人気ブログランキング |

what’s remaining in baltimore

今朝も、晴れていますね。

引越し週間、ずっと良い天気でした。ご先祖さんに感謝。あ

今は、Flying Burrito Brothers をファースト・アルバムから聞いていて、サード・アルバムに到達。リック・ロバーツ・ヴァージョンになっちゃいました。
ここまでが、ブリートスと呼べるバンドでしょうね。聞き覚えのあるドラマーが叩いているようです。
ドラムが良くなった代わりに、ベースが普通になっちゃって。
バーズでもクリス・ヒルマンがレコーディングで弾いているやつもあるってことですが。

ゆうべは、FZ のスタジオZ時代のものを集めたFor Colletors Only を聞いてました。Cucamonga と同じものですけどね、基本的に。
レイ・コリンズの歌がいいです。

三流ホラーのテーマみたいな The Jeepersなんてので始まるのですが。

ポール・バフから、スタジオ設備だけじゃなくて、ドラムやベースまで込みで1,000ドルで買ったのがこのスタジオですね。
バフはストロベリー・アラーム・クロックなんかにこのあと関っていたりして音楽業界では、余り日のあたらないところを歩いていくのですね。ナッシュヴィルに最後には、到着する。
しかし、この60年代前半から半ばの時期は、さすがに元海兵隊員らしくサーフ・ミュージックに入れ込んでいますね。

ストロベリー・アラーム・クロックというと、ラス・マイヤーの例の映画に登場してきます。このバンドのギタリストだったエド・キングは、サザン・ブルーズに目覚めてレーナード・スキナードに加入して、あのトリプル・ギター・スタイルが完成するわけですけど。
ジャケット写真を見るとわかりますが、いつも一人離れてたっているのが印象的です。彼がスキナードから抜けたのは当然の帰結なんでしょう。

カリフォルニア出身だけど、ジョージア州に住んでいるようです。アル・クーパーもジョージアに住んでいるとか。
by nk24mdwst | 2009-10-31 08:08 | 音楽


<< blow your whistle on a fine day >>