人気ブログランキング |

so you gonna wade the water

ちっとも面白くない月曜日です。

だまし、だまし使っていたウォークマンが、PCに認識されなくなってしまって。
そもそも、誤って、転送してあった全曲を消したというのが失敗、入れなおそうと思ったら、認識できません、って。

例によってアトランダム、かな。IMFって誰の味方なのか?
Global Crisis Leads I.M.F. Experts to Rethink Long-Held Ideas
E-Mail

By SEWELL CHAN
Published: February 21, 2010

WASHINGTON — The International Monetary Fund has long preached the virtues of keeping inflation low and allowing money to flow freely across international boundaries. But two recent research papers by economists at the fund have questioned the soundness of that advice, arguing that slightly higher inflation and restrictions on capital flows can sometimes help buffer countries from financial turmoil.
http://www.nytimes.com/2010/02/22/business/22imf.html
IMFとかOECDのHPというのは、日本語でも読めるのですが、英語では記述されているものが全て日本語になっているわけではないような感じであります。

インフレ・ターゲット論、今度は、日本の政府と日銀の軋轢について、ロイターが。
Japan finmin needles BOJ on inflation targeting

By Stanley White and Leika Kihara

TOKYO, Feb 22 (Reuters) - Japan's Finance Minister Naoto Kan reiterated his desire to target inflation, setting up a clash with the Bank of Japan over how best to pull the country out of deflation.
http://www.reuters.com/article/idUSTOE61L00X20100222
菅財務大臣に対する読売のインタヴューが元ねたなのですが。

アメリカは、ギリシャ並みの財政状態だというわけですが。
Greece and the welfare state in ruins

By Robert J. Samuelson
Monday, February 22, 2010

It would be possible in other circumstances to disregard the ongoing story of Greece and its debts as a tedious tale of financial markets. But there's much more to it than that. What's happening in Greece speaks to two larger issues affecting hundreds of millions of people everywhere: the future of the welfare state and the fate of Europe's single currency -- the euro. The meaning of Greece transcends high finance.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/02/21/AR2010022102914.html
この比喩でいうと、日本はどこに位置するのかなって思うわけで。

インフレ・ターゲット論というのは、ディスインフレないしデフレの下で、どれくらい意味があるものなんでしょうね。
February 21, 2010, 9:37 am
Inflation Perceptions

I’ve recently put up several posts on disinflation, and was struck by how many of the comments were along the lines of “Get real — the cost of everything like food and gas has gone way up over the past two years.” So I thought I’d look at the BLS average price data.
http://krugman.blogs.nytimes.com/2010/02/21/inflation-perceptions/
バブル崩壊後、不良債権処理に手間取り、その後のデフレ・スパイラルから抜け出ることができなかった日本で、インフレ・ターゲット政策が取られなかったことだけは事実ですが。

クルーグマンってやっぱり嫌われているみたいです。
The Deflationist
How Paul Krugman found politics.
by Larissa MacFarquhar
March 1, 2010

When it is cold at home, or he has a couple of weeks with nothing to do but write his Times column, or when something unexpectedly stressful happens, like winning the Nobel Prize, the Princeton economist Paul Krugman and his wife, Robin Wells, go to St. Croix.
http://www.newyorker.com/reporting/2010/03/01/100301fa_fact_macfarquhar
クルーグマンと奥さんのロビン・ウェルズがそれぞれ猫を抱いて立っている写真が載ってます。
猫の名前は、ドリス・レッシングにアルバート・アインシュタインだそうで。

どうも、60年代のR&Bを聞きたい気分が続いていて、今は、サム・クックのSAR Record Storyを聞いています。
この二枚組みの1枚目はSoul Stirrers 他のゴスペル・グループがサム・クック他の人たちの書いた曲をレコーディングしたものです。プロデューサーは、サム・クックで、ところどころ、サムとグループとのやり取りが聞けます。The Wommack Brothers の演奏で一枚目はお終い。
CD2は、サムのYou Send Me のデモから始まるというわけです。
Lou Rawls は、バック・コーラス。Billy Preston のソロがあります。

バック・ミュージシャンもきちんとクレジットされていて、知っている人の名前がずらりと並びます。
1959年から1965年までのレコーディングなので、ドラマーの中にはハル・ブレインがいないのでしょう。アール・パーマーはちゃんとクレジットされていますし、ジーン・エステス、エミール・リチャーズの名前もちゃんとあります。
ベースでは、レイ・ポールマン、ギターは、トミー・テデスコといった人の名前が当然出てきています。
マック・レベナックの名前もあります。

フィル・スペクターのセッションや一連のサーフ・ミュージックのセッションに参加した人たちと相当重なっているのですが、重ならない人もいます。
シド・シャープ・オーケストラもちゃんとクレジットされています。

R&Bやソウルを期待する人には、ゴスペル・グループの演奏に聞こえるかもしれませんが、このレコーディングで聞ける歌声は、洗練されたR&Bそのものですね。
Hey, girl というかわりに、Oh, Lord、baby じゃなくてJesus って言ってるだけです。

音楽が持つ力の素晴らしさって、歌詞なんか関係ないようです。
このグループのアカペラものは、まだ「ゴスペル」という感じがしますが、このスモール・コンボをバックにしたものは、ソウル、というべきなんでしょう。

'60年代のアメリカに、何も知らないガキの私は、日本の田舎で憧れていましたが、あの独特の理想主義的な(逆に言うと偽善的な)一連の運動、movement は、結局、いくつかの暗い事件を経て、負の遺産だけをあの国に残したように思えることが少なくありません。
by nk24mdwst | 2010-02-22 18:34 | economics


<< heartaching mor... warm head, cool... >>