人気ブログランキング |

no tax with soul but what

梅雨が明けていないので、今朝は涼しかったですね。

いまは晴れてきています。Leo Kottke を全曲聴きとおすなんてことをやっておりまして。セミアコのエレキも悪くないです。

ハーモニクスにヴィブラートをかけるのは、ボディを押さえて力技で決める。まあ、普通じゃないです。

右手をいためてからの演奏は、オーソドックスなギター名人的になってきたかもしれません。Little Mertha は、リオのヴァージョン、悪くないです。何とかチューブにありますが、あれよりハーモニクスを多用したヴァージョンが好みです。

正念場ですね。
Obama: Social Security, Medicare reform on agenda
Wed Jul 22, 2009 10:23pm EDT

By Matt Spetalnick and Richard Cowan

WASHINGTON (Reuters) - President Barack Obama, under pressure over the ballooning U.S. budget deficit, said on Wednesday he is preparing to launch an effort to rein in the escalating costs of the Social Security retirement fund and other popular government programs.
http://www.reuters.com/article/GCA-HealthcareReform/idUSTRE56M0OO20090723
状況は、甘くない。

南部の民主党の正体です。
Conservative Democrat says U.S. health bill not ready
Wed Jul 22, 2009 8:32pm EDT

WASHINGTON (Reuters) - A stalled healthcare overhaul bill in the House of Representative should not move forward without firm numbers on cost savings, and it is unlikely to win enough votes to pass in current form, the leader of a group of conservative Democrats said on Wednesday.
http://www.reuters.com/article/GCA-HealthcareReform/idUSTRE56M06V20090723
要するにレーガン・デモクラットが民主党に戻ってきたわけですが、彼らは、東部のいわゆるリベラルとは明らかに一線を画しているのです。

Levon Helm の伝記にアーカンソーでイギリスで人気を博し、ブルックス・ブラザーズのスーツを着たSonny Boy Williamson Ⅱ(Rice Miller)が街頭でぶちのめされるの見て、Robbie Robertson 以下が顔面蒼白になったとありますが、ジム・クロウ法を擁護し、組合を排除する民主党員です。

単純にこの人たちを、よそ者の私が非難することはできませんし、彼らを支持する人たちを排除するつもりもないのですが。
極端な飛躍に聞こえるかもしれませんが、Lynyrd Skynyrd とAllman Brothers Band とはその意味で、大きな違いがあったと思うのですね。オールマン未亡人は、軍人恩給の奨学金で大学へ通い公認会計士になります。
オールマン兄弟は、いわゆる全寮制のミリタリー・スクールへぶち込まれます。

これに対し、ヴァン・ザントたちは、トレーラー・ハウスで生まれ育ったというわけです。

さて、お茶の時間か。
Marijuana Supporters Welcome a Tax Increase

By JESSE McKINLEY
Published: July 22, 2009

OAKLAND, Calif. — Perhaps only in the sometimes hazy world of medical marijuana could higher taxes be considered good news.

But sure enough, supporters of medical marijuana were pleasantly pleased Wednesday after Oakland voters overwhelmingly approved a huge tax increase — 15 times the former rate — on sales at the city’s handful of permitted medical marijuana dispensaries.
http://www.nytimes.com/2009/07/23/health/policy/23oakland.html
これは、アメリカにおける地方分権、自治と財源の問題、連邦法の規制と地方主権の問題、さらに、地方財政論としてのアメリカの地方税全般、特に売上税、個別消費税関連に関する検討が必要なのですね。

アメリカの州税なんて世界には入り込むのは、よほどの命知らずでない限り、あるいは、自信過剰でない限り止めたほうがよさそうですし。

夕べは、Ian Matthews を聞いているうちに寝てしまったようです。
by nk24mdwst | 2009-07-23 14:31 | 租税法(アメリカ)


<< so many numbers uneasy feeling >>