状のIRSの体制と所得税制を前提に考えたら、アメリカで付加価値税という新しい連邦税を上手く運営することは、かなり難しいのではないかと思うのですね。
個人の所得税の申告件数を圧倒的に減らせるような租税制度改革とセットで無いと無理かなと。
租税制度として適正公平だという議論ではなくて、執行可能性レベルにおいての話です。

IMFが発展途上国に対して援助等をするときに、つまり融資等をするときに、セットで租税制度を押し付けるのですね。この押し付け租税制度セットの中身は、付加価値税と納税者権利憲章。

ドイツ、フランス、イタリア、あるいは北欧の付加価値税を中心とした社会保障制度というのは、基本的に実に簡単な話です。
つまり、階級制度を大前提にしていて、同一労働同一賃金、勤労階級は貯蓄をしなくてもいい、貸家に住めばよい、教育もただ、医療もただ、年金も面倒を見る、その代わり財源は付加価値税。
これ、極論すると、貧乏人同士の助け合いで(逆進性のことです)貧乏人の相互扶助をはかり、逆に、付加価値税は輸出免税があるので、法人税率引下げとセットで輸出振興補助金の機能を果たし、大企業を利するというシステムだというのが個人的な理解です。

ただし、この西欧のシステムに関しては、誰かが押し付けているのではなく、社会にきちんとした合意が存在することは認めます。そこが日本やアメリカと違うところ。

ただ、結局、この手の制度設計自体は、冷戦下においては、実効性があったわけです。西欧の労働者の最低賃金が守られていたわけです。
だから失業率が高くても何とかやっていけた。
付加価値税の課税標準は損益計算書ないし、収支計算書で見れば一目瞭然ですが付加価値を生むもの、つまり人件費です。
ですから、付加価値税が高いということは雇用抑制要因です。付加価値税の完全転嫁などという幻想を捨てれば直ぐにわかります。
これは、10数年前における、西欧諸国(まあ、当時の日本も含めて)における、付加価値税率と失業率との間に正の相関関係が認められたことからも解ります。

ただ、この最低賃金というやつが、東西の壁の崩壊で、単位時間当たりの人件費が決定的に下がってしまった現在、守れなくなって行き詰ったというのが世界の、いわゆる先進諸国の現状ですよ。
それを逆手にとって、低賃金労働で物を生産させ、投機マネーで博打を打って、みんなで自家用ジェットに乗るという、カジノ資本主義が破綻したというのが現状です。

話は、アメリカに戻るのですが、アメリカにおける公的福祉の実際というのは、なかなか見えにくいと思います。連邦レベルでの数字と、州あるいはそれ以下の地方政府レベルでの役割分担が存在するので、日本のような中央集権的システムと比較できません。

それから、アメリカにおけるペイロール・タックスの役割というものも、検討する必要があるのだと思います。

スウェーデン派、非常に分権的なシステムをとっています。要するに地方政府の財源は個人住民税なのですね。国レベルの財源が付加価値税。

引用して終わるつもりだったのに、例によって、話が勝手に飛躍して。

フルトヴェングラーは、すばらしいです。
by nk24mdwst | 2010-04-22 19:10 | 租税法(アメリカ)


<< it's rainin... greed >>