another riddle unknown

なぜに、いきなり、30度をこえる暑さなのだ。年寄りにはきつい。

身近にはいい話は全然無くて。

人生、残りの時間の方がこれまでの時間より短いのはもう明らかなので、無駄なことはしたくは無い。とはいうものの、最低限のお付き合いは必要です。

音楽もつまらないものは聞きたくない。などと考えると、同じものを繰り返し聞くだけに。

良い音楽ってどんな音楽か、もちろん私個人にとってということです。
条件をいくつか設けて、それに当てはまるものなどと列挙してみたのですが、自分の心身の状態ですべて変わりそうな気もするので、あまり意味が無いですね。

昔から、たとえば、同じ空を見上げたときに青いとみなが言うとして、その青というのは同じなのかと思ったりします。主観から抜け出せない。同じ集まりで同じことを話して聞いていても、結論としての受け止め方が全然違っていたりする。
それはそれで、良いことなのですね。個人個人の体験や知識に裏づけされた結果なので。その受け止め方が違うときに、それは違うということは必要か。
これを言ってしまうと人間関係が決定的に壊れてしまうこともあります。しかし、それが無いという前提があるのなら、言ってみる方が良いのでしょうね。
誰しも、自分は人より優れている、自分は、間違わないと思いたいものです。

どうでもいい繰言ですね。いい音楽、それは、何かをやりながら聞いていてそれがスムーズに進む音楽。
右から左へ抜けるのではなく、ちゃんと頭は、それを聞いていて、ここはいい感じだなどと思えるものですね。
このながら状態におけるいい音楽というのは、手を止めさせるようなものは当てはまりません。
つまらないから違う曲にしようというものは論外ですが、思わず、手を止めて聞き入ってしまい、思考がそちらに専念するタイプのものです。

やっていることがスムーズに進む音楽というのは、本当は、奥が深くて改めて聞きなおすと必ず新たな発見があったりします。

それを聞くときには、必ず、その時代のこととか、その歌手やバンドの全経歴、他の人のヴァージョンなどがすべて思い浮かぶようなもので気に入っているものというのがあります。
これは睡眠導入剤には絶対にならないタイプ。

何かをしながら、アトランダムに曲を聞くというのは、良くないとわかりました。かならず、これはすごいとか、どうしてこんなことができるのだ、などと感じて手を止めさせるものが出てくる可能性があるからです。

この数日、昼間は、ずっとデッドを聞いています。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-06-20 11:48 | 音楽


<< is it over? rashing >>