here i am, yes

1980年のあの日、当時営業マンといってもサボって映画ばかり見ていましたが、だめ営業マンの私は、カー・ラジオでニュースを聞きました。
His Kind of Shell-Shocked Town

By ANTHONY DeCURTIS
Published: May 16, 2009
As cutbacks loom in every sector of New York City’s economic life, the specter of the 1970s, with all of its deprivations and depredations, seems increasingly near as well. This being New York, of course, those days of near bankruptcy, graffiti-scarred subway cars, escalating crime rates and a dwindling population as the faint of heart fled to easier climes, evoke a fond nostalgia for some.
http://www.nytimes.com/2009/05/17/weekinreview/17decurtis.html
ジョンの在りし日の写真です。

あの日の出来事について、ミック・ジャガーの談話が載っています。ジョンは、あの時レコーディングからYoko と帰ってきたわけです。車を直接、ダコタ・ハウスの駐車場に入れることもできたのに、ファンに挨拶しようと思って表で降りたのだそうです。
タクシーにだって乗るよというのがジョンの言い分。

ミックは、10ドル以上持っている人間がタクシーに乗るなんて気違い沙汰だって。ミックのファンにますます、なりますね、こういう一言を聞くと。さすがに長生きする人間は違う。
悪意、出てますかね。

ニュー・ヨークは60年代の前衛芸術家だったオノ・ヨーコのホームグラウンドだったとも書いてます。なるほど。

こっちは、ノー・コメントです。
A Guest Guitarist Who Needed No Introduction

By NATE CHINEN
Published: March 20, 2009
Eric Clapton got right down to business with the Allman Brothers at the Beacon Theater on Thursday night. Taking the stage to a welcoming roar — his guest turn, while unannounced, was by no means an airtight secret — he picked up his light blue Stratocaster and dug into “Key to the Highway,” a Big Bill Broonzy tune. As a blues shuffle, it was a good fit all around, and Mr. Clapton, on vocals as well as on guitar, gave it purpose and presence.
http://www.nytimes.com/2009/03/21/arts/music/21allm.html
フーンって感じです。

このライブ、CDとDVDで出るんでしょうね。不況に強いのはやっぱり名前、ですか。
[PR]
by nk24mdwst | 2009-05-18 17:02 | 音楽


<< who knows where... don't know ... >>