i can't, couldn't, shouldn't, won't, nor wouldn't

天気は良いです。

朝一番の電話は、堪えました。しかし、石を水に浮かべろといわれても。水に入ったのは、石の方だし、そもそも、入る必然などなかったのに。
というか、まともな常識のある人なら入りません。

自慢じゃないですが、私は泳げないのです。だから、水辺には近づきません。

しかし、今の人は、亡くなった人を悼むより前に、物なのでしょうかね。若い人の価値観がわかりません。
若い人というのは、現在、60代の人も含むのですが。

今日は、David Lindley を聞いてます。昨日は、David Grisman だったわけで。
デヴィッド・リンドリーは、セッションではだれかれかまわずやっているような感じですね。1970年代に彼が主にバックを勤めていたロスの歌手は、苦手です。

リンドリーとかRy Cooder は、音楽性とか技量というのとは別に、生き方がスマートなんですね。きちんと、生きるために必要なことと、自分がやりたいことを区別してやり続けているように思えます。
これまた、誰でもできることではないし、才能がなければ問題外だし。

私だって壊れそうなのに、周りの壊れ方が早いのですね。
まじめにやっていても、地面が液状化したらみな飲み込まれます。
スマートに切り分けて生活するということができれば、いいのですが。ドライになれない。でも、下手な感情移入は誰のためにもならないのですけどね。

日本の中小企業は失われた10年のおかげで、現在の液状化を必死に踏ん張る術は、身に着けているように思えます。出なければ、生き残っていませんから。
ただ、水棲生物ではないので、いつまでも海につけておかれたら、どうなるか。

えら呼吸するようにでもなるのでしょうか。

いずれにしろ、私は、泳げないので水が怖いです。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-05-27 10:35 | その他


<< so comes a new ... the hardest thi... >>