sugar pie, honey punch

アメリカでは、医療制度改革のための財源探しが始まっているようです。

どこかの国のように消費税率アップという単純な議論では、ないようです。
Tax on Health Benefits Weighed

By Lori Montgomery
Washington Post Staff Writer
Wednesday, June 10, 2009

A Senate plan to overhaul the nation's health system is likely to include a new tax on some employer-provided health benefits that exceed the value of the basic plan offered to federal employees, currently about $13,000 a year for a family of four, the chairman of the Senate Finance Committee said yesterday.
http://www.exblog.jp/myblog/entry/new/?eid=c0152675
医療制度改革の財源をどのような税源に求めるかという話ですが、医療関連費用の所得課税上の優遇を止めようという話です。

アメリカでも従業員等の医療保険料を企業が負担しているところが多いのですね。この部分は、医療費相当額は、負担している企業の経費として控除できるだけではなく、医療保険の対象となっている従業員に対する経済的利益なのですが、所得税は課税されていません。
これに対して、課税をするという案がでているのですね。

それともう一つ、概算控除ではなく実額控除により申告する人は、医療費を課税所得計算上控除できるのですが、これに関しても高額所得者を中心として一定の制限を設けようという案が上院の民主党から出ているようです。

前者は、民主党の基盤である、労働組合との調整が必要ではありますが。

もうひとつ、砂糖含有飲料に対する課税論ですね。
Sugar Taxed
Tue Jun 9, 2009 11:46am EDT

By dan.mitchell - The Big Money

Raising taxes on cigarettes worked: Fewer kids are smoking because of it. That is among the most powerful arguments being made by proponents of an effort in Congress to impose taxes on sugary drinks to help pay for health care reform while dissuading people from overconsuming sweetened beverages. (Another proposal would raise federal taxes on alcoholic drinks).
http://www.exblog.jp/myblog/entry/new/?eid=c0152675
こっちは、消費税ではありますが、ソーダ等に消費税をかけようという話ですから、個別消費税です。
アルコール飲料に対する税率引上げも提案されています。

個別消費税と日本の消費税のような一般消費税とでは性格が異なります。
砂糖が健康に悪い・・・かどうかは、わかりませんけどね。

上院で出ている個人所得税における増税論は2010年度以後の税制改正全体の方向性の延長線上にあります。この点が重要なのですが。

さて、タックス・シェルター天国もおしまいのようで。
7 Indicted on Charges of Selling Tax Shelters

By LYNNLEY BROWNING
Published: June 9, 2009

Federal authorities on Tuesday obtained an indictment against a former chief executive of the accounting firm BDO Seidman on charges of conspiracy, fraud and lying to the Internal Revenue Service in connection with his work on questionable tax shelters sold to wealthy investors.
http://www.nytimes.com/2009/06/10/business/10tax.html
これは、昨日の話の続きですが。

この10数年のアメリカって一体なんだったのか。つまり、富がアメリカの最上層に集中し、その連中にはあれやらこれやら、税金逃れの方法が用意され、中間所得層は重税感に苛まれ、低所得層は忘れられ、中東で火花を上げ。

アメリカ礼賛なんてする気はさらさらないですが、少なくとも方向転換をしようとしていますが、日本は相変わらず1980年代の前川リポートの路線を進み続けている。
もちろん、これは官僚システムの自律的な行動なのかもしれないし、海の向こうの国の圧力なのかもしれないし。

いずれにしろ、とにかく、変です。

Gordon Lightfoot を聞いています。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-06-10 16:36 | 租税法(アメリカ)


<< projeKtor rain's over? >>