the hardest thing to say

隣の隣の田んぼの遺跡発掘調査で、遺構らしきものがあるのを見ながら、在りし日の人の生活に思いを馳せる余裕、ないです。

リベラル・エスタブリッシュメントなのだそうです。
Obama's Center-Left Two-Step

By E.J. Dionne Jr.
Monday, May 25, 2009

Bill Clinton tried to create a Third Way. President Obama is doing it. This is exciting, but also disconcerting.

Over the last week, the true nature of Obama's political project has come into much clearer view. He is out to build a new and enduring political establishment, located slightly to the left of center but including everyone except the far right. That's certainly a bracing idea, since Washington has not seen a liberal establishment since the mid-1960s.

"Liberal establishment," of course, sounds terrible to many ears, and Obama would never use the term. But those who led it in its heyday accomplished a great deal, from Medicare to food stamps to Head Start to federal aid for schools. Its proudest achievements were civil rights laws that paved the way for the election of our first African American president.
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/05/24/AR2009052401980.html
アメリカの現政権は、1960年代のリンドン・ジョンソン以来のリベラル・エスタブリッシュメント政権であると。

Great Society とベトナム戦争というわけです。

FZは、偉大なる社会をあざ笑っていました。

それから、これをバンド・ネームにした人たちがいました。Grace Slick なんて人がいたバンドです。
このバンドは、買ってはいけないリストの筆頭に入りますね。ライブ盤までを持っているのですが、ドラマーの凄さといったら、屈指ですね。これで金を取るのか馬鹿って感じです。
鼓笛隊レベルというと、真面目な鼓笛隊に叱られます。
健康のためには聞かない方が良いです。
まあ、下手なくせに自分たちでやっているって褒めましょうか。

まあ、後年のStarship なんてのを考えるとリベラル・エスタブリッシュメントって何かって分かるような気がします。
Far right 以外全部ですって。クルーグマンが思ったようには行かないようですね。

グアンタナモの一件では、クルーグマンは怒り心頭でした。

カリフォルニア州への連邦政府の援助に関しては、ワシントン・ポストに読者が、自分たちが税金を払わずに困ったときだけ助けてもらおうというは、勝手すぎるって投書がありました。
おっしゃるとおりですね。
ただ、カリフォルニア州の経済規模を考えると・・・というわけですが、大きすぎて潰せないと思われたところも潰れる時代。

GM の連邦破産法11条の申請は前代未聞の手間隙がかかりそうです。
Bankruptcy for G.M. Would Tax the Experts

By MICHELINE MAYNARD and MICHAEL J. de la MERCED
Published: May 25, 2009

DETROIT — The decline of General Motors may be putting thousands of auto workers and managers out of work, but it will be putting a lot of lawyers to work.

How many lawyers will end up working on G.M.’s expected bankruptcy case still is not clear, but in legal circles, the joke is that there may not be enough experienced bankruptcy lawyers available to handle the filing.
http://www.nytimes.com/2009/05/26/business/26auto.html
司法界のジョークが紹介されています。GMの破産法申請を処理するのには、弁護士が足りないと。

いずれにしろ、前代未聞の破産事案なので弁護士費用も膨大になりそうです。エンロン以上だというわけで。
それと、連邦破産裁判所に破産申請をするわけですが、通常は、ニューヨークないしデラウェアの裁判所が使われるに対し、今回、GMは、地元の裁判所を利用しようとしているようです。

エーッと、アメリカの連邦税に関する租税訴訟についてですが、連邦租税裁判所という租税専門の裁判所の他に連邦地方裁判所が使われるのが一般的ですが、事案によっては、連邦請求裁判所、連邦破産裁判所において取り扱われる場合があります。

昨日の晩は、All Things Must Pass などというものを聞いたのが失敗で、気持ちが悪くなって眠れませんでした。ラジオで昔聞いていたときには、気にもならなかったのですが。
あれやらこれやら試した後、Iveys を聞き出したら眠れました。Badfinger の前身ですね。
ずっとシャキッとした演奏だと思いました。
やっているメンバーは、かなり共通しているのではないかと思うのですけどね。

Jack Bruce をその前に聞いていました。個人的に、ジャック・ブルースという人は、11歳のときから気になっているのです。
雑誌に、Cream というバンドが人気があって、ECというギタリストが一番人気だって書いてあったのを読んだときからです。

ベーシストとしてのジャック・ブルースというのは、ロックのベーシストとしては及第点がつくんでしょうかね。FZは、五月蝿いベーシストだと言ってますが、その通りでしょうね。
歌と作曲は、癖があって、あれを好きというのは勇気がいるかもしれません。ピアノは上手いと思います。ハモニカは、下手なくせに吹きたがる。

そもそも、クリームってスーパー・グループだったんでしょうか。少なくとも結成されたときには、そうだったのか?
クラプトンを売るためのバンドだったと思うのですが、主導権を握ったのはジャック・ブルースだと思います。彼は、その後の経歴を見ても、屈折していて、本当は、何をやりたい、やりたかったのかというのがなかなか見えにくい人です。
大体、Graham Bond なんてパッとしないやつと一緒にやっていたのも金のためだけでしょう。

Leslie West なんかと組んだりするので、わけがわからなくなるのですね。周期的に、ハード・ロック路線へ戻ってくる。

私は、変なやつなので、ジャック・ブルースのファンになって40年以上経つようです。

イギリスのジャズの主流の連中を使ってやっていたりはするのですが、ブリティッシュ・ジャズのメイン・ストリームとはかなり距離を置きつづけているのですね。

Danny Thompson が首尾一貫してどこに顔を出しても自分のプレイをしているのと好対照かな。ジャック・ブルースは、首尾一貫して自分のプレイをしているのだと思いますが、そもそも、そこへ顔をだすのは、おかしいんじゃないかと感じるのですね。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-05-26 19:02 | 租税法(アメリカ)


<< i can't, co... my monday feeli... >>