人気ブログランキング |

taxes they're changin'

個人的なメモです。

アメリカ政府の2009年度の税制改革法を含む法律。
‘‘American Recovery and Reinvestment Act of 2009’’

速攻でやれるのはすごいです。1月20日、新大統領就任、2月17日成立ですから。400頁以上あります。そのうち、100頁ほどが税制改正関連です。
基本的にはアメリカの弁護士たちの能力の高さ、さらに、新大統領の周辺に集められた人たちの優秀さをあらわしているように思えます。

アメリカは、三権分立ですが、優秀な弁護士であればあるほど、裁判所の調査官、議員立法をするので議員スタッフ、あるいは、議会の委員会スタッフ、さらに、行政府等においての立案等の経験を弁護士事務所での勤務や、大学での学位取得の他に行いながら階段を上っていくのですね。
おそらくこの立法や、下の財務省案等を立案した法律家は、新たな若い世代なのでしょうね。

2010年度のアメリカの財政改正案が5月初旬に出ました。
General Explanations of the Administration’s Fiscal Year 2010 Revenue Proposals
通称、Green Book と呼ばれるようです。表紙が緑だからでしょうか。

概要は、ここにあります。

要するに、前政権の税財政政策の全否定ですね。
ブッシュ税制改正を、馬鹿にしていてきちんと勉強しなかったことを悔いています。
世界的バブルを作り出すファイナンスに関しては、日本の長期にわたるゼロ金利政策が貢献したのだと思います。一方、税法等においては、高額所得者、富裕層、多国籍大企業に富が集中するような規制緩和を行っただけではなく、儲けた利益が課税によって減らないように優遇措置を設けていたのですね。
借入による消費を刺激するような税制だったのですね。これをきちんと検証する必要があるように思います。

日本の政府や国会は何をしているのだといいたいです。

ちゃんと、失敗から教訓を学び新たな方向性を打ち出すということができていない。
by nk24mdwst | 2009-06-07 17:51 | 租税法(アメリカ)


<< 65 years ago ye... home works >>