人気ブログランキング |

so far so blue

今日は、晴天。

当地は、夏祭りです。昔は、5月25日と決まっていたのですが、平日だと御輿を担いでいても見ている人がいない、担ぐ人がいないということで数年前に変わりました。
あの御輿が重いのです。

昨日、デスクトップPCが二度、落ちました。
Lunascape のGecko 云々よりも、結論はウィルス・バスターがバック・グラウンドで検索始めたら、余計なことをするなだということがわかりました。

メモリーを食いすぎるのでですね。犯人は、TMなのかMSなのか、共犯なのか。
共同謀議で有罪宣告してやります。

まあ、少なくともハードの破損じゃなくて、荷物が重すぎるからだということがわかっただけでもよしとせねば。MSはしょうがないから、セキュリティ・ソフトを軽いものに変えるということでしょう。

シマンテックからはメールが来て、止めるといわなければ、カードから自動更新料落とすぞって。
なんて商売だって思いますが。今さらノートンでもあるまいし。ノートンを使ってい他時期があって、それを忘れていました。
雑誌なんかでも、止めるといわないと自動更新で送りつけしていますからね。

夕べは、帰りの車の中でHumble Pie をまた聞いていて気になったので、Joe Cocker なんてのを久方ぶりに聞いてしまい眠れなくなりました。
ドラムは、普通の人がやっているのはいいのですが、メジャーのトップが突然、現れたりして。
そういえば、コッカーもA&Mでしたっけ。最初の二作、聞き通してしまい、これはいかんと。

わかりもしないのに、誰がやっているかなんて考えない方がいいのです。ただ、平凡レベルの人がやっている中で、抜群の人が出てくると目が覚めてしまうのですね。

Humble Pie は、やたらと、はしり気味のドラムの人がやっていることがある。タイムはちゃんとしている人のときがある。とても上手い人の演奏、誰かは、ちょっと思い当たらないのですが、そういうのもある。全部、同一人物だとは思えない。
Jerry Shirley は、晩年のMarriott とのライブDVDをみたり、メモリアル・コンサートを見ているとちゃんとした人だと思いますが。ただ、17歳当時の演奏は?!
上達するということとタイムの問題は次元が違うと思うので。

キーボードの方はマリオットということになっているのですが、そこでリズム・ギターを刻んでいるのは間違いなくマリオットだと感じます。Peter Frampton の存在というか、彼の音とは違う。玄人っぽいキーボード。
ただ、マリオットがキーボードやっているセッションもあるようではあります。デモですが。

ホーンはイギリス組か、わかりません。

夕方、Duane とDickey Betss の最後のライブの熱演聞いたのがまずかった。ギター・インプロブは、クリシェからの脱出があるかどうか、長時間やればいいものじゃないということはよくわかっているのです。
クリシェ、手の内、全部わかっていても楽しめる30分の演奏なんてないです。2分半にどれだけエネルギーをつぎ込むかの方が難しいのだと思います。

まあ、私はまだ生きているし、それだけで喜ばないと。
好きなことをやって生きて生きたいけど、国民年金受給までは時間がまだまだあるし、退職金のない商売だし、蓄え、なくてローンだけあるわけで。

年間60万に満たない国民年金でどうやって食っていく買って問題もあるし。

今月初めに、T先生が亡くなられました。衣鉢を継ぐ人がいないのですね。
終戦直後にカール・シャウプの税制調査団が来たとき、シャウプにあったって、ある勉強会でおっしゃっていました。時効だから良いだろうと。
14年前に亡くなった、私の父より一つ年上ですから、充分に長生きはされたということではあります。黙祷。
by nk24mdwst | 2009-05-09 11:24 | 音楽


<< locked out so far so bad >>