人気ブログランキング |

who could do that?

曇り空、強めの北風が吹いて寒いです。
一度、引っ込めたベストを引っ張り出してきました。座っているときは、ひざ掛けの復活。

先日の黄沙のせいで、茶色になっている車を洗車したいのですが、今週、下手をすると雪が降るとかっていうので、洗うのは来週ですね。

彼の国が、ウェブ鎖国をやろうとしても、大気の鎖国は、できないわけです。垂れ流される方は堪らないという被害者意識でものを言ってもいいのですが、彼の国に住む人の方の被害の方が大きいわけですね。

突然、脈絡なく思い出したのが、1963年のキューバ危機の話のときの恐怖について、ジャック・ブルースが語っていたことでしょうか。アメリカのミサイル原潜の基地の港が近くだったのだそうです。彼が、まだ、ロンドンに出る直前だったのですね。

一応、歴史に残ることなのでしょう。
Text
Obama’s Remarks at the Health Care Bill Signing
Published: March 23, 2010
http://www.nytimes.com/2010/03/24/us/politics/24health-text.html
あの大統領のしゃべり方というのは、論理的に話したり、書いたりすることを非常に重要視するようになっているこの20年来のアメリカのロー・スクールの教育方針の成果というべきですね。
主張の気に入らない人にとっては、温かみに欠け、冷たく聞こえるのでしょう。
三百代言という言葉がありますが、アメリカのロー・スクール教育は一番最初に法哲学を教えるのではなく、洗練された文章能力、発表能力を教えるというわけで、三百代言に磨きをかけるというシステムですね。

まあ、以前のように訳のわからん法律を根拠に悪文で訳のわからん判決を書かれるよりは、はるかにましですけれど。

新たな景気刺激策が下院に提案されるようです。
House Takes Up Bill on Infrastructure, Tax Cuts
By THE ASSOCIATED PRESS
Published: March 23, 2010

WASHINGTON (AP) -- Local governments could line up billions of dollars in new construction projects under the latest in a series of election-year jobs bills Democrats are pushing in Congress as unemployment hovers near 10 percent.
http://www.nytimes.com/aponline/2010/03/23/us/politics/AP-US-Congress-Jobs-Bill.html?_r=1&scp=7&sq=tax&st=nyt
インフラ整備のための公共事業を地方政府が行うための手立てを連邦政府が行うというのがメインです。
もうひとつ、Buy America Bonds プランですね。国民に財務省証券を買ってくれと。税制上の優遇を与え、その国債を原資にして建設資金をひねり出す。

長期保有した中小企業の株式売却益に対するキャピタル・ゲイン課税の免除規定の延長というのもアリアンス。
逆に、外国の多国籍企業が別会社を作ってそれを取引に介在させることによって、アメリカにおける利益に対してかされる源泉課税を免れることを禁止する条項も盛り込まれています。

アメリカの申告書作成代理業者の動向には、注目しているので。
H&R Block Provides Early March Tax Returns Data
By THE ASSOCIATED PRESS
Published: March 23, 2010

Filed at 7:55 a.m. ET

KANSAS CITY, Mo. (AP) -- H&R Block Inc. said Tuesday the number of tax returns it has prepared at its retail sites rose 4.3 percent in the first half of March compared with a year ago, but are down 6.3 percent for the tax season as a whole.
http://www.nytimes.com/aponline/2010/03/23/business/AP-US-HR-Block-Taxes.html?scp=4&sq=tax&st=nyt
今年の3月前半における、H&Rブロックを利用した申告書提出件数は、前年比で4.3%増加したと。
しかし、申告期間に入ってからの全数では、6.3%減少しているというわけです。
アメリカの確定申告期限は、4月15日ですから、まだ駆け込みがあると思われるのですが。

ただ、早く申告して還付を受けたいのが人情ですから、3月前半までの時点で申告者が減っていることは、どういう理由によるのかですね。

年間の見通しとしては、5%程度の申告件数減があり、他方、申告作成一件当たりの利益は、2%余り増加するとしています。
作成枚数が減ったので、コストが減ったというのその理由だというのですが、作成枚数にしめる変動費の割合が高いのですね。このビジネスは、固定費に当たるソフトの開発等が大きな費用であると普通は考えられるので、沢山こなせば、一件当たりの利益が増えるはずなのです。
言っていることが本当だとすると、何か根本的に、ビジネス・モデルとしては失敗なのじゃないかと思いますが。
by nk24mdwst | 2010-03-24 11:33 | 租税法(アメリカ)


<< it's rainin... keep on walkin&... >>