人気ブログランキング |

one way or another

梅雨入り宣言のおかげで、今日も晴天、蒸し暑し。

昨日は、月に一度のお墓参り、その後、ショッピング・モ-ルへ。

レジ袋の有料化って効果があるんでしょうかね。
ショッピング・バッグを持ってきた人には、冷凍食品等をみな小さな半透明の薄い袋に入れてあげている店員さんをみながら、何をやってるんだろう、この国はと思いました。

余り言いたくないですが、万引きの件数増加要因になるでしょうし、本来ならレジ袋の値段は棚に並ぶ商品の値段に転嫁されていたはずなので、その点はどうなっているのか?
日本の普通の人には、とにかく原価意識とか、損益分岐点なんて理屈が解りませんからね。大会社の経営者だってわかっているか。

収支計算スタイルの単年度決算を続けているお役人には絶対にわかりません。

日本の会計学の歴史における原価計算は、旧日本海軍の海軍廠が原点なんですが。自前の軍艦を作るためには原価計算システムを導入する必要があり、戦前、当時の最先端だったGMの向上を詳細に視察して研究したのですね。

ノ-・レジ袋ファシズムなどと考える方がおかしいのでしょう。お上のいうことだから素直にしたがっているのでしょうか。
地方自治体や、政府の住民サ-ビスは、低下するばかりなのに。

昨日は、久しぶりにレコ-ドを引っ張り出してジャケットを眺めてみました。色々、思い出すものですね。重大に繰り返し聞いた盤は、曲をちゃんと順番どおりに覚えているのに気づきました。
PCに放り込むスタイルは、頭には、残らない。

James Blood Ulmer のアルバムが3枚あるのをみつけました。記憶では2枚だったのですが。このジミヘンと同い年のこのギタリストの音楽にカタルシスを感じた時期があったのですが、今思うと、そのころの私は、かなり危なかったのですね。

この人の最近のだめブル-ス・アルバムにはほとほと感心するというかあきれます。
チュ-ニングができないのじゃないか、そもそもギタ-が弾けるのかなんて批判をする人がいましたが、分っていた人ですね。
ただ、当時、Rough Trade からでた Are You Glad To Be In America? のジャケット写真は、やっぱり良いと思いました。

何を今更ですが、FZのGuitar なんてシリ-ズに入ってる演奏より、もとMagic Band の Zoot Horn Rolo ことBill Harkleroad の Do You See A Bozo Under The Sea? の方が、ずっと好ましく感じられたりします。
FZは、自分のギター演奏のコラージュだから別に構わないのでしょうけど、Steve Vai と思われる別のギタリストがソロを始めたところで、別の曲の自分のギター・ソロにつなげているのが、なんと言えばいいのか。
編集技術からいえば、ヴァイのソロのさわりなんか聞かせないやり方も簡単なのではと思うのですね。何か、FZ固有の変質的独裁者気質が、表れているようで、最近、そういうところが気になります。

マジック・バンドOBといえば、Mallard は、気に入っています。ヴォーカリストが今二つくらいではありますが。マラードのヴォーカルがLowell George だったら、喧嘩になって収まりがつかないでしょうね。

むかし、Rockworkshop なんてユニットで、Ray Russell などというギタリストがアグレッシブな演奏をしていましたが、この人も、今じゃ、ふやけたフュージョン崩れみたいな演奏していますね。
by nk24mdwst | 2009-06-15 10:10 | 音楽


<< storm's ovrer? woke up early >>