人気ブログランキング |

bluff

スイスの銀行はIRSに情報を提供することを一応、止めるようです。もちろん、裁判を受けての結果ですが。
Swiss Back Away From Deal to Give Names of Rich UBS Clients to U.S.

By LYNNLEY BROWNING
Published: January 27, 2010

The Swiss government on Wednesday backed off an agreement with the United States that required it to hand over the names of wealthy American clients of the Swiss bank UBS who were suspected of tax evasion.
http://www.nytimes.com/2010/01/28/business/global/28ubs.html
スイス国内法とアメリカ法における脱税(tax fraud)の定義が違うということと、スイスにおける銀行の守秘義務を定める銀行法の問題が背景にあるのですが。

昨年、8月にUBSがIRSに提供した名前、口座名以外に何件、IRSに対して情報開示されたのかどうかは、全く明らかにされていません。
このスイスの裁判所の判決は、昨年の8月の開示についてのスイスにおける合法性の問題をも問うものです。ただ、この状況において、IRS及び連邦司法当局は、当初の要求どおりの情報開示を求めているわけです。
さらに、UBSとスイス政府、議会も逆に困惑しているという状況のようであります。

ただ、国際的にタックス・ヘイブンに関する情報開示要求が強まる中で、スイスが従来と同様の銀行守秘を協力打ち出すというのは、国際的に見てスイスにとって得策なのか同かも不明です。

ガイトナー財務長官がニューヨーク連銀総裁だった時代に行われた連邦によるAIGに対する税金投入の適正性が議会委員会で問われています。
Drawing Fire, Geithner Backs Rescue of A.I.G.

By MARY WILLIAMS WALSH
Published: January 27, 2010

WASHINGTON — Timothy F. Geithner, the Treasury secretary, defended the bailout of the American International Group again on Wednesday to a group of representatives who would not buy his explanations.
http://www.nytimes.com/2010/01/28/business/28aig.html
当時のメール等の証拠を出して、ガイトナーは問い詰められているのですが。
連銀内部でもあまり議論が行われなかったというか、ほとんど議論なしにことが決まったようです。
当時は、いわゆる政権移行期で、政権移行チームも登場するのですが、この連中が、結局、ウォール街そのものなんですね。
移行チームは、誰に雇われていたのか?って詰問されています。

結局、このときの移行チームが今の政権の税財政政策を仕切っているわけで、チェンジなぞ起こりえないのも仕方がないのか、というわけですね。
チェンジ以前の問題として、ネポティズム、再びかと。
しかし、読者のコメントは辛らつ極まりないです。

一般教書演説です。
Text: Obama’s State of the Union Address

Published: January 27, 2010

Following is the transcript of President Obama's State of the Union address, delivered Jan. 27, 2010, as released by the White House:
http://www.nytimes.com/2010/01/28/us/politics/28obama.text.html
タイムズの解説。
Obama to Party: Don’t ‘Run for the Hills’

By SHERYL GAY STOLBERG
Published: January 27, 2010

WASHINGTON — President Obama vowed Wednesday night not to give up on his ambitious legislative agenda, using his first State of the Union address to chastise Republicans for working in lock-step against him and to warn Democrats to stiffen their political spines.
http://www.nytimes.com/2010/01/28/us/politics/28obama.html


戦前のエール大学に日本人教授がいて、その書簡について今朝の日経の経済教室で元の駐米大使が触れていました。日独伊三国同盟やヒトラーを難じています。
先見の明に打たれる思いがしました・・・うそです。エール大学だから、なんとなく得心がいったというか何というか。日米関係ってそんなに簡単なものじゃないだろって思いました。
反米派は、反親米派だというのは、確かにその通りかも知れませが。
by nk24mdwst | 2010-01-29 10:10 | 租税法(アメリカ)


<< how did i sleep... sour cream >>