人気ブログランキング |

what to do and not to do

ファーストタイム・ホームバイヤー・クレジットは、効果がないというポストへの寄稿。
The home-buyer tax credit: Throwing good money after bad

By Simon Johnson and James Kwak
Tuesday, October 27, 2009; 12:20 AM

Congress and the administration seem likely to extend the first-time-home-buyer tax credit. Senate Majority Leader Harry M. Reid wants to extend it through December 2010 but phase out the amount over time; Republican Senator Johnny Isakson, a former real estate agent, wants to extend it through June but double the income limit and make it available to all home buyers.

This is a bad idea.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/10/27/AR2009102703791.html
2010年まで延長しようという案が上下両院、さらに政権内でもあるのに対して、明確に効果を否定しています。

税額控除によって、納税者の手元に残ったお金、戻ったお金は消費される、ないし貯蓄されるわけですが、乗数効果が低いと。さらに、この税額控除によって、不動産市場における価格下落に歯止めがかかったとする意見に対しては、人為的に価格維持することに意味があるのかと問いかけています。

こっちは、メモです。
Fixed rates and protectionism, 2009 edition

Barry Eichengreen and Doug Irwin have a new paper challenging the conventional wisdom about protectionism in the 1930s. It wasn’t about economic ignorance, or at least not about microeconomics; it was about the attempt to escape the “golden fetters” of the exchange rate.
http://krugman.blogs.nytimes.com/2009/10/26/fixed-rates-and-protectionism-2009-edition/
とにかく張っただけ。

頭の中では、昨日から、Lumpy Gravy がずっと鳴り続けています。まあ、それも悪くないかと。

FZは、中小企業の親父だから、リハーサルに対しても時給を請求するユニオンが大嫌いなのはわかります。身銭を切る立場だから。それと、身銭に限りがあるので、本当の一流どころを思う存分使えないという歯がゆさもあったかと思うのであります。
ただ、時給だけど、初見でちゃんと演奏できるシステムがあったことには喜ぶべきでしょう。そのシステムを作ったのは、FZでは、ないこともちゃんと自覚する必要があったのではないかと。自覚しているが故の、コンプレックスかな。
by nk24mdwst | 2009-10-27 18:45 | 租税法(アメリカ)


<< a sence of loss rain is over >>